リッチモンド市南端の港町であるスティーブストンはこじんまりとしているが、最近開発が進み住宅が増えてきた。バンクーバーに比べて晴天率も高く、街もどこかゆったりとした雰囲気で、週末のお出かけにもぴったりだ。

趣のある日本庭園を背景に、モデルたちが着こなすドレスやスカーフが、美しいシルエットを描いて風に揺れる。着物から作るリメイクドレスのデザイナー、文江 ヴォン デーンさんが、バンクーバー市内の個人宅でファッションショー&即売会を開き、ドレス38点を発表した。

小林大悟、純・マーカス・ディビッドソン
両選手インタビュー

今季、バンクーバー・ホワイトキャップスFCに小林大悟選手が入団し、去年入団した純・マーカス・ディビッドソン選手と2人の日本人選手が活躍している。MLSが開幕して3カ月を過ぎた。ホワイトキャップスは15試合を消化し、6勝5敗4分勝ち点22で西カンファレンス5位につけている。この成績に2人の日本人選手が貢献していることは間違いない。2人とも元Jリーガーで、大宮アルディージャ時代には、チームメートとしてプレーした。共に1983年生まれで、今年30歳を迎え、再びここバンクーバーでチームメートとして同じピッチに立つ。試合中でも抜群に息の合ったプレーを見せるが、試合の外でも仲が良く、お互いの存在を公私ともに楽しんでいる。攻撃的MFとして得点を期待される小林選手と、守備的MFとして試合中のチームの要を担うディビッドソン選手。チームを支える2人に話を聞いた。

パシフィック・シネマティークでは、7月4日(木)から8月5日(月)までスタジオジブリの映画を上映する。 昨年12月に上映された作品にあらたに2作品を追加した計16作品が予定されている。懐かしい作品や見逃した作品をバンクーバーで楽しむチャンス! (取材 編集部)

今年の夏、バンクーバー水族館はクラゲに侵略される!?

バンクーバー水族館では11月12日まで、「Jelly Invasion」という展示がおこなわれている。世界中から15種以上のクラゲが数千匹と集められ、水族館のあちこちでクラゲに出会える他、クラゲについての知識や食用クラゲについて説明するショーもある。5月16日、バンクーバー水族館での新しい展示公開と共にメディア向けのイベントがあった。今回はその模様をご紹介する。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。