元日本代表、小笠原歩さん、船山弓枝さん、新メンバー吉田知那美さん、インタビュー

トリノ五輪のカーリング旋風から5年。母親となったカーリング娘が、再び氷上に立った。目指すはもちろん、日本代表。そして、オリンピック金メダル。届かなかった夢への再挑戦へ、バンクーバーから本格始動した。

カナダ人の彼からの愛情表現 あなたはどう受け止める?

おはようやお出かけのキス。ことあるごとに聞かれる“アイ・ラブ・ユー”。カナダ人の彼が見せるストレートな愛情表現に、戸惑いを感じる人もいるのでは? 国際結婚の会ワークショップ(JCCA後援・隣組協賛)2月のテーマは『コミュニケーション 愛情表現編』。約20人が参加し、精神科医、野田文隆先生の話を聞き、話し合った。

会った瞬間から、相手を引き寄せるようなオーラがあふれ出すピアニストのサラ・デイヴィス・ビュクナー氏。流暢な日本語にジェスチャー交じりの愉快な会話。阪神タイガースの話を始めたら止まらない。 
4月10日に行われるチャリティー・コンサート開催に向けて貢献したビュクナー氏に話を聞いた。

バンクーバーの南、シアトルの北にあるスカジットバレー。毎年、春になると、色鮮やかなチューリップの絨毯に覆われ、チューリップフェスティバルが開催される。300エーカーを超えるチューリップを見るために、毎年、100万人以上が訪れるという人気のフェスティバルだ。

トロントに4-2と快勝!!

鮮烈なデビュー戦となった。3月19日、試合開始前、どんよりと覆っていた黒い雲は、試合開始時間が迫るとともに消え、キックオフにはまるでキャップスのデビュー戦を祝福するかのように太陽が顔を出し、青空が広がった。バンクーバー・ホワイトキャップスはこの日、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)デビュー戦を迎えた。対戦相手はトロントFC。MLS史上初、カナダチーム同士の対戦となった。期待に胸膨らむキャップスの新しい歴史の一ページを華やかに飾ったのは、選手たちの躍動感あふれるプレーと、スタジアムに詰めかけた満員のファンの大歓声だった。

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ