雨や曇りの多い、冬のバンクーバー。しかし、その冬ももうすぐ終わり。待ちに待った春が、ここバンクーバーにもやってくる。
日本人が連想する春の花といえば?きっと真っ先に挙げられるものは、だろう。短い期間に、美しく咲き誇る桜。その儚さはまるで人間の一生であり、それ故いっそう私たちの心を動かすのではなかろうか。
ここバンクーバーでも、ありがたいことに容易に桜を見ることができる。しかも、その桜、日本のものに負けず劣らず美しい。ソメイヨシノ、枝垂れ桜、八重桜などなど、いろいろな桜を見ることが可能だ。メトロバンクーバーの広い範囲で桜が見られるが、お薦めの場所をいくつかご紹介したい。

 

中世ヨーロッパの騎士道に憧れて

中世ヨーロッパを舞台にした映画や、ファンタジー・ゲームに登場する騎士たち。そのすばやい剣さばきやさっそうと弓矢を放つ姿に魅了されるのは、大人も子どもも同じこと。バンクーバー周辺で出来る騎士道体験コース、レッスンをご紹介!

おいしくて、ヘルシー&エコ!
ベジタリアンレストラン特集

ベジタリアンフレンドリーと言われるバンクーバーには、環境、飢餓、動物のことを考えて、ベジタリアン、ビーガン料理のみを提供するレストランが数多くある。今日はそのなかからおすすめの3軒を紹介しよう!

来る3月1日-19日、市内:Roundhouse と Shadbolt Centre for the Artsで2011年バンクーバー国際ダンス祭が開催される。

今年は、バンクーバー、ネルソン、モントリオール、ハリファックス、シアトル、スペイン、スイス、そして、ドイツよりパフォーマーを招いて、パフォーマン ス、ワークショップとアーティストのトークが予定されている。   

寒い冬の間は、南の暖かいところで暮らしたい。カナダやアメリカ北部から太陽を求めて南下するこの“スノーバード”と呼ばれるリタイア族。彼らの生活は日光浴と昼寝だけに終わらない。早朝のエクササイズや競泳、昼間は太陽の下、ビタミンDをたっぷり浴び、夕方からは“ハッピーアワー”でドリンクをおかわり。メキシコ西海岸プエルトバヤータで見た健康な暮らし、現地の体験談をお届けしよう。 (取材 ルイーズ阿久沢)

 

今週の主な紙面
8月17日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
われらが科学文明…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
Hello! Community…V-13
バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ 9月10日に15周年記念コンサート…V-16
認知症と二人三脚…V-20
ヨガと健康…V-22
気になるカラダにいい話…V-23
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは8月17日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ