島までのアクセス

バンクーバー市内からは、まずスカイトレインで「ブリッジポート」まで、620番のバスに乗り換えトゥワッセン港へ、そこからソルトスプリング島行きのフェリーに乗船。フェリーでは海と島、空の美しい景色が楽しめる。船内のカフェで食事をしながら楽しむのも良し、天気の良い日は甲板に出ればシャッターチャンスだらけ、とあっという間に到着してしまう印象だ。港から町の中心まではタクシー、車で10分程で到着する。
http://www.bcferries.com/

 

サタデーマーケット

 

島の中心部にある公園には、多くのテントが立ち並び、食べ物、アクセサリー、絵など様々な物が売り出される。島民には多くのアーティストがおり、クオリティーは非常に高く、食べ物もオーガニックファームで作られた食材を使用しているため、生き生きした印象だ。朝9時頃から始まるマーケット、昼には人気店の食べ物は売り切れてしまうため、早めに買っておくのがオススメ。

 

必見!おにぎり店

日本人の経営するおにぎり店「Roly Poly Rice Ball」は、ブラウンライスにきんぴら、こんぶ等お馴染みの具から、パンプキンシードおにぎりまであり、ビーガンでも食べられるように作られている。非常に人気のため、こちらも昼前に買っておくと良い。
http://www.rolypolyriceball.com/

 

<マメ知識>

テントの並び方にはちょっとしたルールがあるらしく、道路から近い場所には老舗の店、海側は新規の店となっているようだ。

 

ダウンタウン

島の中心にはこじんまりとしたダウンタウンがあり、買い物や美味しいコーヒー、食事もまとめて楽しむ事ができる。海の望める公園には日向ぼっこ、ピクニックを楽しむ人や、子供達の笑い声が聞こえ、島時間を実感できる。徒歩10分程で各施設も見て回れるため、中心の観光のみであれば交通手段は特に必要がないだろう。

 

食事とお茶

ソルトスプリングと言えば「オーガニック」。町のカフェでもレストランでもオーガニックフードを楽しむ事ができる。中でもおすすめしたいのは、公園横にある店「Rawsome」。オーガニック野菜や果物を使ったローフードを楽しむ事ができ、暑い日にはスムージーを買って公園でランチというのもこの島らしい楽しみ方だ。
日本でも講師を務めるシェフはオーガニック、ローフードの業界では有名人。興味のある場合は話しかけると色々と教えてくれる。
http://www.rawsomelivingfoods.ca/

 

次におすすめしたいのは「ハーバーハウスホテル」に併設されているレストラン。自家製の菜園で採れたサラダやシーフードパスタは絶品。夜はミニライブも楽しめ、ホテルのレストランとしてだけではなく、島民の社交の場にもなっている。混み合う事が予想されるため、予約をしておくと良い。

 

郊外

ここでは多くの島民が自給自足の生活をしているため、小さなダウンタウンから少し中に入ると、自然の中に美味しそうな野菜が生き生きと育つ菜園や、羊、山羊、鶏などが見られる。
スポーツ好きにはヨットやカヌー、サイクリングにトレッキングなどのアクティビティーも充実している。

 

島での移動

小さな島と言っても、歩いてすべて回れるような大きさではない。町の中心以外を見たい場合は、レンタカーかタクシーを利用する事になる。ヒッチハイカーも多く見かけるが、もちろん自己責任、注意が必要だ。

 

宿泊

バンクーバーからソルトスプリング島へは日帰りも可能だが、サタデーマーケットを見て、島の空気を堪能したいという場合は宿泊するのがおすすめ。
島内にはホテルが1つ、数多くのB&Bがあり、そこを拠点にレンタカーや自転車、タクシーを使えば、町も海も山もと贅沢な時間を過ごす事ができる。

 

日本人と島

島民がこころよく日本人に接してくれるのには訳がある。昔、漁業をし暮らしていた第一期の日系移民者たちは、「私たちが何かすると、全ての日本人が悪く思われてしまう、日本人として恥ずかしくない様にしなければ」と常に心がけていたらしい。おかげで島民からの日本人への印象は非常によく、少し話をすると「日本が好きだ」と言ってくれるのだ。先人たちに感謝し、いつまでも好きと言ってもらえるような旅行を心がけたい。

 

(取材 ひとひら)

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。