Edible Flours エディブル・フラワーズ
(ビーガン・ベーカリーカフェ)


 

2011年4月、キツラノはブロードウェイに開店したビーガンベーカリーのエディブル・フラワーズでは、卵・乳製品を使っていないシナモンロール、ドーナツ、カップケーキ、クロワッサン、ブラウニー、クッキーなどが楽しめる。また、グルテンフリーやナッツフリー、ソイフリーのアイテムもあり、材料の8割以上にオーガニックのものを使用。夫婦と子ども2人家族全員ビーガンの一家が、ニューヨークからバンクーバーに移住し、ビーガンベーカリーがないので自分で作ろうと一念発起して始めたのがきっかけ。2010年からファーマーズマーケットに出店し、好評を得てベーカリーカフェをオープン。といっても「ビーガン」と表立って宣伝していないので、ビーガンとは知らずに、ただおいしいから来るお客さんが多いと語るオーナーのポール・ブリッグスさん。それだけ味に定評のあるこのお店の人気トップスリーは、シナモンロール($3.25) 、チョコレートブラウニー($3)、グルテンフリーのバナナローフ($3)だ。店内はカフェになっているので、おいしいスイーツを食べながらまったりとお茶するのがいいかも!

 

Edible Flours
2280 West Broadway,
Vancouver, BC V6K 2E3
604-734-8351
http://www.edibleflours.ca
火~土 10am~6pm、
日 11am~4pm、月曜定休
(※7/11~23まで夏期休業)

 

 

 

Golden Aura ゴールデン・オーラ
(ビーガン・オーガニックローフードレストラン)


 

今年3月、同じくキツラノはブロードウェイにオープンしたのがオーガニックのロービーガンフードのレストラン、ゴールデン・オーラ。スープ、サラダ、サンドイッチやバーガーのほか、ヨガのインストラクターでもあるオーナーのマハン・カルサさんが日本、インド、タイ等で10年以上暮らした経験から、パッタイやフォーなど、アジア風ローフードも楽しめるお店だ。アジアからカナダに戻って来て、食生活が不健康的で太り過ぎの人が多いことにショックを受けたカルサさん。おいしくてヘルシーな食事を提供したいという思いから、まずはヘルシースナックの販売を始め、その後レストランをオープンするに至ったという。特に人気があるのが、シバズ・ネクター($7)というスムージーに、ココナッツの甘味とライムの酸味が口の中にフレッシュに広がるコズミック・カレー・スープ(カップ$7、ボウル$9)、そしてパクチーが効いてタイ料理的な味のシンビオティック・スロー(小$7、大$9)。また、サンドイッチ($13)やパッタイ(小$9、大$13)もおすすめだ。もちろん、デザートも忘れずに、ローフードではめずらしいシナモンバン($6)や、ライムとアボカドのパイ($7)を是非お試しあれ!

 

Golden Aura
2680 West Broadway, Vancouver BC V6K 2G3
604-738-2872
http://goldenaura.ca
日~水 11am~7pm、 木~土 11am~9pm

 

 

 

Veggiebowl ベジボウル
(ベジタリアン・ベトナム料理レストラン)


 

今年5月末、キングスウェイにオープンしたベジボウルは、ベトナム料理の定番料理、生春巻、春巻、フォー麺やブン・フエ麺等のベジタリアンバージョンが手頃な価格で楽しめる仏教系ベジタリアン・ベトナム料理のレストランだ。ブン・フエ麺($9)はレモングラスやサテ、チリがブレンドされた少し辛くて酸っぱいスープが絶妙。野菜や豆腐、春雨を巻いた生春巻($3.50)も日本人の口によく合う味で、 大豆の甘みがとても美味な自家製ソイミルクやスムージーもおすすめだ。その他、野菜カレーのバゲット添え($8)やプノンペン麺($9)等、自身もベジタリアンであるお母さんが家族に作って一番好評だったものをお店で出しているので味は間違いないと、マネージャーのブリトニー・ドウさんは言う。おいしくてヘルシーな本物の家庭的なベトナム料理をリーズナブルな価格で提供することで人々を健康にし、社会に貢献したいという思いから始めたというこのお店。ベジタリアンでなくても気軽に立ち寄ってほしいレストランだ。

 

Veggiebowl
2222 Kingsway, Vancouver BC V5N 2T7
604- 620-7672
水~月 11am~8pm、火曜定休

 

 

 

Zaatar Hummus Bar ザーター・フムスバー
(ベジタリアン・レバノン料理レストラン)


 

たくさんのカフェやレストランでにぎわうデイビーストリートにある人気店、バジル・パスタ・バーのオーナーが去年3月にオープンしたザーター・フムスバーでは、イスラエル人であるオーナー自身が毎日食べたい、おいしくてヘルシーな本物のベジタリアン・レバノン料理を提供している。店名にもなっている、ひよこ豆のペースト「フムス」は、缶詰を使うことなく豆を12時間水に浸けることから始め、質と味にこだわって調理されており、開店以来人気メニューなのもうなずける。元シェラトンホテル勤務のシェフが作るレバノン料理はどれもおいしいが、特に人気なのが、ファラフェル、フムス、サラダやピタブレッドがセットになったファラフェルプレート($9.95)や、それをラップにしたファラフェル・ピタポケット($5.95)、マッシュドポテトの入ったパイ包みのブレカ($3.95)だ。また、ココナッツプディングにローズウォーターとピーナッツが添えられた 甘すぎずおいしいデザート、マラビ($2.95)もお店のおすすめメニューとなっている。真心込めて料理した本物のレバノン料理を食べて笑顔になるお客さんを見るのが何より一番というオーナーの思いが伝わってくるようなレストランだ。

 

Golden Aura
2680 West Broadway, Vancouver BC V6K 2G3
604-738-2872
http://goldenaura.ca
日~水 11am~7pm、 木~土 11am~9pm

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。