一生のうち一度は見たいものの1つとしてよく挙げられるのがオーロラ。冬の夜空に光のカーテンが舞う幻想的な光景を見ると自然の壮大さに圧倒されてしまうだろう。そのオーロラの鑑賞成功率が高いことで知られるのがイエローナイフだ。まだ見たことのない人はもちろん、以前に行ったけどまた見たい!という人も、今年こそイエローナイフで感動のオーロラ体験をしてみませんか? (取材 大島多紀子)

赤ちゃんから幼児へ成長していく1歳児。離乳食も定着し、気がつけば、歩き出したり、単語を発するようになったりと、成長のスピードは目覚しい。そんな時期だからこそ、親としては、そろそろ子供に何かを始めさせてあげたいと思い始めるのではないだろうか。今回は、バンクーバーで幼児対象にプログラムを提供する機関の協力により、1歳児から楽しく始める日本語でのプログラムについて紹介したい。(取材 小林昌子)

※本紙で紹介するプログラムはすべて親子同伴

夫婦の役割分担の決め方・家事や子育ての分担について

11月30日、国際結婚のワークショップ(JCCA後援・隣組協賛)が隣組で開かれた。この日のテーマは家事や子育ての分担について。精神科医、野田文隆先生の話を聞きながら、参加者10人という少人数の良さを生かして打ち解けたディスカッションが行われた。(取材 ルイーズ阿久沢)

16歳になったばかりの長男の一心君はディレクターと編集を担当。14歳の次男大和君はムービー最初の絵などのアートと編集。10歳になった末っ子の崚馬君は語れて歌えるスキーヤーを目指しモデルを担当。
この3人で撮るムービーはウィスラーブラッコムの公式HPのビデオコーナーにも載っている。また、2010年7月、ブラッコム山の夏スキーで、崚馬君が偶然遭遇したブラックベアが雪の上をスライディングしていくシーンは、崚馬君が撮ったそのまま、声も含めて編集なしでカナダ観光局のCMに採用されている。
2011年夏には、崚馬君は友達と二人きりでMTBに行って、一人で撮影・編集したムービーもアップ。
ウィスラーブラッコムのそれぞれのシーズン紹介も含めて、今シーズンもビデオ制作が続くC3ブラザーズ。兄弟3人でつくるビデオ、今シーズンの新作にも注目したい!!

お節、お年玉、初詣、と日本では伝統的なお正月の風習があるが、海外の国ではどんな新年を迎えるのだろうか。大晦日から元旦にかけての各国の様子を写真と共にお届けする。

 

今週の主な紙面
5月24日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
オタワ便り~小倉マコのこんな毎日~ その31…V-15
5ドルクッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月24日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ