7月25日オープン予定だったウィスラー山のピークチェアー。前日の試運転で故障し、28日オープンというアクシデントがあったが、今年もついにオープンした。

7月24日から30日まで、3年に一度のハープ界の祭典『世界ハープ会議』(World Harp Congress)が開催された。トップクラスのハーピストから若手ハーピストほか、ハープ教師や生徒、関係者など40か国約900人が参加。講義やマスタークラス、ハープの展示などが行われ、 一般向けにもVSOバンクーバー交響楽団のメンバーとの共演などさまざまなコンサートが開催された。
 ハープづくしの1週間を、日本人ハーピストや参加者の声とともにお伝えする。

美しい画像と生演奏
ファンタジーの世界に浸った2時間!

7月27日、バンクーバーのオーフィアム・シアターで『DISTANT WORLDS Music from FINAL FANTASY』が開催された。同コンサートは人気ゲームソフト『ファイナルファンタジー』のサウンドトラックをオーケストラが生演奏するワールドツアーの一環で、バンクーバー・オペラ・オーケストラを指揮したのはグラミー賞受賞者アーニー・ロス氏。同行した作曲者の植松伸夫氏はステージでキーボードを弾いたり、客席に座ってファンを喜ばせた。
 発売からすでに25年。ファミコン世代のヒット作『ファイナルファンタジー』の根強い魅力を見せつけられた夜だった。

たんすの奥に眠っていた着物や帯、羽織が、息を吹き返したように美しいスカーフやドレスとしてよみがえった。製作者は文江 ヴォン デーンさん。 20年から100年前のビンテージな着物、絹のやさしい手触り、鮮やかな色に魅せられ、着物からリメイクしたドレスの制作に取り組んでいる。
春にはバンクーバー市内の個人宅でファッションショー&即売会を開き、ドレス30点を発表した。

バーナビーはバンクーバー、コキットラム、ニューウエストミンスターに囲まれた、人口約20万人の市。市制が施行されたのは1892年、バーナビー湖周辺を探査したイギリスの商人であるロバート・バーナビーからその名前がつけられた。ここではノースバーナビーとメトロタウン周辺のお薦めスポットをご紹介!

なお、バーナビーの公園の情報やアクセス方法はhttp://www.city.burnaby.bc.ca/residents/leisure/prkstr.html#mountainに詳しく載っている。

 

今週の主な紙面
12月14日号 第50号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-10
日加商工会議所クリスマスパーティー美しく彩られた会場で華やかに…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-15

詳しくは12月14日号 第50号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ