スカジットバレーはバンクーバーとシアトルの間にある小さなコミュニティながら、チューリップの生産量で世界有数だ。毎年、春に開催されるチューリップフェスティバルも有名で、昨年は世界51カ国から数十万人が訪れた。

チューリップフェスティバルは4月1日から30日までで、今年で29回目。スカジットバレーまではバンクーバーから約100キロ。国境通過にかかる時間にもよるが、車なら2時間程度で、色とりどりのチューリップが咲き誇る、スカジットバレーに到着する。
フェスティバルが開催されるのは、半径約24キロ、ハイウェイ20号線とスカジットリバー、スウィノミッシュチャンネルに囲まれた広いエリアだ。開花が始まると、見ごろは2週間程度。ただし、Tulip TownとRoozenGaardeは種類が豊富なので、4月の1カ月間たっぷりと楽しむことができる。(取材 西川桂子)

1930年代に日本から3万7000本以上の桜が贈られたバンクーバー。桜でも有名で、現在、その数は4万本を超えているそうだ。有名な吉野山の桜の数が3万本というから、かなりのものだ。
北国にもかかわらず、2月の終わりには早咲きの桜が開花する。また、日本では1週間ほどで散ってしまうが、バンクーバーでは、彼岸桜、ソメイヨシノ、寒山、八重桜など、異なる種類の桜が、5月の頭まで次々に花を咲かせてくれるのが嬉しい。ここの花が終わったら、次はあちら、と2カ月あまり、人々を楽しませてくれる。さて、そんなバンクーバー周辺の桜の名所を紹介しよう。

もう春休みの予定は決まりましたか?地元のスキー場にはまだまだ雪が残っています。今回はMt. Seymourスキー場で大人から子供まで絶大な人気を誇る雪遊びToboggan(ソリ遊び)とSnow Tubing(チュービング)を紹介します。ウィンタースポーツ未経験者でも大丈夫。雪山で笑って騒いで春の思い出を作りましょう!!

今回はMt. Seymour及びSWANS協力のもと、Discovery Snowshoe Guided Tourを体験取材して来ました。このツアーではスノーシューの装着方法、歩き方、道案内だけではなく、野生動物の足跡観察、植物、地形、自然現象や地元 先住民スコーミッシュ族の暮らしの知恵を学べる非常に充実したプログラムです。

カナダでスキーと言えば、バンクーバーから車で1時間半の場所にある2010年バンクーバー冬期五輪で、アルペンスキー、リュージュ、ボブスレー、スキージャンプ、クロスカントリーの会場になったウイスラーや、いずれもアルバータ州・バンフから車で行くアルペンスキーのワールドカップが開かれているレイクルイーズ、100%ナチュラルスノーと人口降雪機を一切使用しないと宣伝するサンシャインビレッジが主なスキー場なのだが、以外と知られていない穴場的スキー場が、ブリティッシュ・コロンビア州内陸にあるサンピークである。

 

今週の主な紙面
10月17日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
〜大好きな日本に鶴の恩返し〜 リンダ・ホーグランド監督…V-2
Autism Speaks Canada Walk チャリティーウォーク開催…V-14
ヨガと健康・44…V-15
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月17日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ