サウスグランビルはBroadwayとGranville Streetとの交差点あたりから16th Ave あたりまでを一般に指す。西にキツラノ、南はショネシーの高級住宅街、北にはグランビルアイランドとそれぞれにほど近い位置にあるだけにアクセスもよい。ブランドネームの店が並ぶ中で個性的なお店もたくさんあり散策するのが楽しい街だ。(取材 大島多紀子)

バンクーバー島の東岸中心部に位置するコモックスバレーと呼ばれる地域は、アウトドア派の天国である。海あり、山あり、湖あり、農園ありの大自然の宝庫。魚介類から農作物まで豊かな食物が地元で調達できる。それに加えて温暖な気候、のどかな田舎町と揃えば人々が放っておくわけがない。近年リタイヤメントの最適地として注目されてからは急速な開発が進んでいる。

子供たちが楽しみにする2カ月あまりの夏休み。夏は子供を成長させるともいう。興味があっても学校があるときにはなかなかチャレンジできなかったことを夏休みにやってみるのもいい経験になるだろう。サマーキャンプとイベント情報の一部をお届けする。

6月22日から7月1日まで

毎年恒例のジャズフェスティバルが今年もバンクーバーにやってくる。国内第2位の規模を誇る本フェスティバルでは、バンクーバーとノースショアの約35カ所で、300件以上ものコンサートが開催される。そのうち150件ものコンサートはなんと無料。また同じく無料のオープニングウィークエンド(6月23日、24日)はダウンタウンのバンクーバーアートギャラリーとこれまた便利な場所で行われる。 (取材 小林昌子 写真提供Coastal Jazz)

今年も父の日がやってくる。大好きなお父さんにありがとうの気持ちを込めて今年はこんなプレゼントはどうだろう。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。