寒さ厳しい冬の時期に、温暖な場所を求めてカナダ国境を越えて南へ。これぞ、カナダの人たちに人気のある「スノーバード」的な旅だ。近年、アメリカでの不動産価格の下落から、セカンドハウスとしてコンドミニアムや一戸建てを購入するケースもあるようだ。そんな「スノーバード」に人気の高い場所の一つである、アリゾナ州フェニックス市の様子についてお伝えしたい。

日本では女の子から好きな相手に贈る『本命チョコ』や職場で配る『お仕事(義理)チョコ』、友人同士が贈り合う『友チョコ』など相変わらず盛んなバレンタイン商戦。
カナダでは子どもから大人まで誰もが参加するバレンタイン。それぞれの演出でこの日を楽しみたい。(取材 ルイーズ阿久沢)

一生のうち一度は見たいものの1つとしてよく挙げられるのがオーロラ。冬の夜空に光のカーテンが舞う幻想的な光景を見ると自然の壮大さに圧倒されてしまうだろう。そのオーロラの鑑賞成功率が高いことで知られるのがイエローナイフだ。まだ見たことのない人はもちろん、以前に行ったけどまた見たい!という人も、今年こそイエローナイフで感動のオーロラ体験をしてみませんか? (取材 大島多紀子)

赤ちゃんから幼児へ成長していく1歳児。離乳食も定着し、気がつけば、歩き出したり、単語を発するようになったりと、成長のスピードは目覚しい。そんな時期だからこそ、親としては、そろそろ子供に何かを始めさせてあげたいと思い始めるのではないだろうか。今回は、バンクーバーで幼児対象にプログラムを提供する機関の協力により、1歳児から楽しく始める日本語でのプログラムについて紹介したい。(取材 小林昌子)

※本紙で紹介するプログラムはすべて親子同伴

夫婦の役割分担の決め方・家事や子育ての分担について

11月30日、国際結婚のワークショップ(JCCA後援・隣組協賛)が隣組で開かれた。この日のテーマは家事や子育ての分担について。精神科医、野田文隆先生の話を聞きながら、参加者10人という少人数の良さを生かして打ち解けたディスカッションが行われた。(取材 ルイーズ阿久沢)

 

今週の主な紙面
10月17日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
〜大好きな日本に鶴の恩返し〜 リンダ・ホーグランド監督…V-2
Autism Speaks Canada Walk チャリティーウォーク開催…V-14
ヨガと健康・44…V-15
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月17日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ