新たに加わる見所は

今年はコルドバストリート側にマーケットプレースを新設して、日系カナディアンやアジア系カナディアンのアイテムやサービスの販売が行われる。また同じエリアにパフォーマンスのステージも設置、ライブ演奏や寸劇など数々の出し物が継続して上演され、いつでも観客が楽しめるようになる予定だ。
そのほかBC州ネルソンを拠点に、コンテンポラリーダンサーとして活動している井田裕基(いだひろもと)のIchigo Ichie Danceによる「Please Dad」や、ニューヨークを中心にシンガーソングライターのほかプロデューサーや役者としても活躍しているタイヨー・ナ、またトロント在住の作家サチコ・ムラカミによる詩の双方向対話型プロジェクト「Henkō:A Powell Street Renga」など、様々なパフォーマンスが目白押しだ。
また毎年おなじみの屋台の数々、スイカ割りゲーム、相撲大会、豪華景品があたるくじももちろん用意されている。

オッペンハイマー公園以外でも多彩なイベントが

ところでパウエル祭では、オッペンハイマー公園以外でも数々のイベントが同時開催されていることをご存知だろうか。ここでそのいくつかを紹介しておこう。

トリプル・スリート(Triple Threat)

土曜日20:00開演、World Arts Centre, 149 West Hastings Street, Vancouver, BC)
チケット購入はブラウン・ペーパー・チケッツ(www.brownpapertickets.com/event/259399

出演者の紹介

アナ・ミウラ(Ana Miura)

2010年に3枚目のアルバムをリリースした、オタワ在住のフォークソング・シンガーソングライター。全国規模の演奏活動を行うかたわら、カナダの女性シンガーソングライターらとともにBabes4Breasts(B4B)と名づけた乳がん基金の創設と運営に尽力。その功績が認められ、クィーンエリザベス2世のダイアモンド・ジュビリー・アワードを受賞。その清涼感あふれる歌声がバンクーバーに流れる。

ベーダ・ヒル(Veda Hille)とマイコ・ペ・ヤマモト(Maiko Bae Yamamoto)

バンクーバー出身の作曲家、演奏家のベーダ・ヒル。つねに新しいものに挑戦している彼女が企画するのは「Karate Theatre of Earth」。どのようなパフォーマンスが繰り広げられるかは、見てのお楽しみ。

エミ・マイヤー(Emi Meyer)

シアトルで育ち、アメリカと日本で活躍するジャズピアニスト・ボーカリスト。彼女の曲は日本のCMにもいくつも採用されるなど、その歌声は多くの聴衆を魅了している。2007年にシアトル-神戸ジャズボーカリスト・コンペティションで優勝。2009年にリリースされたデビューアルバム「キュリアス・クリーチャー」はiTunes Storeではジャズカテゴリーの年間ベスト・ニュー・アーティストにも選らばれた。

アサルテド・フィッシュ(Assaulted Fish)

4日(土曜日)16:00~16:30、Firehall Theatre:280 East Cordova St., Vancouver
チケット購入はBox office: (604)689-0926
パウエル祭出演は9年目になる。ダイアナ・バン(Diana Bang)、マレーヌ・ドン(Marlene Dong)、クアン・フー(Kuan Foo)、ネルソン・ウォン(Nelson Wong)の4人組が今年も30分のコメディ寸劇を披露する。

 

ヌーア・ダンス・カンパニー (Noor Dance Company)

5日(日曜日)14:00~(オッペンハイマー公園・メインステージ)
すでに日系各メディアでも取り上げられた、最近バンクーバーで静かなブームを巻き起こしているベリーダンス。日本人のベリーダンサー、ネジュマ、マキの華麗な踊りは必見。

西方小天鼓 (Saiho-Kotengu)

パウエル祭に先立ち、太鼓のワークショップを精力的にこなしてきた西方小天鼓は、長崎県諫早市を拠点として、国内のみにとどまらず海外でも演奏活動を行っている和太鼓グループ。創設以来30年となる同グループを率いているのは、戎谷和夫と高木睦美のふたり。演奏活動だけではなく、和太鼓講座の講師や学校、数々の太鼓チームへの和太鼓指導など、和太鼓を広める活動にも力を入れている。

ヤヨイ・シアター・ムーブメント

5日(日曜日)13:15~14:00、Firehall Theatre:280 East Cordova St., Vancouver
チケット購入はBox office: (604)689-0926
平野弥生が2006年に設立したダンスパフォーマンスとワークショップのヤヨイ・シアター・ムーブメントは、つい先日のカナダデーパレードのバンクーバー音頭でもその実力を如何なく発揮、沿道の観衆を魅了した。今年のパウエル際でのパフォーマンスにも大きな関心が寄せられている。

<パウエル祭情報>

開催日:8月4日(土)・5日(日)
場所:オッペンハイマー公園(400 Block Powell Street)および周辺のイベント会場
時間:11:30~19:00
ウェブサイト:www.powellstreetfestival.com

 

今週の主な紙面
12月5日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
ウインズクワイア  花は咲く 歌声とともに 人の心の中に……V-2
MOVIES TIME OUT…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
カナダで楽しむ食の世界・42…V-23
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは12月5日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ