2017年3月9日 第10号

 ブリティッシュ・コロンビア州選挙管理委員会は、同州自由党の献金について選挙法違反がないか調査していることを6日、明らかにした。

 全国紙グローブ&メールが自由党の献金について、選挙法違反の可能性があるのではないかとの記事を掲載したことがきっかけ。これを受け、選管委キース・アーチャー委員長が、記事が事実であれば違法性があるとして調査に乗り出したことを6日、示唆した。

 記事では、2人のロビイストの名前をあげ、2人が自身の個人クレジットカードで自分の名前で自由党に多額の献金をしていることや、この2人が自身の顧客や関連する企業の代わりに自由党の献金パーティーチケットを購入し、その後チケット代を徴収していたことを認めていることを掲載している。

 一人は独立した個人コンサルタントで、もう一人はインドネシア企業ウッドファイバーLNGのロビイスト。ウッドファイバーLNGといえば、BC州スコーミッシュに液化天然ガス工場建設をBC州政府に承認された企業。さらに免税措置も受けている。

 アーチャー委員長の声明によれば、間接的な献金は選挙法に違反するという。この場合、誰かが献金パーティーチケットを代わりに購入し、のちにチケット代を徴収することは間接的献金に当たるとみられるという。

 これに対し自由党リッチ・コールマン副州首相は「我々は間違ったことはしていないし、隠していることは何もない」と、ビクトリア市での州議会後に記者に囲まれ質問に答えた。「献金は個人、もしくは企業の実名で献金されていると思っている」と語った。献金する側も選挙法を理解しておかなくてはならない義務があるとも語っている。コールマン副州首相は自由党選挙対策共同委員長でもある。

 自由党広報担当官エミリー・シェッフェル氏は6日、声明を発表。今回の疑惑に対し、献金者によるBC州での政党献金についての誤解により生じた結果と説明した。

 しかし、選管委によれば、献金を受ける側にも違反の可能性があるという。献金を受けた党は全ての献金についての詳細を明確にし、選管委に届ける義務があるとしている。記事によると、献金者として登録した企業の中には、登録するとその後所在が分からなくなる企業もあるという。

 選挙法に違反した場合は、1万ドル以下の罰金、もしくは1年以下の禁固、あるいは両方が適用される。

 今回の献金問題に対し、野党は反発を強めている。BC新民主党(NDP)ジョン・ホーガン党首は、「金銭が政策を左右するという事実がBC州で大きな問題を引き起こしている」と述べ、献金の透明性の強化だけではなく、献金を規制することが必要と主張している。NDPは何度も献金規制法を議会に提出しているが、多数派の自由党が反対し不成立に終わっている。「これは党の在り方の問題ではない。政府が倫理的な穴を見て見ぬふりをしていることが問題だ。自由党は自分の方に政策を引き寄せたい人々から莫大な献金を受け取っている」と非難した。

 自由党への昨年の献金額は1240万ドル。自由党は献金については、クリスティ・クラーク州首相が出席する献金パーティー券をめぐり、1人5千ドルと高額なことが富裕層優遇ではないかと批判された。さらに、クラーク州首相は党の献金から受け取っていた年間5万ドルを「周りが騒がしくなってきたので受け取りを今後は止める」と今年になって発表。昨年分はすでに受け取った後で、6年間30万ドルを受け取っていることになる。

 これ以外にも、今回の記事をきっかけに市民団体が、献金に関して他にも違反があるのではないかと声をあげている。

 BC州は献金に関する規制がないとして国内でも知られ、ニューヨーク・タイムズでも「ワイルドウエスト」な献金制度として紹介されたほど。献金の金額、回数に上限がなく、企業や労働組合、さらには州国外からも受け付けている。これを問題視し野党が規制を求めているが、クラーク州首相は「献金から受け取れなければ、税金から受け取るしか方法はない」と、そうすればBC州民の負担となると規制をするつもりはない。

 しかし、連邦や他の州政府では規制の動きが広がっている。労働組合、企業からの献金は、連邦政府、アルバータ、マニトバ、オンタリオ、ケベック、ノバスコシア州で、すでに違法となっている。

 オンタリオ州の市民団体代表はグローブ&メールの記事の中で「大企業がお金で政策を買いたければ、カナダ国内ならBC州を目指す」と、現在のBC州の献金制度を批判する。これは「合法な贈収賄」として、反民主的だし、非倫理的、BC州だけでなくカナダ全体が信用を失うと批判している。

 今回の記事について、クラーク州首相はこれまで何も語っていない。BC州では今月中には選挙戦に突入、5月に州議会議員選挙が行われる。投票日までには今回の件で何らかの回答が選管委から出されるものとみられている。

 

 

2017年3月9日 第10号

 バンクーバー市警は6日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市ダウンタウンで2月28日に行われたトランプタワーオープニングセレモニーの警備費が1日で10万5千ドルだったと発表した。このセレモニーには、米ドナルド・トランプ大統領の息子2人がテープカットに参加。トランプ大統領の政策に反対する市民ら約100人がトランプタワー前で抗議デモを行っていた。

 デモはこの日トランプタワー周辺で午前10時から午後8時まで、近くのジャック・ポール・プラザで午後4時から別の団体がデモ行進した。

 バンクーバー市警はトランプ大統領家族の警護ではなく、市民が安全にデモを行うこと、周辺の交通網が混乱しないことなどを中心に警備したとしている。

 トランプ大統領家族の警護はシークレットサービスとカナダ連邦警察(RCMP)が担当。RCMPは費用の詳細を発表していない。

 

 

2017年3月9日 第10号

 マニトバ州で史上初となるダイヤモンドが、発見された。

 マニトバ州ウィニペグ市にある、マニトバ・プロスペクター・アンド・デベロッパー協会によると、非公式なマニトバ州とアルバータ州の探鉱者コンソーシアムが、マニトバ州北西部のニー湖の近くで大きさ1ミリメートル以下のダイヤモンドを発見したという。

 ニー湖はウィニペグ市の北西約600キロメートルに位置する大きな湖で、ヘイズ川(Hayes River)の一部。ヘイズ川はかつて、マニトバ州ハドソン湾岸の町ヨークファクトリーから、ウィニペグ湖畔のノルウェーハウスへの探索ルートとなっていた。またニー湖からヘイズ川を西へ遡ったところにあるオックスフォード湖畔には、バニボニビー(Bunibonibee)クリー先住民居留地がある。

 カナダ国内ではすでにオンタリオ州北部、サスカチワン州、およびノースウェスト準州でダイヤモンドが採掘されていたことから、地質学者の間ではマニトバ州にもダイヤモンドの鉱床があると予想されていて、探鉱者がこの16年間、試掘を続けていた。

 この1ミリ足らずのダイヤモンドを岩盤から採掘したグループは、さらなる量のダイヤモンドが埋蔵されている可能性もあると語っている。

 より深くの採掘を進めるため、同グループは何百万ドルにものぼる資金の調達にとりかかっている。もしダイヤモンドの発見に成功すれば、最終的には鉱山を開設する予定だという。今回の発見は、付近の先住民コミュニティも含めた全てのマニトバ州民への朗報だと、グループ関係者は取材に語っていた。

 

 

2017年3月9日 第10号

 バンクーバー・ホワイトキャップスFCは3月2日、BCプレースで行われたCONCACAFチャンピオンズリーグ準々決勝対ニューヨーク・レッドブルズ第2戦で、2ー0と勝利し、準決勝進出を決めた。決勝トーナメント初進出のホワイトキャップスの快進撃が続く。

 試合開始5分に16歳デイビーズが先制ゴール。早々とまずは1点を先取した。試合はそのまま後半に。追加点がほしいホワイトキャップスは、66分から出場のモンテロがホワイトキャップス初ゴールを決め2点目。守っては無失点で準決勝進出を決めた。

 ホーム&アウェー方式の第1戦はニューヨークで2月22日に行われ、1ー1の引き分けだった。

 準決勝第1戦は3月14日、メキシコでUANLタイガースと対戦する。第2戦は4月5日BCプレース。チケットはすでに発売されている。

 

今季キャップスに移籍したFWシィア(左)。3月2日BCプレース:Photo by Preston Yip

 

 

2017年3月9日 第10号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港で、利用客がはしかに感染した恐れがあるとして、バンクーバー・コースタル保健局など医療当局が注意を呼びかけている。

 2月24日に台湾・台北市から到着したエア・チャイナ132便と、同日にエドモントンに向け出発したウェストジェット186便を利用した乗客に、感染の恐れがあるという。

 また同日午後6時10分ごろから深夜零時20分ごろまでの間、同空港の入国審査・税関エリアと国内線ターミナルにいた利用客にも可能性がある。

 この条件に該当し、感染の恐れがあると感じた人は、18日までは健康状態に注意をするよう、保健局ではアドバイスしている。

 はしかにかかると、最初はせき、くしゃみ、鼻水といったカゼのような症状が出るとともに、口の中に白い斑点が現れる。さらに高熱が出るとともに全身に赤い発疹が広がる。

 このような症状が出た場合、医療機関に事前に予約をいれ、他の患者への感染対策が整えられてから診察を受けるようにする。またバンクーバー・コースタル保健局(604-675-3900)へも報告も忘れないようにしてほしいと語っている。

 BC州のほとんどの人は、はしか、おたふくかぜ、および風疹の混合予防接種(MMR)を子供の時に受けているので、感染の心配はないという。しかし海外旅行へ出かける人は、必要なワクチンを接種済みかどうか確認しておいたほうがよいと、同保健局はアドバイスしている。またバンクーバーとリッチモンドには、同保健局が運営するトラベルクリニックがある(予約は604-736-9244)。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ