2016年12月1日 第49号

 オンタリオ州キャサリーン・ウィン州首相が11月26日から1週間の日程で日本と韓国を訪問する。オンタリオ州への投資や貿易促進が目的。同州首相と共に企業トップや大学関係者も45人同行する。日本は東京と名古屋を、韓国はソウルを訪問する。

 オンタリオ州と日本の昨年の貿易額は110億ドル。韓国とは60億ドル。両国ともに貿易額は年々増加している。韓国とは連邦政府が自由貿易協定を結んだことから、オンタリオ州にとってもビジネス好機となると今回の訪問となった。

 同州首相は就任して以来、中国、インド、アメリカ、イスラエル、ヨルダン川西岸を訪問している。

 

2016年12月1日 第49号

 カナディアン・フットボール・リーグの決勝戦グレイカップが11月27日トロントで行われた。オタワ・レッドブラックス対カルガリー・スタンピーダーズの戦いは、延長戦の末、レッドブラックスが優勝を果たした。オタワがグレイ杯を掲げるのは40年ぶり。

 前評判では今季レギュラーシーズンで圧倒的な強さを見せたスタンピーダーズが有利とみられていた。しかし試合が始まると前半からレッドブラックスが押し気味の展開で、前半を終え20‐7とリード。しかし後半スタンピーダーズが猛反撃。第4クオーターには2タッチダウンとフィールドゴールで残り22秒で同点に追いついた。試合は延長戦に突入。すぐにタッチダウンを決めたレッドブラックスが劇的な優勝を飾った。最優秀選手賞にはレッドブラックスのクオーターバック、41歳ベテランのブリス選手が選ばれた。

 

2016年12月1日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州新民主党(NDP)候補にトランスジェンダーのモーガン・オガー氏が選ばれた。バンクーバー市バンクーバー‐フォールスクリーク選挙区から立候補する。

 オガー氏は「もし当選したらカナダ史上初のトランスジェンダー議員になる」と語った。現在2児のシングルマザー。これまでにも連邦、州、市制とボランティアでは政治の世界に関わってきたが、自身が議員に立候補するのは初めて。

 この選挙区現職は前バンクーバー市長でBC自由党のサム・サリバン議員。オガー氏は「前回選挙では10パーセントも引き離されてNDPが敗けている選挙区。すぐにも選挙活動しなければ」と意気込みを語った。

 これまでにも数々の障壁を打ち破ってきたオガー氏。トランスジェンダー候補を受け入れられない市民もいるだろうとしながらも、「私は特定のグループを代表するわけではなく、選挙区の住民全員を代表することになる。差別されることがどういうことかもよく理解している」と語り、選挙戦に備える覚悟を語った。

 BC州議会議員選挙は来年5月に実施される。

 

2016年12月1日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州ノースバンクーバーのライオンズ・ゲート病院で、手術器具が十分洗浄されないまま使用されていたことがわかった。

 バンクーバー・コースタル保健局によると、手術室の洗浄機に洗剤を送り込む5つのポンプのうち、4つが作動していなかったという。病院内の電力供給に問題があったと、保健局では説明している。

 ポンプは11月9日夜中に停止したとみられているが、同14日の昼ごろまでは誰も異常に気がつかなかった。その後ポンプは直ちに修理され、使用中でなかった器具も再洗浄が行われた。

 保健局では、合計225人の患者の手術で正しく洗浄されなかった器具が使用されたとしており、該当する人に文書でこの件を通達している。

 しかし保健局は、手術室の器具洗浄は万が一に備えて、いくつかのプロセスを経るようになっていると指摘、これによる感染の可能性は限りなくゼロに近いと説明している。その上で専門家との協議の結果、該当する人も特にテストや処置を受けたりする必要はないとの結論に至ったと説明している。

 また気になる点がある場合は、かかりつけの医師と相談するようアドバイスしているほか、連絡先も文書中に記載されている。

 ポンプが復活してからは同病院での手術には何の支障も起きていないほか、その作動状況はモニターされるようになった。

 

2016年12月1日 第49号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市は、家庭での漏水による上水道の無駄を削減するため、ユニークなコンテストを発表した。

 市役所によると、特にトイレは大きな要因のひとつになっており、1日に最大で135リットルもの水が無駄に流れているという。

 このことを真剣に考えてもらおうと、市は11月下旬に各家庭に送付予定の税金通告書に、トイレの水漏れをチェックする方法を紹介したパンフレットと、そのためのテスト紙片を同封することにしている。

 テスト方法はいたって簡単。トイレの水タンクに、このテスト紙片や食紅を少量滴下して、タンクの水を着色する。そのまま水を流さず15分待ち、その間に便器のほうの水が同じ色に変わるかどうかをチェックするというもの。

 色が変われば水漏れの証拠。多くの場合はタンクの底にある、レバーの操作で開閉して水を流す「ふた」の部分の劣化が原因。一般的な住宅設備用品を扱っている店で入手でき、値段も高くなく比較的簡単に修理できるという。

 そして、市民の関心を高めるために市役所が考えたのが、今回のコンテスト。もし便器の水が青色(市が送付するテスト紙片を利用した場合、水は青色になる)になった場合、画像を専用ウェブサイトから投稿することで、このコンテストに参加することができる。

 応募期間は12月9日まで。優勝者には1年分のトイレットペーパーが賞品として贈られる。

 今回の取り組みは、同市が目指している「最もグリーンな都市」プロジェクトの一環。市では2020年までに市民一人当たりの水消費量を33パーセント削減する目標を掲げている。

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ