2017年3月9日 第10号

 2014年10月末、ノースウェスト準州イエローナイフ近郊で行方不明になり、1年後に白骨死体で発見された熊本県宇土市出身の医師、吉窪昌美さん(当時45歳)。

 警察は最初大掛かりな捜索活動を開始したが、その後吉窪さんが日本を出国する前に自殺をほのめかしていたとの情報が伝わった。また本人はイエローナイフ郊外の森へ、足跡を残さないようにして消息を絶った形跡が見られ、開始から1週間後に警察は本人は死亡したとものと判断、捜索は打ち切られた。

 しかし、警察のこの発表が納得のいくものではなかったため、地元有志が独自に吉窪さんの行方を追っていた。吉窪さんが最後に防犯カメラに映ったのは、2014年10月22日の午前9時15分ごろ。宿泊していたホテルから、ピンク色のコートを着てバックパックを背負い、ショルダーバックを肩からさげている映像だった。その後ホテルから離れるように高速4号線沿いを歩いているのが目撃されたのが最後だった。

 2015年8月に、森を歩いていたハイカーが偶然見つけた人骨が、DNA鑑定の結果吉窪さんのものであることが確認され、一応この件の幕は下りたように見えた。

 しかし、トロントを拠点に活動する映画監督ジェフ・モリソンさんは、明らかにされてこなかった情報を拾い集め、実際には何が起こったのかを伝えるドキュメンタリーを作ろうと決心した。

 外部の人間が現地に赴き、地元の人に事件のことをいろいろインタビューして回るのは、最初は緊張したとモリソンさん。しかし多くの人に会ううちに、イエローナイフの人々が吉窪さんのことをとても気にかけていたことを目の当たりにした。

 さらに、モリソンさんは日本へも出向き、吉窪さんの家族や以前の患者にもインタビューしている。そこで出会った全ての人が、吉窪さんに対して好意的な印象を持っており、また患者のことを深く考える勤勉な医師だったと表現していた。

 モリソンさんはドキュメンタリー製作にあたり、その人物にこれほど感情移入したことはなかったと取材に話している。製作を手伝ったパートナーは、モリソンさんがこの作品で吉窪さんを守ろうとしているのがわかると、彼に伝えたという。

 モリソンさんは現在、日本にいる吉窪さんの家族のためにドキュメンタリーの日本語化に取り組んでいる。

 このドキュメンタリーは、カナダ公共放送(CBC)で2日、全国放送された。またオンライン上でも見ることができる(『CBC』、『Missing』、『Tourlist』で検索)

 

 

2017年3月9日 第10号

 ヌナブト準州の中央部、北極圏内の村クガールクにある唯一の学校が、火事により焼失した。人口1000人足らずの同村は、ハドソン湾よりさらに北、北西航路につながるブーシア湾の南端に位置し、同準州の州都イカルイトからは北西に1100キロメートルほどの位置にある。

 不審火が原因とみられる火事は、2月28日深夜に発生。消火活動はマイナス60度という想像を絶する寒さのためはかどらず、鎮火したのは1日の朝になってからだった。

 けが人が出なかったのが不幸中の幸いと村の関係者は話しているが、村に適切な消火設備があれば消火できたかもしれないと、悔やんでもいる。

 また火事は隣接する村役場やディーゼル発電機、およびその燃料タンクにも延焼する危険性もあった。村全体が暖房を電力に頼っているため、もし発電施設が機能停止に陥れば、村は非常事態になっていた。

 多くのヌナブト準州のコミュニティの例にもれず、クガールクでも若年層人口の割合が極めて高い。村の人口の約30パーセントにあたる310人の子供たちが、幼稚園から12年生として学校に通っている。また、学校は45人のスタッフを抱えている。

 村では授業を続けるための場所確保に奔走している。コミュニティホール、教会、北極圏カレッジ、村役場などがその候補に上がっている。また学校の体育館も焼け落ちたことが、村民に大きなショックを与えているという。

 こうした遠隔地のコミュニティにある学校が焼失したのは、同村が初めてではない。同準州バフィン島の南西部に位置する、人口1300人あまりの村ケープドーセットでも2015年に、学校が放火により焼失している。5人の青年が訴追され、一人に有罪が確定している。新校舎はまだ竣工していない。

 

 

2017年3月9日 第10号

 現在、アルバータ州カルガリーに住むアブダルファタシュ・サボニさんが、シリアから難民としてカナダに到着したのは、1年1カ月前のことだった。

 サボニさんは自宅の台所を利用して、天然素材の石鹸作りに余念がない。かつて彼はヨルダンやシリアで、2つの石鹸工場を経営していた。

 天然素材と手作りであるため、工程は4〜5日かかるという。また、その表面にはサボニさんのかつての工場のエンブレムが押印されている。ちょうどアイスホッケーのパックほどの大きさの石鹸は、4つを1パックとして包装、リボンをかけて10ドルで販売する。サボニさんの長男も包装を手伝っているという。

 彼らがカナダに来た時、この国の人々は自分たちを温かく迎え入れてくれたとサボニさん。そのお礼に何かをしたいと思ってきた彼は、かつての自分の仕事で、みんなに喜んでもらおうと考えた。

 取材中、記者が石鹸の原料は何かと尋ねたとき、主原料がオリーブオイルであることは認めたものの、それ以外は企業秘密だと、サボニさんは笑顔で答えていた。

 

 

2017年3月9日 第10号

 カナダ国内のシェフやメディア関係者、ライター/ブロガーなどによって選ばれる、カナダのベスト・レストラン100。その2017年版が2月28日に発表された。

 今年は82人の投票によって順位が決定したが、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー・イーストサイドのレストランが、新規開店レストラン部門の最優秀賞に輝いた。

 このレストランは、同市ペンダー通りぞいにある、キッサ・タント(Kissa Tanto)。ベスト100のランキングでは14位だが、オーナーのタニス・リンさんは、かつて訪れた東京のジャズ喫茶のような、ロマンチックで落ち着いた雰囲気を目指して、このレストランを作ったという。

 同市の中華街にある中華レストラン、バオ・ベイ(宝貝)も経営するリンさんとともに、長年料理長を務めてきたジョエル・ワタナベさんとスーシェフ、アラン・チョウさんらが提供するのは、和食とイタリアンのフュージョン料理。メニューの一部を紹介すると、ホームメードの発酵生地を用いたパン(オリーブオイルと海苔バター添え)、揚げオリーブ、サフランとパルメザンチーズを盛った茶碗蒸し、ラム肩肉のナスフリッター(ガーリック味)と卵黄添えなど。

 BC州からトップ10入りしたのは、ローズウッド・ホテル・ジョージア内のホークスワース・レストラン(6位)のみ。ちなみに1位はオンタリオ州トロントのレストラン、アロ(Alo)。そのほかもトロントとモントリオールのレストランがベスト10を席巻、10位に辛くもアルバータ州カルガリーのピジョンホールが滑り込んだ。

(ベスト100のランキングは、『Canada’s』、『100』、『Best』、『Restaurant』で検索)

 

 

2017年3月2日 第9号

 ジャスティン・トルドー首相は2月22日、4選挙区での補欠選挙を実施すると発表。19日発表した1選挙区と合わせて5選挙区で4月3日に補欠選挙が行われる。

 自由党が2015年10月に政権を取って以降、初めてとなる選挙。首相に就任して1年半、トルドー首相への国民の評価が示される。

 補欠選挙が行われる選挙区は、元自由党議員の3選挙区と元保守党議員2選挙区。ケベック州セイント・ローレント選挙区はステファン・ディオン前外相の選挙区で、1月の内閣改造で欧州・ドイツ大使に任命された。オンタリオ州マーカム・ソーンヒル選挙区はジョン・マッカラム前移民相の選挙区。マッカラム前移民相も内閣改造で中国大使に任命され、議員を退いた。同州オタワ‐バニエ選挙区は元自由党モーリル・ベランガー元議員の選挙区。ベンラガー元議員はALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、ギリギリまで議員として活動していたが昨夏に死去。8月23日から空席となっていた。

 アルバータ州カルガリーヘリテージ選挙区は保守党スティーブン・ハーパー前首相の選挙区。2015年に保守党が大敗し党首を辞任したが、昨年議員を辞職した。同州カルガリーミンドナポール選挙区は保守党ジェイソン・ケニー元雇用社会開発相の選挙区。ケニー元雇用相は国会議員を辞職し、現在はアルバータ州進歩保守党党首選に立候補している。

 保守党は現在14人が立候補している党首選の真っ只中で、ローナ・アンブローズ暫定党首にとってこれが党首として最後の大仕事となる。

 ただ、自由党、保守党ともに、前回の選挙では得票率55パーセント以上という元閣僚級議員の選挙区だけに、どちらかの党が全議席を獲得するような大きな番狂わせはないのではとみられている。

 新民主党(NDP)も現在党首選が本格的に始まったばかりで、補欠選挙までにNDPが大きく躍進するということもないとみられている。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ