2016年12月15日 第51号

 ブリティッシュ・コロンビア州ノースショアマウンテンのスキー場そばで11日、スキーヤー2人が遭難したが、翌日無事救助された。

 当初サイプレス・マウンテン・スキーリゾートでスキーをしていた2人は、あえて立ち入り禁止ラインをくぐってスキー場外に出て、スキーをしていた。そのうち1人がスキーを失い、斜面を横切っている時に雪崩に巻き込まれ谷底へと流された。場所は、同スキー場の東にあるトニー・ベーカー谷。

 2人は雪洞を掘り、暖を取るため定期的に体を動かして一晩を過ごした。スキー場一帯はこの日雲に覆われ視界が利かなかった上に、比較的暖かい気温で雪崩の危険性が高かったため、捜索活動は見合わされていた。

 天候が回復した12日朝から捜索が開始され、間もなくヘリコプターが2人を確認。雲にさえぎられ中断されることもあったが、最終的に無事に2人をヘリコプターに引き上げることができた。

 スキーヤーは、スキー場外に出たことは全く愚かなことだったと反省している。救助を行ったノース・ショア救助隊のマイク・ダンクスさんは、2人が無事に夜を過ごせることを祈っていて、2人は運が良かったと取材に語っている。スキーヤーから救助依頼を受けた警察が、その携帯電話の位置を正確に把握できたこともそのひとつ。

 また、2人が一晩を過ごした場所のすぐ上には、いつ崩れてもおかしくない雪のかたまりがあったという。谷底からのつり上げには、正確な操作が要求される200フィートの長さのワイヤーが用いられた。

 取材を受けたスキーヤーの1人は、これから妻と6カ月になる娘に会えると思うと、今が人生でもっとも安堵した瞬間に思えると語っていた。

 

2016年12月15日 第51号

 雪で高速道路が閉鎖になったため長距離バスが目的地に着けず、乗客がバスターミナルで一夜を明かさなければならなくなった。

 6日にマニトバ州を見舞った吹雪のため、カナダを横断する高速1号線が同州とサスカチワン州の州境で閉鎖となった。道路が再開されたのは、翌日の午後になってからだった。

 このため、6日夜に州境を通過し東に向かう予定だったグレイハウンド・バスは、サスカチワン州レジャイナのバスターミナルに引き返し、その日の運行を終了した。バスの乗客30人以上のほとんどは、そのままバスターミナルで夜を過ごし、運行再開を待たざるを得なかった。

 乗客によると、ターミナル側が用意したのは薄っぺらいマットのみ。毛布も枕もなく、みな着の身着のままで床に横になっていたという。また別の乗客は、グレイハウンド側からは運行などについて十分な説明がなかったことに苛立ちを感じたと、取材に答えていた。

 このバスターミナルを運営する、サスカチワン州の運輸サービス非営利企業STC(サスカチワン・トランスポート・カンパニー)は、バス会社と連携して、乗客が安心してターミナルで一夜を過ごせるようできるかぎりのことをしたと説明している。またマットのほかに、食事券も配布したとしている。

 またグレイハウンドも、急激な天候の急変は予測が難しいため、そのことによる運休や目的地変更になった場合に宿泊施設を用意するようなことはできないとメディアに語っている。また、運行再開と同時に速やかに目的地に向かえるよう、乗客が快適にターミナルにとどまれるよう努力していると付け加えている。

 また天候による運賃払い戻しについては、あくまでもケースバイケースとのこと。

 

2016年12月15日 第51号

 救急患者を乗せたピックアップトラックの荷台で、警察官と一般市民が患者に心肺蘇生を行っている動画がインターネット上で公開され、話題となっている。

 この出来事が起こったのは、アルバータ州エドモントンの北145キロメートルほどのところにある町、アサバスカで今年9月のことだった。

 ことの発端は、フェンタニール服用による薬物中毒の友人を病院へ連れていこうと、このピックアップトラックを運転していた女性が他の車と接触事故を起こしたこと。

 警察はすぐに到着したものの、救急車の到着まで17分かかると告げられた。薬物中毒の治療は時間との勝負であるため、事故の直後であるにもかかわらず、関係者は協力して患者をこのままピックアップトラックで病院に運ぶことに。さらに男性を荷台に寝かせ、移動中も心肺蘇生術を行うことにした。

 警察官の1人が心臓マッサージを、接触事故の相手の車を運転していた女性がマウス・ツー・マウス呼吸を行い、その後に救急車がついた。

 パトカーのドライブレコーダーが捉えた映像には、住宅地を抜けハイウェイにはいって病院に向かうピックアップトラックの荷台で、警察官と女性が心肺蘇生術を続けている様子が映されている。メディアの取材に対しエドモントンRCMPのローレル・スコット巡査長は、この2人の緊張度と興奮度が伝わってくると語っている。

 最近急増が問題になっている薬物中毒事故に対応するため、警察署にも麻薬拮抗剤ナロキソンが配備されるようになったが、当時はこの警察官の所属する署には未配備だったという。

 また心配蘇生術を施した警察官と女性は、匿名を希望している。

 

2016年12月8日 第50号

 ブリティッシュ・コロンビア州メトロバンクーバーを走るスカイトレインの新ライン、エバーグリーン・ラインが2日、開通した。全長約11キロ、6駅が新設され、バーナビー市にあるミレニアム・ラインのローヒード・タウンセンター駅に接続し、東に向かってポート・ムーディ市を通りコキットラム市のラファージ・レイク‐ダグラス駅が終点となる。

 エバーグリーン・ラインは、2009年に開通したバンクーバー市ダウンタウンとバンクーバー国際空港・リッチモンド市を結ぶカナダ・ラインを2010年バンクーバー冬季オリンピック開催に間に合わせるために先送りされるなど、何度も完成が遅れた。

 今回も予定では今年7月29日に完成だったが、トンネル工事の遅れから10月31日にずれ込んだ。開通も2017年1月との発表が一時はあったものの、なんとかクリスマス前の開通にこぎつけた。

 建設費は14億3100万ドルの予算だったが、実際には7億から8億5千万ドルで済む予定とBC州政府は発表している。BC州が5億8600万ドル、連邦政府が4億2400万ドル、メトロバンクーバーの公共交通機関を管轄するトランスリンク社が4億ドル、残りをその他のパートナーが出資している。

 エバーグリーン・ラインの利用者は2021年までは一日7万人とトランスリンク社は予測している。

 この開通に伴い今月19日から、関係する22のバス路線でルートが変更される。詳しくはトランスリンク社ホームページを参照。

http://www.translink.ca/en/Schedules-and-Maps/Transit-Service-Changes.aspx

 

2016年12月8日 第50号

 ブリティッシュ・コロンビア州政府クリスティ・クラーク州首相は11月30日、トランスマウンテン・パイプライン拡張計画について条件さえ満たせば反対しない意向を示した。

 ジャスティン・トルドー首相は前日、国内で計画されている3つのパイプライン建設計画について政府としての承認の是非を発表。BC州が関係する2つのパイプラインのうち、キンダーモーガン社のトランスマウンテン・パイプライン拡張計画については承認すると発表した。

 これを受け、この日からパイプライン建設反対派がバンクーバー市などで反対デモを実施。計画時点から環境活動家や先住民族だけでなく周辺市町村からも反対が強かった同計画は、これからも反対派の運動が活発になるとみられている。

 そうした中、この日クラーク州首相がBC州政府の立場を改めて表明した。これまでにもBC州政府が提案していた5つの条件を満たせば、州政府としては反対しない意向を改めて発表した。特に今回は、海洋でのオイル漏れ事故の迅速な対応とパイプライン拡張によるBC州への経済的恩恵についての条件が満たされることを強調した。

 この日の記者会見では、連邦政府はそれほど時間がかからないうちにこれらの条件を満たすだろうとの認識を示し、来年5月9日に実施される州議会議員選挙前には条件は満たされていると予想していると語った。

 トランスマウンテン・パイプライン拡張計画は、アルバータ州エドモントン近郊からBC州バーナビー市まで延びている現在使用されているパイプラインを拡張し、オイルサンド輸送量を3倍にするという計画。石油需要の高いアジアに向けて輸出を拡大することを目的としている。しかし、パイプラインの破損や海路でのタンカー数が現在の7倍に増加することによるオイル漏れ事故の増加、輸出量の増加に伴うオイルサンド産出量増加で温室効果ガスが増加するなどの環境への影響から、BC州では反対の声が根強い。

 

 

今週の主な紙面
4月25日号 第17号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
$5クッキング…V-2
オタワ便り…V-16
Hello! Community…V-23
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月25日号 第17号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ