2017年3月16日 第11号

 下院議会が338人の若い女性で埋め尽くされた。圧巻ともいえる光景だが、これは今月8日、国際女性デーのイベント。各選挙区から、18歳から23歳までの女性が1人選出され、この日の国会に出席した。70人の先住民族女性も含まれている。

 今回のイベントは、女性の政界進出を支援する組織イコール・ボイスの協力によって実現した。イベントに出席したジャスティン・トルドー首相は「なかなかいい光景だ」と笑顔で若い女性議員候補を出迎えた。

 首相への質疑応答になるとなかなか厳しい質問も。イスラム教徒への迫害、選挙制度改革断念、先住民族問題など、カナダが抱える社会問題が次々と飛び出した。

 今年は、カナダでほとんどの女性が選挙権を得て、ちょうど100年となる。現在、下院は338議席のうち女性議員は88人、全体の26パーセントを占める。これはカナダ史上、最も多い数字。しかし、まだまだ少ない。今回のイベントは、若い女性に国会を体験することで、政治への関心を持ってもらい、政界入りへの可能性を後押ししている。

 

 

2017年3月16日 第11号

 アルバータ州エドモントンに住むブローディ・スクラムさんは、大の車好き。しかし自分の好きなだけ車を所有するのは難しい。そこでスクラムさんは、代わりに娘のダイアナちゃんのための、中古の子供用電動乗物玩具(電動カー)をインターネット上の売買サイトから購入、新品のように修復してプレゼントすることにした。ちなみに、ダイアナちゃんの電動カーは、高級スポーツカー、アウディR8スパイダーを模したものだ。

 すっかり調子に乗ったスクラムさんは、地元のストレリー子供病院の協力を得て、今度は病気の子供たちのために電動カーを修復することにした。

 そうしたスクラムさんの電動カーをプレゼントされたのは、5歳になるバエリン・バゼルちゃん。彼女は動脈の閉塞を起こす大動脈血管炎を患っており、脳梗塞を起こしたこともある。そのためにバゼルちゃんは長い距離を歩くことができない。

 そんな彼女のためにスクラムさんが手がけたのは、キャデラックのSUVを模した明るい紫色の電動カー。バゼルちゃんの両親は、この電動カーがあれば、彼女は普通の子供と同じように犬と散歩したり、ちょくちょく外出したりできるようになり、その生活を大きく変えるだろうと、取材に話している。

 笑顔で愛車を乗り回すバゼルちゃんの姿を見守るスクラムさんは、こうした笑顔のために、これからも中古の電動カーを修復して子供たちにプレゼントしていきたいと語っていた。

 

 

2017年3月16日 第11号

 オンタリオ州北西部のオブジワ族独立居住区出身で、先住民ジャーナリスト兼作家として活躍してきたリチャード・ワガミーズさんが10日、死去した。

 2012年に刊行された著作『インディアン・ホース(Indian Horse)』は、先住民文学に関する文学賞を受賞したほか、カナダ公共放送(CBC)の書評ラジオ番組で最終選考に残るなど特に有名。

 この本は、カナダの先住民同化政策の一環であった寄宿学校(Indian Residential Schools)で虐待を受けてきた少年が、ホッケーへの情熱に救いを見つける物語で、映画化も決定している。

 ワガミーズさんは1979年にジャーナリストとして執筆業を開始。1991年には先住民ライターとしては初めて、全国新聞賞(National Newspaper Award)を受賞している。その後も執筆した小説などが数々の賞を受賞、作家としての知名度を上げていった。

 ワガミーズさんの姪のロンダ・フィッシャーさんは、彼の作品には幼少時の経験が色濃く反映されていると説明している。彼は州政府が推し進めた、先住民の児童を強制的に非先住民の家庭へ里子に出す、いわゆる『60年代スクープ(60s Scoop)』政策によって家族から引き離され、オンタリオ州南部の家庭に引き取られた過去がある。

 ワガミーズさんの本を何冊か出版した、ペンギン・ランダムハウス・カナダの編集長兼社長のクリスティン・コックレーンさんは、ワガミーズさんはカナダを代表する作家の1人だと評価、その死を悼んだ。

 また先住民会議の議長ペリー・ベルガーデさんも、ワガミーズさんは心から先住民族の物語を語ってくれたと、大きな存在を失った悲しみを表現していた。

 

 

2017年3月16日 第11号

 英国を代表するミュージシャン、シンガーソングライターのエルトン・ジョン卿が9日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーにあるレコード専門店に立ち寄り、居合わせた音楽愛好家を驚かせた。

 エルトン・ジョンが訪れたのは、同市ウェスト・ヘイスティングス通りにあるビート・ストリート・レコードとビニール・レコード。

 この日は、同州ビクトリアで週末に予定されていた彼の2回のコンサートの2日前。ちなみにカナダ国内でのコンサートはこの1カ所のみで、その後はアメリカ、ブラジルなどで予定されている。

 ビート・ストリート・レコードのマネージャーは、エルトン・ジョンが折りたたみ式の携帯電話を耳に当てながら、レコードを物色している画像をSNSのインスタグラムにアップロード。また彼が店員に、アメリカのラッパー、テック・ナイン(Tech N9ne)のレコードを置いているかどうか聞いていたことも付け加えている。結局エルトン・ジョンは、ジェーン・シベリーやリトル・フィート、リンダ・ロンシュタット、モリス・デイのLPのほか、オンタリオ州トロント出身のシンガーソングライター、ディバイン・ブラウンのものも買い求めていた。そのほか、店内にあったスクリッティ・ポリッティのアルバムも全部買い上げたという。

 またマネージャーは、エルトン・ジョンが店内でサインした、1973年のアルバム『黄昏のレンガ路(Goodbye Yellow Brick Road)』のアルバムジャケットの画像もアップしている。取材のレポーターが、このアルバムも売りに出すのかと問うたところ、彼は「思い出には値段はつけられない」と、非売品にすると語っていた。

 

 

2017年3月9日 第10号

 アメリカの移民対策がカナダに影響を及ぼしている。ケベック州では6日、アメリカとの国境にある入国審査所でカナダ人女性が入国を拒否されたことが分かった。

 この女性によると友人二人と5日に米バーモントで過ごす計画で、国境を超えるため入国審査を受けた時に、5時間以上足止めされた上に、結局入国できなかったという。

 この女性はインド系カナダ人で、カナダ生まれのカナダ育ち、カナダのパスポートを所持していた。それでも、質問攻めにあい、指紋や写真などをとられ、結局、カナダ生まれであっても彼女がアメリカに入国するにはビザが必要と言われたという。理由は説明されず、どういう種類のビザが必要なのかも伝えられなかった。その後、オタワのアメリカ大使館を訪ね、事情を説明。大使館からも必要なビザの種類の明確な回答はなかったという。白人の友人二人は問題なしと言われたとこの女性は語っている。

 こうしたカナダパスポート所有者が、国境でアメリカ入国を理由もなく拒否されるという問題が、この数週間に何件か起きているとモントリオールのテレビ局は伝えている。拒否された人々は、いずれも非白人という事実も報道されている。

 この問題に対してラルフ・グッデイル公安相は、アメリカ国土安全保障省ジョン・ケリー長官に、この問題を提示したと語った。しかし、「その国の国境は各国に支配権がある」と国会で記者に語り、今後も同様のことが起こる可能性を否定はしなかった。「カナダ国民全員が公平に対応されると期待している」と述べるにとどまった。

 これに対し野党は、自由党政権の対応を不十分と批判している。新民主党(NDP)ジェニー・クワン議員は、自由党政権はトランプ大統領に毅然とした態度で「こういうことは受け入れられない」と言うべきだと非難した。

 さらに同日の国会ではNDPトム・マルケア党首がジャスティン・トルドー首相に対して、ドナルド・トランプ大統領の入国制限新大統領令に対し「人種差別だと非難すべきだ」と迫った。

 しかしトルドー首相は、難民や移民を受け入れるカナダのオープンな立場を述べ、「国民は政府に、経済発展のためアメリカ政権とうまくやっていくことを望んでいる」といつもの主張を繰り返すだけだった。

 マルケア党首は、カナダ国民は首相に差別的政策に対して強い姿勢を取ることを期待していると反論した。

 この日トランプ大統領は、イスラム圏6カ国、イラン、リビア、シリア、ソマリア、スーダン、イエメンの市民へのビザ発給を90日間停止する新大統領令に署名。1月27日に署名された前回の入国制限大統領令の対象7カ国からイラクを外した。3月16日に発効される。

 カナダでは今年に入り、アメリカから国境を違法に超える亡命希望者が急増している。アームド・ハッセン移民相は、大統領令が要因の一つではあると思うが、直接的な最大の要因とはみていないとCBCでのインタビューで答えた。現時点でアメリカからの亡命希望者を拒否するつもりがないことも示唆。今後も様子を見守る立場を続けると語った。

 またカナダ国民でアメリカ入国に困難を生じた場合は、移民省へ連絡するよう呼びかけた。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ