2017年2月16日 第7号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーで1月18日、託児所内で1歳児が死亡した事故を受け、託児施設の改善政策を州政府に求める声が高まっている。

 死亡したマカラン・ウェイン・サイーニちゃんは、もうすぐ16カ月になるところだった。死因については現在調査中で、明らかにされていない。

 託児施設改善について政府に働きかけているシャロン・グレッグソンさんによると、BC州内にはおよそ36万人の子供の母親が仕事を持っているが、認可保育施設は10万5千カ所足らず。多くの子供が無認可託児施設に預けられているのが現状だ。

 サイーニちゃんの死を無駄にしないためにも、託児システムの大胆な改革が必要だとグレッグソンさん。多くの親たちが、託児所の空きスペースを血眼になって捜したり、何かを犠牲にしなければならなくなったりしているが、手ごろで安全に子供を預けられる場所のために、自分たちは戦い続けていくと取材に語っている。

 バンクーバー・コースタル保健局によれば、サイーニちゃんが死亡したイースト・バンクーバー地区にある託児所は無認可だった。認可託児施設であれば、地元の保健局職員が定期的に施設を訪問、保健および安全基準が守られているかどうかをチェックすることができる。

 託児所不足は、BC州全体で常態化している。またバンクーバー市の育児費用は、カナダ国内で3番目に高額となっている。2歳と4歳の子供を持つ家庭が負担する育児費用は、月に約2200ドルとなっている。

 グレッグソンさんはケベック市が20年前に導入した、州政府の補助による1日10ドル託児システムを引き合いに出し、これがBC州での問題解決になるとしている。しかしBC州子供と家族省の試算では、そのようなシステムに州政府がつぎ込む予算は年15億ドルに上り、現実的ではないとしている。

 これに対しグレッグソンさんは、橋や道路、また低価格住宅への投資が可能なら、託児システムへの初期投資も不可能な理由はないはず。また、その投資はすぐに回収できると力説していた。

 

 

2017年2月16日 第7号

 ウィリアム・モルノー財務相の経済諮問委員会議長ドミニク・バートン氏は6日、アメリカ対策としてカナダ経済の構造改革が必要との報告書を発表した。

 カナダは輸出の75パーセントがアメリカと極端に依存している。トランプ大統領は、北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しや国境税の導入などを主張しているが、報告書ではこれまで以上にアメリカとメキシコとの経済的な関係を強化していく必要があるとしている。その上で、中国、日本、インドとの自由貿易協定を進めていくことを提案し、貿易の多角化を推奨している。

 国内では、これまで戦力的な労働力として注目を浴びてこなかった、先住民族、低所得者、子育て中の女性、高齢者の積極的な労働市場参入を促す必要があると提案。教育や研修の充実や、子育て中の女性が働きやすい環境を整備するために連邦政府によるチャイルドケアプログラムの創設なども提案した。

 その他、工場の自動化による失職を防ぐための職業訓練や、成長企業への支援強化、農業・フード産業など、伸びしろのある産業を強化するなどが盛り込まれた。

 記者会見でバートン氏は、「カナダが巨大貿易国ではないことを認識し、自国の運命はもっと自国でコントロールする必要がある」とアメリカに左右されない貿易が必要と語った。

 

 

2017年2月16日 第7号

 食料品のパッケージやプラスチック袋など、環境に悪影響を与えるゴミの発生を極力抑える工夫をした店が増えてきている。

 ブリティッシュ・コロンビア州ソルトスプリング島に昨年オープンしたグリーン・ゼロ・ウェイスト・グロサリーは、カナダ国内で栽培または製造されたものだけを扱う、量り売り食料品店だ。

 店のオーナー、クリスタル・レヒキーさんは、かつてはBC州北部の大手スーパーのマネジャーを務めていた。ある晩、TVで見ていたプラスチックなどによる海洋汚染のドキュメンタリー番組にショックを受けたレヒキーさん、次の朝には環境に優しい自分の店を持つことを決心していた。

 夫のケルビン・フィーゼルさんと店のロケーションを探していた時、環境意識が高いソルトスプリング島ならうまくいきそうな感触を得て、この地に店を構えることにした。

 店では地元産、有機、そしてフェアトレードの食材をパッケージなし(量り売り)で販売するかたわら、利用客には食材を入れて持ち帰る『マイ容器』の持参を求めている。もちろん、容器の持ち合わせがなかった人のために店のものも用意はしているが、ほとんどの人は『マイ容器』を持ってくるとレヒキーさん。それどころか、手にすくったまま持ち帰る人、さらにはポケットいっぱいに詰め込んで帰る人もいたという。

 持ち込まれた容器は最初に重さを量り、その分を会計時に差し引くが、その重さが印字されたステッカーを容器に貼るとゴミを増やしてしまうというので、洗い落とせるワックス鉛筆で直接記入するようにしている。

 このように顧客に『マイ容器』の持参を奨励する動きは徐々に広がっている。量り売り食材店の全国チェーン、バルク・バーンも、全国の260店舗で2月24日から『マイ容器』の利用を認めると発表している。同社副社長ジェーソン・オフィールドさんは、こうした動きは『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者ビア・ジョンソンさんの提唱によって広がっていると取材に語っている。

 普段の暮らしの中で、いかに個々人がゴミを減らせるかが語られていることは、同社にとり、追い風となり、さらに顧客のニーズにこたえていきたいと、オフィールドさんは付け加えていた。

 なおバルク・バーンで使用できる『マイ容器』については、いくつかの条件がある。詳しくは同社のウェブサイトで確認できる(『bulkbarn』『waste』『free』で検索)。

 

 

2017年2月16日 第7号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのスタンレー公園で10日午後、氷の張った池に落ちた犬を警察官が救出した。

 同地域に多くの雪の被害を及ぼした寒波のため、薄氷が張った公園内の池、ロストラグーンの上をボールを追って走っていた犬が氷を踏み抜き、溺れていると住民から通報が入ったのは午後4時30分ごろのことだった。

 警察官らが駆けつけたとき、まだ犬は水面に顔を出していたが、事態は一刻を争うと、警察官のひとりが身に着けていた装備や余分なユニフォームを脱ぎ、救出用ロープの端をつかんで池に飛び込んだ。もう一方の端を保持した警察官が池のほとりで、犬を抱えた警察官を岸に手繰り寄せた。

 この警察官も犬も無事だったと、警察はメディアに電子メールで回答している。

 またこの状況を捉えたいくつかの画像が、SNSのツイッターに掲載された。そのうちのひとつは、片手で犬を抱え、もう一方の手でロープを握り締め、氷の割れ目を通って岸に向かっている警察官の姿が映されていた。また別の画像には、雪に覆われた岸を、上半身は半そでシャツ、足は裸足のままブーツを手にしてパトカーに戻る警察官の後姿を捉えていた。ツイッターでは彼の果敢な行動に対し、多くの賞賛が寄せられた。

 

 

2017年2月16日 第7号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市街地に隣接する、スタンレー公園で傷害致死事件が連続して起こったことを受け、公園委員会は公園管理官(レンジャー)による見回りを、日没から夜11時まで行うことにしたと、11日発表した。

 同公園では昨年11月に、82歳の男性が暴行を受け大けがを負ったあと、駐車場に止めてあった本人の車に放置されるという事件が起こった。また2月1日深夜には、同公園のセカンド・ビーチとサード・ビーチの間でアマチュア写真家のルボミール・クーニックさん(61歳)が殺害されているのが発見されている。

 このためバンクーバー市警察は、日没後には一人で公園に出向かないこと、不審な行動を目撃した場合には速やかに警察へ通報するよう、一般への警告を発表した。

 見回りは現在のところ小型ピックアップトラックで行われているが、より公園内を見回れるようにするため、照明装置を装備したATV車(バギー)も使用される予定。

 

 

 

今週の主な紙面
7月11日号 第28号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
Hello Community「マーポールチャリティーガレージセール最終報告」…V-3
地震注意喚起情報…V-6
MOVIES TIME OUT…V-11
世界各国からミュージシャンが集まる バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは7月11日号 第28号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ