2016年11月17日 第47号

 ジャスティン・トルドー首相は15日夜キューバに到着、ラウル・カストロ国家評議会議長の出迎えを受けた。

 今回のトルドー首相キューバ訪問は、同国の海外資本導入制限緩和に向けて興味を示しているカナダ企業に貿易機会を得るためのもの。

 カストロ議長は2015年4月にアメリカのバラク・オバマ大統領と会談。国交回復を実現し、今年3月にはオバマ大統領が88年ぶりにキューバを訪問し、両国関係がようやく改善する方向に動いている。

 これに対し、カナダとキューバの関係は1976年1月、現トルドー首相の父ピエール・トルドー元首相が、当時の西側職としては初めてキューバを訪問して以来、友好関係が続いている。当時のフィデル・カストロ議長と友好を深め、公私ともに親交があった。

 この日、トルドー首相はカストロ議長に、「議長の家族と私の家族の友好関係は親密なものであります」と語り、「しかし、カナダ国民とキューバ国民との真の友好関係はそれ以上であり、今後もこの関係を継続できることを期待しています」と述べた。

 カナダ統計局によれば、昨年1年間でキューバを訪れたカナダ人観光客は約130万人。キューバの統計局の報告では、キューバへの観光客の約3分の1がカナダ人で最多数と発表している。

 今回の首相のキューバ訪問は約24時間と短く、この後、アルゼンチンを訪問し、APEC(アジア太平洋経済協力)会議が開催されるペルーを訪問する。

 

2016年11月17日 第47号

 連邦政府ジム・カー天然資源相は15日、カナダの石油輸出先としてアジアを重要視している発言をし、トランスマウンテン・パイプライン拡張計画承認への布石かとの見方が広がっている。

 この日カー天然資源相は、ドナルド・トランプ氏が次期大統領に決まったことを受け、キーストーンXLパイプライン計画が承認される可能性について記者に聞かれると、「それでもカナダの石油がアジア市場に輸出されるわけではない」と述べ、「カナダ政府としての目標は輸出市場を広げることだ」と語った。

 連邦政府は12月19日までにキンダーモーガン社のトランスマウンテン拡張計画承認の是非を決定しなければならない。そのため、今回の発言は承認に向けての布石ではとの見方が出ている。

 トランスマウンテン計画はアルバータ州からブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー近郊までの現存するパイプラインを拡張する68億ドルをかけた工事で、完成すれば現在の3倍のオイルサンドを輸送することになる。この計画については環境活動家をはじめ、バーナビー市、バンクーバー市なども反対を主張している。

 

2016年11月17日 第47号

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのイーストサイドで13日、現金自動預け払い機(ATM)から残高以上の現金が引き出せる状態が数時間続いた。

 この現象は、バンクーバーが本社の銀行バンシティ傘下の低所得者向け銀行ピジョン・パーク・セービングスのATMで発生した。バンシティが行っていたシステム更新が原因とみられている。

 同市イースト・ヘイスティングスで、簡易宿泊施設や食料、更生プログラムなどを提供しているユニオン・ゴスペル・ミッションのジェレミー・ハンカさんによると、まわりはこの話で持ちきりだったという。

 一度に引き出せた額は20ドルから80ドルと、決して高額ではなかったが、中には現金の引き出しに何回も成功した人も。

 どうせ銀行のエラーなのだからと、良心の呵責もなくプレゼントのように現金を引き出している人も多かったが、同団体ではそうしないよう、説得に当たったとハンカさん。結局返納しなければならなくなるから、残高以上に現金を引き出したり、そのお金を使ったりはしないよう伝えたと、取材に話していた。

 また彼は、そうした「あぶく銭」が、こうした人々のアルコールや薬物からの更生を遅らせることにもなりかねないことを危惧していた。

 なおバンシティは、トラブル原因はすぐに解決され、この影響を受けた顧客数は多くないとのコメントを発表。残高以上を引き出した人に対しては、どのようにその状況を解決するのがベストか話し合いを持つことにするとしている。

 

2016年11月17日 第47号

 ボブ・ディランをはじめ多くの有名ミュージシャンにカバーされた名曲「ハレルヤ」(1984年)でも知られる、カナダの詩人でシンガー・ソングライターのレナード・コーエンさんが8日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で死去した。享年82歳。

 同氏が所属するレーベル、ソニー・ミュージック・カナダが10日に明らかにした。

 コーエンさんの生まれ故郷であるケベック州モントリオール市郊外のウエストマウントでは10日、彼が子供の頃家族とともに通っていたユダヤ教のシナゴーグで、伝統的なユダヤ教式の葬式が行われた。コーエンさんの遺体は、この教会にある彼の家族の墓地に埋葬された。

 同教会のレビ、アダム・シーラーさんは追悼の言葉の中で、メジャーデビューしてからもよく故郷に帰ってきたコーエンさんは、生涯を通じてこのシナゴーグに精神的、音楽的、また家族的な絆を保ち続けてきたと、故人を偲んだ。

 コーエンさんは1934年、モントリオールで服飾店を営むユダヤ系の父親の長男として生まれた。コーエンさんが9歳の時に父親は他界、その後は母親が子供たちの面倒を見続けた。母親はよくイディッシュ語やロシア語の民謡を歌って聞かせたという。

 10代の頃にはスペインの詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカに傾倒、モントリオールのマギル大学入学後は詩作に熱中した。しかし詩人としてはなかなか日の目を見なかったため、ソングライターとしての道を探り、ボブ・ディランなどを手がけていたプロデューサー、ジョン・ハモンドに認められ、音楽業界に転進。

 1967年には彼のデビュー・アルバム『レナード・コーエンの唄』をリリース。その後彼の人気はイギリスやヨーロッパから徐々に高まっていき、50代になってから数々の名曲を発表した。その魅力のひとつの、いぶし銀のような深い声は「ウィスキーとタバコでこうなった」と口癖のように語っていた。

 今年10月には14枚目のアルバムをリリースしたばかりだったコーエンさん。評論家のひとりは、ポップやフォークミュージック界に初めて詩的なセンスを持ち込み、それ以降の愛や信頼、光と影について歌うアーティストたちに大きな影響を与えたと、コーエンさんの功績を表現している。

 コーエンさんの息子アダムさんはモントリオールでの葬式後、自身のフェイスブックを通じ、故人を偲んでくれた多くのファンや関係者に感謝しているとのコメントを載せている。

 

2016年11月17日 第47号

 カナディアン・フットボール・リーグ(CFL)は13日、東西両地区プレーオフ準決勝が行われた。

 西地区2位BCライオンズはバンクーバー市BCプレースで、同3位ウィニペグ・ブルーバマーズと対戦。試合終了間際までもつれる接戦となった。

 試合は序盤からブルーバマーズが圧倒した。第1クオーターに11得点すると第2クオーターにも14得点と2タッチダウン12得点で追い上げるライオンズを引き離す。

 しかし後半に入り、ライオンズディフェンスがブルーバマーズの得点を抑え、オフェンス陣の反撃を後押しする。そして遂に試合終了までわずか1分33秒で、ライオンズのクオーターバック(QB)ジェニングスが自らのタッチダウンで逆転に成功。試合は1点差のままブルーバマーズの攻撃となるが、ディフェンス陣が踏ん張り試合終了。最後まで手に汗握る展開は、32‐31でライオンズが制した。これでライオンズは地区決勝をカルガリーで首位スタンピーダーズと戦う。

 一方東地区も負けず劣らずの大接戦をエドモントン・エスキモーズが制し、決勝へと駒を進めた。今季の東地区は低迷し、西地区4位エスキモーズがクロスオーバーで、東地区準決勝で2位ハミルトン・タイガーキャッツと対戦した。試合は前半こそエスキモーズが圧倒していたものの、試合終了まで残り4分の第4クオーターにタイキャッツが同点に。しかし残り10秒でエスキモーズがフィールドゴールを決め試合が決定した。決勝はオタワでレッドブラックスと対戦する。

 両地区決勝戦は20日に行われる。この試合に勝利したチームが27日トロントで行われるグレイカップに駒を進める。

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ