—青空の下を駆け抜けた1万5000人—

朝から晴れ渡った5月6日、少し冷え込んだレース出発地点のクィーン・エリザベス・パークにはハーフマラソン参加の1万人と、フルマラソン参加の5千人が集まった。
この大会は日本のゴールデンウィークと時期が重なるため、多くの日本人が参加する人気のマラソン大会として知られている。

2月にキリマンジャロの登頂に成功した、マイク平田さんの講演会が、桜楓会の主催で、4月4日に開催された。桜楓会はグレーターバンクーバーとその近郊に住む退職移住者などの親睦を計る団体だ。

バンデューセン植物園で開催

4月7日と8日の2日間にわたり、バンデューセン植物園でSakura Daysジャパンフェアが開催された。Sakura Daysジャパンフェア実行委員会とバンクーバー桜祭りが共催し、在バンクーバー日本国総領事館とバンデューセン植物園の協力で開催されたこのイベントに、1万人を超える来場者がおとずれた(実行委員会発表)。7日10時より行われた開会式のスピーチに、人々は熱心に耳を傾け、直後に行われた獅子舞に魅了されていた。

環境とビジネスを考える会議「GLOBE2012」がバンクーバーのコンベンションセンターで開催された。2年に一度、バンクーバーで開催されるこの会議は今年で12回目。3月14日から3日間、「21世紀に持続可能な経済を構築する」をメインテーマに、世界中からグリーンテクノロジーが集まった。
会議はセミナーと展示会の2部構成。セミナーには世界をリードするグリーンテクノロジーに関係している先駆者たちが約250人参加し、セミナーで講演。展示会には、世界約50カ国から400以上の企業、団体、研究機関が参加し、それぞれの最新技術を紹介した。

バーナビーのナショナル日系博物館・ヘリテージセンターが『日系文化センター・博物館』として新たなロゴと名で12年目を迎える。これまでの活動について、会長の林光夫氏に話を聞いた。

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。