ブリティッシュ・コロンビア州クリスティ・クラーク州首相がアジアとの貿易振興目的で行っているアジアツアーに、今回は不動産業者2社が同行していることが分かり、疑問の声が挙がっている。

 メディアで報道されたのは5月28日。このアジア貿易使節団には約60社が同行しているが、その中に不動産業者2社が含まれていた。

 現在バンクーバーでは海外投資家による不動産高騰の可能性が指摘され、それについての調査も行われている中、海外での販売促進に不動産業者を同行させるのは適切なのかというもの。

 不動産業者側はあくまでも商業用物件の販売促進が目的で、個人用住宅物件のためではないと説明している。

 この報道を受け、クラーク州首相は5月30日のツイッターで、今回の目的はBC州経済と雇用促進であり、BC州の個人用不動産の販売促進は含まれていないと説明した。

 クラーク州首相一行は、5月23日にバンクーバーを出発、24日韓国入り、26日フィリピンに移動、28日に東京に到着し、30日には東京を発ち、帰国している。今回は中国への訪問は含まれていない。

 東京では、主にテクノロジー関連と液化天然ガス(LNG)のプロモーションに力を入れ、関係企業やイベントに参加した。

 

System.String[]

 保守党は5月28日、バンクーバーで開催した党大会で同性婚を容認する方針を決めた。党大会に参加した党員による投票の結果、容認賛成が1036票、反対462票と賛成が反対を圧倒した。

 ミッシェル・レンペル議員は、「ようやく保守党が少しカナダらしくなったと思う」と容認決定を喜んだ。元閣僚ら、議員もおおむね容認を賛成している。マクシム・ベルニエ議員は「(個人の)自由と敬意を尊重したもの」と語り、議論の末、カナダらしい決定になってよかったと容認決定を称賛した。

 一方、男女1対1の結婚制度を支持する反対派は、同性婚容認で保守党としての党のアイデンティティーがどこにいくのかという疑問を投げていた。ただ個人的にはそうした考えを持っていても、党の方針として連邦レベルで同性婚反対を貫くことは難しいとの声が多数を占めた。

 5月26日から28日に開催された党大会の初日には、スティーブン・ハーパー前首相が党員の前で演説した。ハーパー前首相が公の場で演説するのは昨年10月19日に保守党が政権交代をして以降初めて。ハーパー前首相自身は選挙で当選したものの、党は自由党に大敗。その責任を取って党首を辞任したものの、議員としては活動していた。ただインタビューなど公の場ではこれまで一度も言葉を発したことはなかった。

 今回の演説の約30分間の内容は自身で考えたという。ハーパー前首相は秋の国会開会前には議員を辞職するだろうと報道されている。

 保守党はこれまで党設立時からの12年間、党首はハーパー前首相ひとり。2006年にはそれまでの自由党から政権を奪取し、10年間首相を務めた。ハーパー前首相が党首を辞任して以降は、ローナ・アンブローズ暫定党首が党を率いているが、来年には正式な党首を決定する。

 今回の党大会でも、その有力候補が出馬に意欲を見せるなど、舞台裏での駆け引きも見られた。現在、立候補を表明しているのは、ケリー・リーチ前労働相、マクシム・ベルニエ前中小企業担当相、マイケル・チョン議員。その他、ジェイソン・ケニー前国防相、すでに議員を辞職しているピーター・マッケイ前法務相が意欲を見せている他、リサ・レイト前運輸相の名前も挙がっている。

 今党大会には、CBCの番組ドラゴンズ・デンなどに出演して知られているビジネスマンのケビン・オレリー氏も参加。数日前に党員になったばかりという同氏は、CBCのインタビューで経済対策など政策についての持論を語り、出馬について意欲を見せた。

 保守党党首を決定する投票は2017年5月27日に行われる。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州で計画されている液化天然ガス(LNG)開発事業について、国内外の研究者が承認しないよう自由党政権に働きかけていることが5月30日分かった。

 カナダをはじめ、アメリカ、オーストラリア、イギリスを含む90人の科学者が連名で自由党政権に送った書簡は、パシフィック・ノースウエストLNG計画について温室効果ガス排出量が増加するとの意見をまとめたもので、一般にも公開された。

 それによると、事業に関係する全ての排出量を合わせると、同プロジェクトによりBC州の温室効果ガス排出量は最大で22・5パーセント増加し、国内で最大の排出量施設の一つとなると報告している。

 またLNGのアジアへの輸出は、地球規模でみると、アジア地域での石炭発電の減少につながり環境問題に一役買うとの推進派の主張に対しても、LNGが石炭発電に取って代わるという保証はなく、石炭もLNGも両方利用するという可能性があるとして反論している。さらに、LNGを利用することによって、再生可能エネルギーの生産が減少する可能性があるとも指摘している。

 BC州政府はLNG開発事業に力を入れており、クリスティ・クラーク州首相は2013年の選挙ではLNGを同州経済の根幹に置くと公言、10万人の雇用を生み出し、州の借金を完済できる可能性があると主張していた。

 BC州で計画されている多くのLNG事業開発計画でも、マレーシアの国営企業ペトロナス社が率いるパシフィック・ノースウエストLNG計画は最大級。日本、中国、インド、ブルネイも参加している。

 キャサリン・マッケナ環境相はことし3月、カナダ環境アセスメント局が認可すれば閣僚会議にかけ承認するか決定すると語っている。今回の書簡は、マッケナ環境相をはじめ、ジャスティン・トルドー首相、ジェームズ・カー天然資源相、ジョディー・ウィルソン‐レイボールド法務相に宛て送られている。

 書簡には、LNG計画を実行することによりBC州の温室効果ガス削減目標が達成できないことになり、カナダの国際的な環境問題への取り組みに傷をつけることになるとも訴えている。

 昨年パリで開催された環境会議でカナダは温室効果ガス削減に取り組むことを約束しており、計画を却下することで今後何十年にもわたる排出量増加を食い止めなければならないと計画中止を訴えている。

 ことし6月下旬までには決定するとマッケナ環境相はすでに表明している。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市は5月23日、レンタルバイク・プログラムの詳細を公式に発表した。

 それによると、プログラムの呼称は『モビ(Mobi)』で、ことしの夏より開始され、段階的に利用可能地域が広げられる。最終的には150の専用駐輪ステーションが設置され、合計1500台の自転車が利用可能となる。最初の利用可能地域は、同市中心部のみ(東西方向はアービュタス通りとメイン通り、南北はスタンレー・パークから16番アベニューで囲まれるエリア)。

 このプログラムを利用するためには、会員登録(1年有効)をする必要がある。料金体系は、次の2種類。 スタンダード(1回の利用が30分以内で、何回でも利用可能。1回の利用が30分を超えた場合は、最初の30分は2ドル、それ以降30分ごとに3ドルが課金されていく)・180ドル。 プラス(1回の利用が60分以内で、何回でも利用可能。1回の利用が60分を越えた場合は、30分ごとに3ドルが課金されていく)・240ドル。

 なお6月30日までは早期割引が行われており、スタンダードが99ドル、プラスが129ドルと、ほぼ半額で購入できるほか、早期会員限定キーホルダーや自転車ヘルメット購入用の10ドル割引券などの特典もつく。

 プログラムを運営するのは、アメリカ・カリフォルニア州サンタモニカが本社のサイクルホップ。同社はオタワで同様のプログラムをすでに展開しているほか、アメリカのフェニックス、タンパ、サンタモニカやビバリーヒルズで同様のプログラムの実績を持つ。バンクーバーでは、このサイクルホップの子会社、バンクーバー・バイク・シェア社が担当する。

プログラムの詳細や、会員申し込みは同社のウェブサイト(『Vancouver』、『bike』、『share』で検索)から。

 

System.String[]

 NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)コミッショナーのゲリー・ベットマン氏は、スタンレー杯決勝が開催されている5月30日、リーグと選手会が次期冬季オリンピックへの選手参加について再検討していることを明かした。

 これまでNHL選手五輪参加のために国際オリンピック委員会(IOC)と国際アイスホッケー連盟(IIHF)が負担してきた選手の移動費や保険などについて、IOCトーマス・バック会長が今後は支払うつもりがないことが最近明らかになった。そのため、NHLでは費用負担がなければ参加を見送ることも検討するという。

 NHLシーズンは冬季オリンピック開催時期と重なるため、選手のケガによるチームへの負担が大きいという。そうしたことを考慮し、NHLが正式に参加した1998年長野五輪から5大会はIOCとIIHFがそれらの費用を負担してきた。しかし、IOC会長が交代し、方針転換したのではとベットマン氏は語っている。

 NHLは前回ソチ五輪でも不参加の可能性を示唆していた。しかしロシア出身選手が自国開催の五輪にリーグの決定に関係なく参加することを表明したこともあり、参加が決まった。次回の開催地は韓国の平昌。元々北米以外でのオリンピック参加に意欲が薄い選手が多いNHL。ベットマン氏は費用以外にも理由はあるとも語っている。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
9月14日号 第37号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
メープルロード「小柳拓人さんの『特異を得意にかえて』小柳真由美さん第8回 ANCA (Autistic Network for Community Achievement) ワールド・オーティズム・フェスティバルに親子で出演予定…V-12,13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-10

詳しくは9月14日号 第37号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ