2017年2月9日 第6号

 女子サッカー、カナダ対メキシコの親善試合が4日、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市BCプレースで行われた。

 昨年ブラジルのリオ・デジャネイロで開催されたオリンピック夏季大会で2大会連続銅メダルを獲得した女子サッカーカナダ代表の記念試合と題された試合は、オリンピックを最後に引退を決めた3選手の引退試合でもあった。

 引退したのは、ウィルキンソン、タンクレディ、ノールトの3選手。いずれも2015年にカナダで開催されたワールドカップを含め長年代表を務めたベテラン選手たち。名前が告げられると、前日から続く雪にもかかわらず会場に詰めかけた2万2508人のファンから大きな拍手が沸き起こった。

 試合終了後には引退セレモニーが行われ、3選手とも家族と共に晴れやかな表情でファンとの別れを惜しんだ。

 セレモニー後に記者の前に現れたタンクレディ選手は今の心境を聞かれると「圧倒される感じ」と笑顔で答え、「勝てて良かった。いろいろ感情が揺れ動いた日だった」と複雑な表情を見せた。次のW杯では選手ではなく、何らかの形で貢献できればと思っているとも語った。

 試合はベッキー選手が2得点したカナダが3−2で勝利。若い選手が活躍する展開に新旧交代を感じさせる一戦となった。唯一残ったベテランで主将のクリスティーナ・シンクレア選手は、「ずっと一緒にやってきた仲間なのでいろいろと感じるものがある」と語ったが、彼女たちの活躍は次の世代に必ず引き継がれていくと前を向いた。

 

 

2017年2月9日 第6号

 ケベック州ケベック市のモスクで1月29日に起きたテロ事件で、死亡した6人のうちの3人の葬儀で読み上げられた追悼スピーチが、世界中で反響を呼んでいる。

 スピーチを行ったのは、イマーム(指導者)のハサン・ギレさん(64歳)。葬儀の準備に追われていたギレさんは、スピーチの原稿を用意する時間がなかったため、壇上では心のままに喋ったが、そのために多くの共感を呼んだのだろうと、取材に語っていた。

 1974年にレバノンから移住、リタイアするまでは航空業界の仕事に携わっていたギレさん。同州モントリオールの南、セントローレンス川の対岸のサン・レミには果樹園を持っており、そこでラマダン(断食月)のイベントやピクニックなどを開いてきたりもした。

 そんなギレさんにスピーチの依頼が来たのは、イスラム教コミュニティが抱く悲しみや懸念を、感情的や攻撃的にならずに発信できる人物を探していたからではないかと、説明している。

 スピーチでギレさんは、今回の事件で犠牲となったのは、命を落とした人とけがをした人、そして現場に居合わせた人、ケベック市民、さらにカナダ人だが、銃の引き金を引いた本人もまた、犠牲者だと語った。銃弾を人々の頭に打ち込む前に、そんな銃弾よりもっと危険なもの(考え)が、誰かによって容疑者の頭に埋め込まれたのだとギレさん。

 そんな彼のスピーチの書き起こしがインターネット上のサイトに載せられると、瞬く間に世界中から支持する声が寄せられた。『ハリーポッター』シリーズの著者J・K・ローリングさんも自身のツィッターにそのリンクを貼り、「この上ないほどの慈悲に満ちた、ハッサン・ギレ指導者(イマーム)の言葉。ケベック市のテロ事件犠牲者の葬儀にて」とコメントしている。

 

 

2017年2月9日 第6号

 ケベック州ケベック市のモスクで1月29日に起きたテロ事件への対応として、カナダ全国のモスクが3日、市民に一般公開された。

 サスカチワン州のアフマディーヤ・イスラム教団の指導者(イマーム)、ジーシャン・アーメドさんは、イスラム教への暴力や憎悪、排除に、自分たちが立ち向かえるのは、愛を通してのみだと取材に語っている。

 またアーメドさんは、モスクが非イスラム教の人にも解放されていることを、ほとんどの人が知らないことを引き合いに出し、異文化や異なった宗教への無理解が今回の銃撃事件の原因のひとつだと指摘している。

 一般公開に訪れた人は、イスラム教を支持する姿勢を示すために訪れたという人や、ケベック市の事件についてたずねる人もいた。暴力がイスラム教コミュニティに苦しみを与える一方、事件のあとカナダ人が示してくれた友情と支援には恐縮して感謝している、私たちの明日は、昨日より明るいと、アーメドさんは語っていた。

 

 

2017年2月9日 第6号

 オンタリオ州議会が法案79、通称「南京大虐殺記念日制定法案」を審議している。審議が始まったのは昨年12月5日。法案を提出したのは自由党スー・ウォン議員。第2次世界大戦中にアジアで起きた残虐な行為はオンタリオ州民にはあまり知られておらず、12月13日を記念日に制定し、南京大虐殺の永続的な教訓を学ぶことは重要だと提案している。

 南京大虐殺については、「日本に占領された都市で20万人以上の中国人市民と兵士が無差別に殺害された」と表記している。

 審議は12月8日に2回目が行われ、委員会に付託。3回目の期日は現時点では示されていない。

(オンタリオ州議会のサイトより)

 

 

2017年2月9日 第6号

 スイス・チューリッヒからアメリカ・ロサンゼルスに向かっていたスイス・グローバル・エアラインズのボーイング777型機が、エンジントラブルのためヌナブト准州のイカリットに緊急着陸した。

 216人の乗客と乗員17人にけがはなかった。

 同機がイカリットの北約540キロ地点を飛行中、2つあるうちの左側のエンジンの異常を知らせる警告が発せられた。この警告に基づき、エンジンは自動停止した。航空会社の説明によると、これは設計上の仕組みだという。

 乗客らは、機長が機内アナウンスでエンジン停止のためイカリット空港に緊急着陸すると伝えるまでエンジン停止には気がつかなかったというほど、特に異常な音や振動はなかったと、メディアの取材に話している。

 代替輸送機が到着するまでの間、乗客には機内で夕食が出された。同空港にはタラップがひとつしかなかったため、乗客全員がいったん機外に降りて移動用のバスに乗り込んだあと、タラップを代替機に設置しなおしてから、全員の搭乗が始まった。なお、このためにイカリット域内のスクールバスが総動員された。

 代替機でニューヨークに着いた乗客は、そこから最終目的地ロサンゼルスに向かった。またイカリット空港に残された777型機は、別のエンジンが大型輸送機で運ばれ、異常を起こしたエンジンと換装された。エンジン自動停止の引き金となった警告の原因は、エンジンオイル内に金属粉が検出されたことだったとみられている。

 

 

 

今週の主な紙面
5月24日号 第21号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
オタワ便り~小倉マコのこんな毎日~ その31…V-15
5ドルクッキング…V-23
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは5月24日号 第21号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ