バンクーバー市グレゴール・ロバートソン市長は5日、高騰し続けるメトロバンクーバーの住宅事情を解消するために新課税を導入するよう、連邦・州政府に改めて提言した声明を書面で発表した。

 書面によれば、住宅価格が高騰し続けることで人々は町から遠ざかり、町の経済にも影響が出ると訴えている。

 現在のメトロバンクーバーの天井知らずの価格高騰の原因には、海外資本家が住宅を資本として購入していることや、そうした中には価格を不当に吊り上げる不動産転売があるのではないかとみられている。

 こうした疑惑にブリティッシュ・コロンビア州政府は、今年に入り調査を開始することを約束したが、ロバートソン市長はそれと同時に、海外資産家の住宅購入や転売に新課税を導入することを提言している。新課税導入については昨年5月にも同市長は提言している。しかし当時はBC州クリスティ・クラーク州首相が、住宅所有者に大きな影響が出るとして否定していた。

 ロバートソン市長は声明の中で、「規制されていない、投機的な海外資産がメトロバンクーバー不動産市場に流入してくることで、住宅価格が地元の所得からは完全にかけ離れたものになっている。最も重要なことは、住宅は人々の住む家として必要とされるものであり、本来コモディティとして扱われるものではない」と語っている。

 大手銀行エコノミストらも不動産に対する新課税導入は効果があると支持している。ただ新課税だけでは現在の問題は解消せず、住宅に関する市の規制の見直しや区画整備なども必要との見解も示している。

 グレーターバンクーバー不動産協会によれば、今年5月の住宅ベンチマーク価格は作年同期比で37パーセント上昇していると発表している。

 

System.String[]

 バンクーバー市グレゴール・ロバートソン市長は7日、バンクーバーの先住民族代表と共にオタワでトランス・マウンテン・パイプライン拡張工事を認可しないよう訴えた。

 キンダー・モーガン社が事業計画している同パイプライン拡張工事は、アルバータのオイルサンドをバンクーバーまで運ぶ現存のパイプラインを、輸送量を約3倍に増加させるための工事。完成すれば現在バラードインレットを通っているオイルサンドを運ぶタンカーの量は7倍に増加するという。

 こうしたことから環境活動家や周辺市が拡張工事には反対している。ロバートソン市長も環境問題だけでなく、バンクーバー経済にも悪影響を及ぼしかねないと主張している。

 今回の同市長の訴えは、先月カナダエネルギー委員会が条件付きながら拡張工事を承認したことに対する警戒感によるもので、自由党政権は最終決定を今年12月に出すとしている。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドのショッピングモールで5日午後6時ごろ、同市に事務所を持つ土地開発業者社長が銃撃を受け死亡した。

 死亡したアマジット・シン・サンドゥーさん(56歳)はこの日、バンクーバー市中心部で行われたチャリティーイベント、グル・ナナック・キッチンのボランティア活動の帰りに、このモールのコーヒーショップに友人とおぼしき人物と立ち寄っていた。そのあと店を出て自身の黒いピックアップトラックのところまで来たところで、近づいてきた何者かに銃で撃たれた。

 警察によると、この男は20代前半で痩身、身長は約180センチ、灰色のフード付きジャケットに暗い色のズボンを着用していたという。目撃者によると、男は消音機付きの拳銃で少なくとも6回発砲、待機していたトラックで逃走した。

 またサンドゥーさんと一緒に店を出た「友人」は、撃たれたサンドゥーさんを助けることはせず、彼の車から何かの書類をつかみ取り、現場を立ち去ったという。

 現場はコーヒーショップのほかレストランや自動車用品店に囲まれた駐車場。休日の夕方をショッピングモールで過ごす人で賑わっていたが、けが人は出なかった。しかし銃撃が再び起こるのではないかという恐れから、犯人が逃走した後も地面に倒れ血を流していたサンドゥーさんを助ける人は現れず、結局警察と救急が到着するまでの約10分間、サンドゥーさんは放置された状態だった。

 ビジネスマンであるサンドゥーさんはまた、熱心な政治活動家でもあった。彼の会社サンドヒル・デベロップメント社は、2014年のリッチモンド市の選挙の際にマルコム・ブローディ現市長に4500ドルを寄付している。また彼はキスメット・ファームの個人事業主として、ケン・ジョンストンとチャック・オウの両市議会議員に1000ドルを寄付。さらにSSBホームス社とサンパー・ベンチャーズ社を介してリンダ・マクフェイル、ビル・マクナルティ、デレック・ダン市議会議員らに3000ドルを寄付している。

 そのほか、サンドゥーさんはバンクーバーのシーク教寺院ロス・ストリート・グルドワラの運営に深く関与、同寺院の理事会とは対立関係にあったという。なお、サンドヒル・デベロップメント社はこの10年間に、数多くの民事訴訟に関わっていた。

 

System.String[]

 アルバータ州フォートマクマレーで結婚式を挙げる予定だった、べバリーさんとエドワード・ストロッサーさん夫婦。

 しかし先月猛威を振るった森林火災のため、挙式を予定していた教会は焼失。またそこに保管されていた、当日使用するはずだった飾り付けやタキシード、花嫁に付き添う女性のドレスなども灰燼に帰してしまった。

 避難命令に従い、家族とフォートマクマレーを後にした時には、こんなことになるとは思ってもみなかったと、べバリーさん。

 しかし、避難先の同州セント・アルバートで彼らは、ほとんど見ず知らずのボランティアの助けによって結婚式を行うことができた。彼らのウェディング・プランナーを買って出たエイプリル・リアルさんは、彼らは童話の絵本の主人公のようだと形容、この結婚式を実現できたことを自分たちもうれしく思っていると取材に答えている。

 式当日、バージンロードを歩いてくる花嫁の姿を見たエドワードさんは、この何週間かの間に起こった様々な困難が全て消え去っていくようだったと語っている。また自分たちがフォートマクマレーに戻ってから何がまた起きようとも、自分たちは立ち向かっていけると付け加えている。

 避難命令が次第に解除されてきたフォートマクマレーだが、ストロッサー夫婦はすぐには戻らず、まずはハネムーンを楽しむ予定だという。

 

System.String[]

 ブリティッシュ・コロンビア州リッチモンドの、大型家具店イケアの近くにあるブリッジポート・インダストリアル・パーク。高圧送電線の下に設けられた全長240メートルあまりの緑地帯は、以前はどこにでもあるような手入れの行き届かない空き地だった。特に送電線の保安上の理由から、これを管理するBCハイドロが伸びすぎた松並木の約半数を切り倒した後は全くみずぼらしい景観だったと、同社の生物学者レニ・ロディックさんは回想する。

 この状態を改善したいと思ったロディックさんは、エミリー・カー・デザイン・アンド・アート大学の研究員キャメロン・カルティエさんに相談を持ちかけた。カルティエさんは、パブリックアートを導入して緑地帯を整備することを専門としている。その結果、この場所に花を植えてひとつの「作品」を完成させるとともに、ミツバチなど花粉を媒介する昆虫を呼び込む緑地帯にしようという構想に落ち着いた。

 BCハイドロとエミリー・カー大学、またリッチモンド市が共同で昨年春に植えた花々は、ちょうど満開となっている。この場所はバンクーバー空港に着陸する飛行機のルートの真下にあたり、ジェットエンジンの音が絶え間ない。しかしその合間のわずかな静寂の中、多くのミツバチなど昆虫類の羽音があたりを満たしていることがわかる。

 この時期にあわせリッチモンド市は、最近減少が問題視されている野生のミツバチに対し、こうした花粉媒介昆虫が好む花を植える取り組みが、どのような効果を与えているかを来訪者に解説するワークショップも行なった。

 自宅裏庭の小さなスペースでも、植える植物を変えることでこうした昆虫の繁殖を助けることができると、リッチモンド市で持続可能な自然環境づくりを促進するレスリー・ダグラスさん。また、このインダストリアル・パークはその見本となると話していた。

 またロディックさんによると、地上からでは分かりにくいが、何種類かの異なる色の花で作られたこの「作品」は、実はミツバチの羽を模している。バンクーバー国際空港に着陸する飛行機は、その時の風向きによって海側からアプローチしたり陸側からアプローチしたりするが、陸側からアプローチしている日には、この「作品」の全体像を飛行機から確認することができると、ロディックさんは説明している。

 

System.String[]

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ