2017年2月23日 第8号

 8日午後、トロント空港からニューファンドランド・ラブラドール州のセント・ジョンに向かっていたエアカナダ694便は、目的地が悪天候だったため、ニューブランズウィック州フレデリクトン空港にバイバート(目的地変更)せざるを得なかった。

 同空港に着いたのは、午後8時30分過ぎ。ここで目的地の天候の回復を待つことになった乗客だが、再び離陸できるのが何時になるのかはわからない状態だった。しかしエアカナダの地上係員は、この時間では食事を用意することは不可能だと、乗客にアナウンスしただけだった。

 ところが、そこに現れたウェストジェットの機長が、自分はウェストジェットのパイロットだが、私たちには別のやり方がある。ピザを食べたい人はいるか、と乗客に問いかけた。

 この一幕について、9日にメディアの取材を受けた乗客のひとりジョン・サムスさんは、すぐそばにエアカナダの職員もいたし、なんとも気まずい雰囲気の中、険悪な状態になるのではと心配したと話している。

 ところが、実際は居合わせた人みんながウェストジェットの機長の行動に感謝し、賛辞を送っていたという。サムスさんによれば、4〜5枚のピザが注文された。ピザがこれほどありがたく見えたことは、人生の中で一度もなかったとサムスさん。一方エアカナダの職員も負けじと、10ドルの商品券を乗客に提供したものの、その時間ではそれを使えるような店は開いていなかった。

 メディアの取材依頼に対し、ウェストジェットはコメントを差し控えている。エアカナダは、天候悪化による直前になっての目的地変更で迷惑をかけたことを謝罪するとともに、他航空会社のパイロットの、状況を思いやる行動に感謝している、直接本人とも話をし、その対応への謝意を伝えたと付け加えていた。

 エアカナダ694便が再びセント・ジョンに向けてフレデリクトン空港を離陸したのは、日付が変わった9日午前1時半過ぎだった。

 

 

2017年2月16日 第7号

 ジャスティン・トルドー首相が13日、アメリカのワシントンを訪問。ドナルド・トランプ大統領と会談した。

 会談後の記者会見では、両首脳とも2国間関係の重要性を強調。カナダ国内で心配されていた北米自由貿易協定(NAFTA)について質問されると、トランプ大統領は「多少の調整」は必要と語ったものの、それ以外カナダとの貿易については特に問題性を示さなかった。

 移民政策については、トルドー首相は今後もカナダは国の安全を守りつつ、オープンな移民政策を続けるという従来の主張を強調。アメリカの移民政策についてカナダが自国の政策を押し付ける立場にはないとの考えも示した。

 両首脳ともこれまでの主張を繰り返したが、2国間に決定的なヒビが入るような言及は特になかった。

 首脳会談の前には、女性の企業トップや起業家を支援するための円卓会議の場が設けられた。これにはトランプ大統領の長女イバンカ・トランプ氏が参加。女性のビジネスでの活躍が経済を活性化させるとの認識で一致した。

 

 

2017年2月16日 第7号

 日本人留学生の古川夏好(こがわなつみ)さん(30)が昨年9月に遺体で見つかった事件で、バンクーバー市警は10日、すでに遺体遺棄の罪で起訴されているウィリアム・ビクター・シュナイダー(49)被告を殺人罪でも起訴したと発表した。

 古川さんは昨年9月8日から行方が分からなくなったとして同12日に同市警に届け出があった。捜索が続けられる中、警察は古川さんがシュナイダー被告と話している画像を公開。この男性が何らかの事情を知っている可能性があるとして市民に情報提供を呼びかけた。 その直後の同28日に、バンクーバー市ダウンタウンの空き家で古川さんの遺体が発見された。シュナイダー被告は同日にブリティッシュ・コロンビア州バーノン市で逮捕された。遺体遺棄については昨年10月17日から裁判が始まっている。

 今回の発表で警察は殺害の動機や死因については明らかにしていない。

 

 

2017年2月16日 第7号

 ジャスティン・トルドー首相が13日に米ドナルド・トランプ大統領との会談のためワシントンを訪問する前に、主要閣僚が続々とアメリカ入りし地ならしをした。

 6日にはハルジット・サージャン国防相がアメリカのジェームズ・マティス国防長官と会談した。7日にはクリスティア・フリーランド外相がワシントン入り。レックス・ティラーソン国務長官やポール・ライアン下院議長と会談したほか、ジョン・マケイン上院議員をはじめとする共和党上院議員らと会談し、2国間貿易の重要性を説明した。国務長官と会談後、記者の質問に答えたフリーランド外相は、「もし国境税が実施されることになれば、カナダとして適切な対応を取る」と語り、国務長官には国境税には反対の立場を伝えたと語った。

 ウィリアム・モルノー財相も8日にワシントン入り。スティーブン・マヌーチン氏が財務長官に正式に就任していないため会談はなかったが、首相の訪問を前にカギとなる関係者に会談した。

 トルドー首相とトランプ大統領との会談では、北米自由貿易協定(NAFTA)を含む貿易問題と安全保障、移民問題が焦点になるとみられていた。

 国内では会談を前に、安全保障、移民政策で首相はトランプ大統領に対し、カナダの立場をはっきりと主張すべきと国民が期待していると報道されていた。

 

 

2017年2月16日 第7号

 今年に入り、アメリカから国境を越えカナダに入国する難民が増加している。14日にはマニトバ州ブライアン・パリスター州首相がインタビューで、連邦政府の協力が必要と訴えた。

 アメリカとの国境の町マニトバ州エマーソンでは今月4、5日の2日間で22人、11日には21人が入国し、対応に追われている。この辺りはこの時期まだマイナス10度を下回る寒さで積雪量も多い。その中を越境してくるため、中にはひどい凍傷を患っている難民もいる。

 マニトバ州エマーソンは米ミネソタ州との国境沿いにあり、平原で越境しやすいことや、こうした難民を一時的に受け入れる体制も整っているため、ここを通る難民が多いという。

 今年に入って急増した要因はいろいろと考えられるが、アメリカの移民政策も大きく関係していると関係者は語っている。ドナルド・トランプ大統領が発令したイスラム圏中東・アフリカ7カ国出身者の入国を一時禁止する大統領令もその一つ。

 ミネソタ州にはソマリアからの難民が多く、今回もソマリア出身者が多く入国している。ソマリアは入国一時禁止7カ国の一つ。「アメリカにいたのでは安全に暮らせない」と難民は語っているという。

 大統領令は差し止められたものの、アメリカからの難民の流れはしばらく続くだろうとみられている。ケベック州でも難民の入国が先月から激増していると報告されている。

 

 

 

今週の主な紙面
12月6日号 第49号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
まるごとカナダ…V-11
カナダで楽しむ食の世界…V-14
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは12月6日号 第49号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ