6月21日、日加ヘルスケア協会主催で、「加齢と健康を考える」というセミナーが開催された。講師を務めたのは本紙連載でもおなじみの産婦人科医、杉原義信先生と、BC州家庭医の田中朝絵先生だ。分かりやすい話に、25名あまりの参加者が興味深く聞き入っていた。

東日本大震災で日本人がどのような心の動きを見せたか、それが世界にどのように伝わったか、また今回の被害から我々は何を学びとれるのか? 
6月9日、バンクーバー日本語学校並びに日系人会館で、心理トレーナーとして広く活躍している栗原英彰氏が、参加者約60人に心理的な観点からこの話題を取り上げ講演した。

好天に恵まれた7月1日、ダウンタウン・バンクーバーでは、カナダの建国記念日を祝うさまざまな行事が催され、大勢の家族連れで賑わった。午後7時からは、毎年恒例のカナダデー・パレード。沿道を埋め尽くす約11万人の観衆の盛んな拍手と声援を受けながら、50を超える団体が華やかなパフォーマンスを繰り広げた。パレード参加者のがんばりと観衆の温かい応援で、ウェスト・ジョージア通りとバラード通りは熱気と一体感に包まれた。

台湾で生まれ育ち、沖縄での生活を経て1970年に家族とカナダに移住した岩間孝子さん。国際感あふれる家庭の中で育てた3人の息子さんは学長、医者、医学部教授として第一線で活躍中だ。
「私はみんなの食事係だっただけですよ」と笑うミセス岩間に、子育てや家族について振り返ってもらった。

6月17日(金)の前夜祭から19日(日)まで、バーナビーのスカンディナビアン・コミュニティーセンターで北欧の夏至祭『第16回スカンジナビアン・ミッドサマー・フェスティバル』が開催された。
 今年のゲスト国は日本。在バンクーバー日本国総領事伊藤秀樹氏による挨拶、日本国総領事館や日系団体による日本案内ほか、多数の日系パフォーマーが参加してイベントを盛り上げた。

 

今週の主な紙面
2月20日号 第8号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
この人にフォーカス 彫刻家 マイク・佐々木さん…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康…48…V-21
求人情報…V-4~5

詳しくは2月20日号 第8号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ