ブリティッシュ・コロンビア州コキットラム市市長が、カナダに受け入れられて間もないシリア難民が働く床屋で散髪した。

 市長のリチャード・スチュワートさんが最初の顧客となったのは、カナダが表明した2万5000人のシリア難民受け入れ政策で、昨年末にバンクーバーに妻と5人の子供とともに到着したモハマンド・クルディさん。

 母国シリアで床屋として15年の経験を持つクルディさん。そんな彼とともに新しい美容室『クルディ・ヘア・デザイン』をポート・コキットラム市に開いたティマ・クルディさんは、昨年9月にトルコからギリシャへの渡航に失敗して溺死、トルコの海岸に遺体が流れ着いたアイラン・クルディちゃんのおばに当たる。

 浜辺に横たわったクルディちゃんの写真は世界中のメディアに掲載され、シリア難民に対する世界の関心を一気に高めたことは、まだ記憶に新しい。

 クルディさんがBC州に到着して間もなく、スチュワート市長が歓迎と支援の気持ちを表すために、クルディさんに散髪をしてもらいたいと提案した。

 散髪を終えた市長は、クルディさんの腕前は確かなものだったと、その髪型に満足した様子だった。また、カナダの生活に慣れていないクルディさんが、慣れた手つきと希望に満ちた表情で散髪をしているのが見られてうれしいと取材で話している。さらにクルディさんも、カナダで働けるようになったことについてみなに感謝しているとともに、これからは支援に頼らず、自分で生活できるように早くなりたいと、抱負を市長に語っていた。

 

 多くのハクトウワシが集まることで有名なブリティッシュ・コロンビア州スコーミッシュで3日、その個体数調査が行われた。

 バンクーバーから北へ車で1時間弱のこの地で開催されていた、第30回ブラッケンデール・ウィンター・イーグル・フェスティバルの一環として行われたこの調査には60人以上のボランティアが参加、スコーミッシュ川沿いを徒歩とゴムボートを利用して、ハクトウワシの数をカウントしていった。

 約20年前の最盛期には4千羽弱を数えたこの調査、今回はなんと最低記録の411羽にとどまった。調査のオーガナイザーも、このような事態は見たことがないと、驚きを隠せないでいる。

 この冬のスコーミッシュ川の水位は極端に低く、また氷結している箇所も多かった。そのためゴムボートのボランティアは、予定していた調査区間の3分の1ほどをボートから降り、それを担いで行動しなければならなかったため、最終的に調査区間全体を見ることができなかった。

 なお、ハクトウワシの減少には、えさとなるサケの減少が関与しているとみられている。例年11月にはシロザケがスコーミッシュ川を遡上し産卵するが、サケはその後死んで川岸に打ち上げられて、鳥などの食料となる。ところが今年の秋は大雨のため川が増水、そうしたサケの死骸を押し流してしまい、えさ不足に見舞われてハクトウワシの数が減ったというもの。

 またサケの減少についての別の原因には、サケ養殖場で発生する海シラミもあげられている。この寄生虫が、海に戻った若い天然サケにも移ったため、その減少を招いたと考えられている。

 その一方で、カナダ漁業海洋省は、過去2年にわたりシロザケの稚魚を大量に放流しており、今後の推移を見守りたいと、調査オーガナイザーは取材に語っている。

 ちなみに最近のハクトウワシ数の推移は、2013年が1627羽、2014年が637羽だった。最高記録の3769羽を数えたのは1994年だった。

 

 ブリティッシュ・コロンビア州ローワーメインランドの公共交通機関を運営するトランスリンクは先週、紙製回数券(フェアセーバーズ)の販売を1月いっぱいで終了すると発表した。

 また1月中であっても、店頭の在庫がなくなった段階で販売終了となり、その後は電子カードのコンパスカードを購入し、いくらかの金額(stored value)をカードにチャージすることで、今までどおりの割引価格で交通機関が利用できるとトランスリンクは説明している。

 なお、すでに購入している紙製回数券は、バスでは今までどおり利用できる。スカイトレインやシーバスでは、設置されている改札ゲートが全て閉鎖(稼動)されない限り、使用できる。

 トランスリンクはコンパスカードが普及していくのに合わせ、利用者が新しいシステムに慣れるよう、稼動する改札ゲートの数を増やしている。特にバス以外の機関を利用した際のタップアウト(降車時や駅から出る時の読み取り)を忘れないよう、呼びかけている。

 なお、昨年からBC州障害者同盟などが指摘、予想していたとおり、手が不自由などの理由でコンパスカードを読み取り機にかざせない人は、ゲートが全て稼動してしまうと自力では交通機関が利用できないという問題が、ゲートの稼動開始とともに浮き彫りになってきた。

 この問題に対しトランスリンクは今のところ、身障者用の改札ゲートのみ解放しておくことで対応しているが、それでは開いているゲートに通行人が集中、電動車いすなどとの事故の危険性が高くなると指摘する声も出ている。

 

 優雅に空中を舞うシロフクロウの姿が、高速道路の監視カメラにとらえられていたのが見つかった。

 場所はケベック州モントリオール西部の高速道路40号線沿いで、3日の朝に撮られたものだった。

 またケベック州はシロフクロウを州の鳥として、1987年に正式に制定している。普段は同州北部など北極圏ツンドラ地帯を生息域とするシロフクロウだが、特に寒い冬には州の南部で目撃されることもある。

 監視カメラに映った個体の、羽を広げた大きさは約1.45メートル。一般にフクロウ類は夜間のみ活動するが、シロフクロウは昼夜を問わず飛ぶ、数少ない種のひとつ。

 この画像を最初にソーシャルネットワークのツイッターに投稿したのは、マーグリット=ボージュワ選挙区の連邦議会議員で、ケベック州交通大臣ロバート・ポエティさん。以来多くの反響が寄せられた。

(この映像を掲載しているメディアのウェブサイトは、『snowy』『owl』『traffic』『camera』で検索。)

 

 アメリカ・コロラド州デンバーに向けて飛行していたユナイテッド・エアライン機が9日、保安上の理由からブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー国際空港に緊急着陸した。

 この飛行機は、アメリカ・アラスカ州アンカレジを午前零時少し前に離陸した、ユナイテッド・エアライン1104便のボーイング737型機。同航空会社によると、乗員6人のほか乗客131人が搭乗していた。

 当初の目的地、デンバーには現地時間の午前6時ごろに到着する予定だったが、午前4時少し過ぎにバンクーバー国際空港に急きょ着陸。地元のリッチモンド市警察が、乗客のひとりの男の身柄を拘束した。

 到着した機体の周りには5台の救急車が駆けつけ午前7時30分ごろまで待機していたが、空港関係者によるとけが人はいなかった。また同便が緊急着陸した原因については公式な発表はなされていない。

 乗客らは航空会社が手配した別の便に乗り換え、目的地に向かった。なお、この緊急着陸によるバンクーバー国際空港での離発着の遅れは発生しなかった。

 

 

今週の主な紙面
4月18日号 第16号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
サンラン グラッドストーン日本語学園…V-2
VAM ジョン・キムラ・パーカーとイアン・パーカーが共演…V-2
ヨガと健康…V-10
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは4月18日号 第16号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ