クリスマス・パーティ 和やかに開催

12月10日、イルミネーションで美しくライトアップされたロイヤル・バンクーバー・ヨットクラブで毎年恒例の日本・カナダ商工会議所主催クリスマス・パーティが開かれた。会場には日加商工会議所の会員を中心に、幅広い分野で活躍する約60人の参加者が集まり、ディナーや音楽を楽しみながら交流を深めた。

フェアモント・パシフィックリムで盛大に開催

12月16日、フェアモント・パシフィックリムで、2012年度企友会主催日系ビジネスアワード・クリスマスパーティが盛大に催された。窓の外に広がる夜景が幻想的な会場には100人を超える参加者が集まり、日系社会に大きく貢献してきたアワードの受賞者を祝福した。

そんなメッセージを自転車に乗せて、カナダ12,500km横断!

この旅を成し遂げたのは、宮城県仙台市出身の中内善和(よしかず)さん30歳。2012年6月20日から11月10日までの144日間を自転車での一人旅。“ワーホリ”の終わりの記念に「ふるさと東北のために、何かを…」ということが出発点。これに共感したのが、彼が働くバンクーバーの「Tojo’sレストラン」の東條社長。社長を中心に幅広いネットワークの、さまざまなサポートを得て12,500kmの自転車旅を達成した。

ジャパニーズ・カナディアン・ウォー・メモリアル・コミッティー主催

被災体験者を囲んだ座談会、開催される。

東日本大震災から1年半を過ぎ、マスコミで報道される機会もめっきり減った。あの熱気をおびたような支援の動きも、今はなぜか心細いような今日この頃。
宮城県仙台市で被災した高橋エツコさんを囲み、「今一度、心引き締めよう」、「その体験から得られるものが…」という趣旨の座談会が3回シリーズで開催された。体験談に質問、意見の数々を要約した。場所はCANADA WATTのオフィス。参加したワーキングホリデー、留学でバンクーバーに滞在中の若者の胸を熱くした。

 

今週の主な紙面
1月17日号 第3号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは1月17日号 第3号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ