神さまに護られて聖地旅行

バンクーバー出身のロイさん(77)は、12歳から24歳までの多感な成長期を日本で過ごし、1958 年にカナダに戻ってきた帰加2世だ。その隣で穏やかに語る百合子さん(76)は大阪出身。

「ちらし寿司が最高!」「ニシン寿司がおいしかった」「味のしみたサーモンがよかったね」。こうした声が聞かれたのは1月22日スティーブストン仏教会講堂で開かれたBC州和歌山県人会の新年会。約200人の参加者は、県人会役員と数名の会員が腕によりをかけて作った料理に舌鼓を打ちながら、楽しい歓談の時を過ごした。

日系経済団体と日系コミュニティー団体の代表者が出席

 去る1月15日、バーナビーの日系プレースで第14回日系コミュニティー合同新年会が開催された。3つの共催団体、17の協賛団体に加え在バンクーバー日本国総領事館が後援し、今年は過去最多の約200人が出席。新年の挨拶を交し合い、お節料理に舌鼓を打ち、『パシフィック・ノース・トリオ』のピアノとバイオリン演奏を楽しんだ。

去る1月15日、冷たい海風が身にしみるイングリッシュベイで、毎年恒例の寒稽古が行われた。

 

今週の主な紙面
8月17日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
われらが科学文明…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
Hello! Community…V-13
バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ 9月10日に15周年記念コンサート…V-16
認知症と二人三脚…V-20
ヨガと健康…V-22
気になるカラダにいい話…V-23
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは8月17日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ