去る7月30日、31日の2日間に渡り、日系の歴史と深い関係のある伝統的なオッペンハイマー公園で、第35回パウエル祭が開催された。昔なつかしいラムネ、白玉ぜんざいのカキ氷、たこ焼きに焼き鳥と、うちわを片手に美味しい日本食を頬張る人々。甚平を着た孫を追いかける祖父母。北米風にアレンジしたモダンな浴衣姿のカナダ人。人によって、それぞれ楽しみ方の違うパウエル祭は、“笑顔”という共通点で大賑わいとなった。

カナダとフランス(パリ)で受賞 写真家 今泉慶子さん

バンクーバーのリステルホテルで、6月30日からの3日間、東北大震災支援のための今泉慶子さんのチャリティ写真展が開かれ、初日のレセプションでは伊藤秀樹在バンクーバー日本国総領事、桐島洋子さんをはじめ約70人余りが集まり、今泉作品の奥深い表現を堪能した。

子達は紙芝居という新鮮な体験、ケンジとネコの可愛い冒険物語にエキサイトします。びっくり、一体化、感動、興奮。

7月10日、ウィスラーのザ・リステルホテルウィスラー内にあるベアフットビストロ・レストラン主催で牡蠣の早剥き大会が開催された。

「震災を風化させずに、息の長い支援をしていきたい」

日本警察消防スポーツ連盟カナダ支部の菊地祐二さん、小川学さんは、東日本大震災で被害を受けた石巻市での支援活動を終え、帰国。被災地での活動の様子や支援活動を通して感じたこと、これからの活動について思いを語った。

2人は4月4日にバンクーバーを出発。食料や水、ミルク、紙おむつ、子供や女性用衣類などの支援物資と、活動用機材、自分たちの食料などを車に積み、8日に仙台入り。同日には活動場所の石巻市に到着した。

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ