2016年9月8日 第37号

 白いウェディングドレスと、顔全体を覆う白い仮面をつけた謎の女性が、オンタリオ州トロントの街角で目撃されるようになって4カ月ほどになる。この女性をさらにミステリアスにしているのは、行く先々でドメスティック・バイオレンスによるトラウマを綴った手紙を配っていること。手紙には、彼女が受けた虐待や、恋愛関係の上に起こる暴力沙汰の複雑さが述べられていた。

 最近、この女性にメディアがインタビューを申し込み、女性は筆談による取材に応じた。

 それによると彼女の目的は、愛情から端を発した暴力について、多くの人に知ってもらいたかったことと、こうした被害を受けた人に対し、同じような境遇の人は身近にもいて、自分たちは孤独ではないと伝えたかったということ。特に孤独感ほど心に傷を残すものはないと、彼女は付け加えている。

 最近の手紙には、暴力を振るう相手は、私を追いかけるのは別に悪いことではないと思っているようだ。そして私もそのような人物を近づけるのは問題ないと思っていたようだ。往々にして暴力を振るう人物は、私がつくしている人か、それに関係する人だったりする。私たちはそんな人が自分をわざと傷つけるとは信じたくないし、捧げられる愛に頼りたい。しかしそれは時として暴力といえる強さを持っている…と綴られている。

 それにしても、なぜ仮面をつけ、沈黙を守っているのかという記者の問いに対して彼女は、沈黙は声をあげることができず、誰からも気づかれないでいる人たちを代弁するためだと答えている。また仮面は、不特定多数ということを表現しているとも。

 彼女のこうした行動に対しては、賛否両論が起こっている。彼女の精神状態を疑ったり、ソーシャルネットワークのサイトに悪意ある書き込みがなされたりする一方、多くの女性のために彼女は行動しているのだと支持する女性もいる。

 仮面の花嫁は、ドメスティック・バイオレンスについて人々が話し合い続けてくれることを願い、今日も街のどこかを歩き続けている。

 

2016年9月8日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州サレー市の産業廃棄物処理業者、ブライト・スカイ・ディスポーザル(元フレーザー・バレー・ディスポーザル)に対し、許可されていない廃棄物も受け入れるなどの違反操業を行ったとして罰金が科せられた。

 サレー市のBC州地方裁判所の判決によると、罰金は合計で5万8500ドル。また取締役のファニー・リアン被告には1500ドルが科せられた。メトロ・バンクーバーの環境規制課の試算では、同社は24日間で、許可された量の最大で11倍とみられる廃棄物を受け入れてきたほか、環境や人体に悪影響を及ぼすアスベストなど、同社には認可されていない物質を含んだ廃材も取り扱っていた。

 またリアン被告の元夫で、他の会社の取締役を務めるデニー・リアン容疑者にも、2011年と2013年に起こった違法業務への訴追が進められている。

 なおブライト・スカイ・ディスポーザル社は、メトロ・バンクーバーが発表した、2015年に環境へ悪影響を及ぼした業者のリストの中でワースト・ワンだった。

 このリストには他に、バーナビー市のシェブロン・カナダ(ナフサによる大気汚染)、リッチモンド市でセメント・プラントを操業するラファージ・カナダ(認可量を上回る窒素酸化物の排出)、ノース・バンクーバー市にあるフィブレコ・エキスポート(チップ製造のための木材粉砕に伴う粉塵の排出)などの大手企業も名を連ねている。これらの会社には、1000ドルの罰金が科せられた。

 またデルタ・シダー・プロダクツは、操業時間や燃料使用量、原材料や製品についての記録や報告義務違反で1500ドルの罰金となった。そのほか、当局が環境の最大の敵だと形容するディーゼル発動機(建設工事重機など)に関する操業違反で、取締りを受けた建設業者も何社かあった。

 

2016年9月8日 第37号

 オンタリオ州西南の都市ロンドンの東隣の町モスリーに住む老人が、重さ7キログラムという巨大キノコを収穫した。

 直径が約50センチにもなる、マッシュルームのように白いホコリタケを見つけたのは、84歳になるドン・スミスさん。場所は、モスリーからそう遠くないウッドストックに彼が所有する100エーカーの土地。ここで8月27日、孫のケイリー・ゴーさんの犬を散歩させている時に、見つけた。

 この土地は、もともとスミスさんの両親が所有していたものなので、スミスさんにとっては子供のころから馴染みのある土地で、キノコの宝庫であることも熟知していた。

 そんなスミスさんでも、今回の「発見」には興奮せずにはおれず、孫のゴーさんに頼んでソーシャルメディアのフェイスブックに投稿することにした。すると閲覧数は瞬く間に2600を数え、数日の間に3800件あまりに達した。

 ところでスミスさん、キノコを探すことには熱中するが、食べることには全く興味がないという。今回もキノコは友人におすそ分けとしてプレゼントされたが、とにかく一回の食事で食べきれるような分量ではなかったという。

 

2016年9月8日 第37号

 ブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバー島と本土を結ぶBCフェリーの船内で、長い間子供たちの娯楽となっていたゲームセンターが撤去されることになる。

 最近のスマートフォンなどの普及による利用者減少で、収益が上がらなくなったことが理由。

 BCフェリーでは、2019年までには全ての船からゲームセンターの撤去を完了させる予定。

 

2016年9月8日 第37号

 ケベック州セントローレンス川の河口、ガスペ半島にあるグラン・リビエールの老人ホームで、内部に十字架の文様が入ったジャガイモが見つかった。

 老人ホーム、ラ・ミュー・ビブレ・レジドンスで働く調理師アラン・レベキさんは8月22日、いつもは横半分に切っているジャガイモを、なぜかこの時に限って縦方向にカットした。すると半分になったジャガイモの断面中央に、見事な十字架の茶色い文様が浮き出ているのを見つけ、驚いた。

 この老人ホームの住人は熱心なカトリック信者が多く、またジャガイモの保存を長年行ってきていた。この文様を見たレベキさん、これは神の降臨を示すサインに違いないと信じたという。

 このジャガイモは現在、老人ホームの入居者委員会メンバーが乾燥処理を行っており、プロセスには1カ月ほどかかるとみられている。乾燥が進むと同時に、断面は茶色味を帯びてきたが、それでも十字架の文様はくっきりと認識できるという。

 老人ホームでは、この聖なるジャガイモを誰もが見られるよう、乾燥処理が終わったら専用のディスプレーケースに入れ、食堂に展示する予定。きっとみんなが神のご加護を身近に感じることだろうと、入居者委員会会長のエミリエン・モリンさんは取材に話していた。

 

 

今週の主な紙面
10月18日号 第42号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは10月18日号 第42号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ