2018年2月8日 第6号

 オンタリオ州進歩保守党(PC)党首選への立候補が相次いでいる。2月1日には、クリスティン・エリオット氏が立候補を表明した。

 エリオット氏は2006年から2015年までオンタリオ州議員を務め、2015年の党首選に立候補。しかしブラウン氏に敗れ、そのまま政界から引退した。夫は2015年に逝去した元連邦保守党政権ジム・フレアティ元財務大臣。党首選が決まった当初から立候補者として名前が挙がっていた。

 また、2月4日には出馬が噂されていたキャロライン・マルルーニー氏が立候補する意向を記者団に語った。

 「約15年続く自由党政権からの変化が必要」と語り、州民は嫌気がさしている、新しい政府を欲していると続け、だから自分が「党首選に立候補する意思を固めた」と語った。

 マルルーニー氏は政治家としての経験は一度もない。しかし、父はブライアン・マルルーニー元首相で知名度は高く、弁護士やビジネスマンとしてこれまで活躍してきた華やかな履歴も持つ。

 今年実施されるオンタリオ州議会議員選挙にも、すでに立候補が決まっていて、党首選にかかわらず政界入りを目指していた。

 これで現在までのところ立候補を表明しているのは、ダグ・フォード元トロント市議と合わせて3人になった。

 オンタリオPCは、1月25日にブラウン前党首が突然の辞任を強いられた。前日のニュース番組で2人の女性が、当時連邦保守党議員だったブラウン氏から性的に不適切な行為を受けたと告白。ブラウン氏は緊急記者会見を開き内容を全面否認したが、党内から辞任を迫られた。

 そのため、州議会議員選挙が6月7日に迫る中、急きょ党首選が実施されることになった。

 党首選立候補締め切りは2月16日、新党首は3月10日に決定する。

 

 

 

今週の主な紙面
10月11日号 第41号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
新報独占インタビュー『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一監督と女優の橋本愛さん …V-11
思い切り楽しみたい!バンクーバーのハロウィン…V-11~12
MOVIES TIME OUT…V-15
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは10月11日号 第41号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ