2018年9月6日 第36号

多国籍文化のバンクーバーではいろいろな国のお料理を楽しむことができますが、このベトナム風サラダロールも屋台、フードコート、テイクアウトの定番メニュー。中身の具をアレンジすると楽しいですよ。日持ちするので前日につくっておいて、ランチにもっていくもよし、パーティーの前菜にも喜ばれます。

 

ベトナム風サラダロールレシピ

 

ベトナム風サラダロール

材料 8人分

  • ライスペーパー  8枚 (直径22センチのもの)
  • ライスヌードル 適量 (乾燥したヌードルをもどしたもの)
  • マッチ棒切りに細長く切った人参 適量(約1/4本分)
  • レタスを細く切ったもの 適量(約2枚分)
  • もやし 約1カップ
  • サランチョロー 適量 (日本ではパクチーと呼ばれています)

ピーナツソース

  • ピーナツバター 大さじ3 (Adamsなど無糖のもの)
  • 米酢 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ1 1/2
  • メープルシロップもしくは砂糖 大さじ1 1/2
  • ライムジュース 1 1/2個分
  • 水 大さじ1

 

 

作り方

  1. 天板かパイ型にぬるま湯をそそぎ、ライスペーパーを一枚ずつ入れて、ライスペーパーが透明になり、やわらかく扱いやすくなるまでつける。
  2. ライスペーパーをまな板かお皿に移し、真ん中にサランチョロー、人参、レタス、もやし、ライスヌードルを適量おき、巻く。
  3. ピーナッツソースの材料をボールに入れ、よくかき混ぜる。
  4. サラダロールを半分に切る。ピーナツソースをつけていただく。

 

Tips! 

  • 焼いたお豆腐や茹でたエビ、チキンを加えたり、アボカド、アスパラガスを入れてもおいしいです。 
  • ピーナツソースがかたければ水の量を増やしてください。 

 


鈴木 公子(すずき きみこ):和歌山県出身。ノースバンクーバーを拠点に旬の野菜、地元の食材を使った和食を発信。
母親から本当の家庭料理を学び、ミシュラン一つ星、京都とり料理瀬戸の女将さんから『おもてなしの心』を学ぶ。
Cook Culture及びWell Fed Studioの和食インストラクター。UBC Farmにて和食のワークショップ開催予定。edible Vancouver wine and country にて記事掲載。
www.kimikoskitchen.wordpress.com

 

 

 

今週の主な紙面
11月15日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
小野リサ北米コンサートツアーでバンクーバー初公演…V-11
平昌冬季五輪カーリング日本代表平田洸介選手に学ぶ「夢のかなえかた」…V-11
MOVIES TIME OUT…V-15
ヨガと健康…V-21
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4

詳しくは11月15日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ