2016年10月27日 第44号

 (前号からの続き)

 ごん狐―「ウナギはヌルヌルして気持ち悪いなあ。食べられたものではないのに、人間はどうして食べるのかな?」

 暗転、ごん狐は兵十の裏をとおりすぎて行く。母は庭でひなたぼっこをしている。 

 兵十―「(泣きながら、母に)おっかあ! 今度は、ウナギをとってくるから、元気になってくれ」

 ごん狐―「(木のかげから)そうだったのか。兵十は体の弱い母のためにウナギをとりにきていたのか。いたずらをして、悪かったな。かわいそうなことをしてしまった。よし、今度は俺がウナギをつかまえてやる」

 ごん狐は冷たい川の水に立ち、来る日も来る日も、ウナギが現れるのを待ちました。

 ごん狐―「流れてくるものは、黄色い落ち葉ばかりだ。足がつめたい。ああ、痛くなってきた。ウナギはとれそうにないなあ。それならば、山でとれる栗やマッタケを持って行くのがよいだろう」 

 ごん狐、舞台そでに消えて、村人と兵十が現れる。

 兵十―「この頃、不思議なことがある」

 村人―「何事だ」

 兵十―「だれか知らんが、おれに栗やマッタケを毎日とどけてくれるだ」

 村人―「だれがそんなことをするのだ?」

 兵十―「それがわからんのだ。だれかわからんがおれの知らん間においておくだ」

 村人―「本当か」

 兵十―「本当だとも。明日見に来るがよい。その栗を見せてやる」

 村人―「へい、変なこともあるもんだ。きっと村の六地蔵さまのお助けかもしれないなあ?」

 兵十―「そうかな?」

 村人―「そうだとも。だから、毎日、六地蔵さんにお礼のお参りをするがよい」

 兵十―「そうだな、そうするべい」

 ごん狐、木のかげから出てくる。

 ごん狐―「俺が、せっかく兵十のかかさまのために栗やマッタケを届けてやったのに、六地蔵にお礼参りに行くようでは、つまらぬ。おかしな話しじゃや? でも、寒い川に、無理を言う母のためにウナギをとりに行く兵十は偉いやつだ。ウナギを逃がした俺も悪い。又、栗やきのこを届けてやろう」

  舞台は兵十の家

  ごん狐―「さあ、今日はどこへ栗を置くかな? この囲炉裏の横がよかろう」(栗を置いて舞台そでへ行こうとするごん狐を兵十が見つけて、肩から弓をはずして、ごん狐をねらう)

 兵十―「いつも、村でいたずらをしている狐だな。この弓でおどかしてやろう」(狙いをさだめ弓をはなつ)

 ごん狐―「(大声で)ああ、いてえ、いてえ コン、コン、コン」(舞台そでへ、消えてゆく)

 兵十―(家の中に入る)「おや、おや、こんなところに栗がある。(ビックリして大声で)ごん! おまえがおらに栗やきのこを届けてくれたのか?ごん、すまなかった、ゆるしてくれ」

 (幕)

ナレーター「兵十のはなった矢は、ごん狐のお尻にあたりました。矢には眠り薬がぬってあり、しばらくするとごん狐も目をさましました。時は流れ、いつの間にか傷もなおり、白い平原を歩いているごん狐を村人がみたそうです」

(終)

 


<寄稿・投稿のお願い>
 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。

編集部

郵送先:Vancouver Shinpo: 3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7
Fax: 604-431-6892
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

 

今週の主な紙面
6月15日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
認知症と二人三脚…V-3
深田晃司監督作品『淵に立つ』VIFFで特別アンコール上映…V-12
オタワ便り…V-22
老婆のひとりごと…V-23
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは6月22日号 第25号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ