2020年1月23日 第4号

 小学2年生になる娘が、ある日「完璧なお団子ヘアを練習する!」と言い出した。実は、私もちょっと気になっていた。ここ数年、町に出ると、ティーンからママ友まで、ボリュームある完璧な形をしたお団子ヘアスタイルに、どうやったらこんな髪型が可能なのかと、不思議に思っていたのだ。

 小学2年生にもなれば、学校で流行のヘアスタイルも学んでくるようで、「ドーナツリング」というものが存在すると教えてくれた。ドーナツリング?! なんだそれは。聞いたこともない。ネットで検索し、画像を見ても、しっくりこない。「これを使って、どうやったらお団子ができるの? そういえば、昔、近所のおばあちゃんがこんな付け毛を使ってたような気が?!」と返答した私に、画像を見ただけではわからないからとYoutubeでドーナツリングの使い方を学ぼうと娘は提案した。

 娘は正しかった。ドーナツリングはつけ毛ではなかった。ドーナツリングの穴に、ポニーテールを入れ、そこから髪の毛を左右引っ付けるように丸くしていくと、完璧なお団子ができる仕組みの、超便利アイテムだった。カナダ人女子の完璧なお団子の裏には、こんな優れものが隠されていたのだ。

 早速、二人して、ドーナツリングを探しに近所のお店へ。娘も私も、憧れのお団子ヘアスタイルをゲットだ!そして夫も息子も、娘の練習台にと、ここ数週間、家族全員、お団子ヘアスタイルである。

 

ドーナツリングを使えば、2年生の女の子でも、30秒もあれば、一人で完璧なお団子ヘアが可能に

 

 


■小倉マコ プロフィール
カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。www.makoogura.com

 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。