2019年7月18日 第29号

 

日本語で「スペア」というと「代わりの」という意味で使われるのをよく耳にする。スペアキーとかスペアパーツのような表現はご安心くだされ、英語でも十分通じる。 しかし英語のスペア“spare”は他の使われ方もある。“spare”“extra”“free”と同じ意味でも使われる。

Spare room「余分の部屋」

Spare time「暇な時間」

“What do you do in your spare time?” 「暇なとき何してるの」

  会話をつなげるにはもってこいの言葉だ。

 また別の例として、北米のホームレスの人たちから“Spare change?”と言われたことがあるかもしれない。これは「小銭をください」と言っているのである。(言葉がわからなくても察したかもしれないが)

 “change”は当然ながら「小銭」(この場合は複数でも“change”、だからコイン一枚と聞いているわけではない)、で“spare”“spare me”の略で、”give me”、または、“give up for me”と同じ意味がある。だから簡単に言えば“give me some change”といっているわけなのだが、“spare”という言葉を使うことで、相手の同情心、憐みの気持ちから差し出す状態を示している。

 それで“Spare change”は、正確に言うと“Can you spare me some change?”「いくらか小銭を分けてくださいませんか」という要求文となる。決して貧しい人だけが使うわけではなく、車を路上に駐車する際にパーキングメーターに入れる小銭を友達に求める際に使ってもおかしくはない。また“spare me”は、”save me”と同じ意味がある。「命だけはご勘弁を」というセリフが“Spare me”なのだ。この応用で、“Save me some food”と言えば、「わたしの分もご飯残しておいてね」という意味で使われる。

 同じく“Spare me some food”と言っても、ほぼ同じ意味になる。

 最後に、“sparing”(スペアリング)と言えば、資源やエネルギーの浪費を避けるための節約する様を表す形容語でもある。地球のスペアはないために資源をスペアリングすることにより、よりよい環境にしたいものである。

(文・イラスト 亀谷長政)

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。