マニトバ州ウィニペグから単独人力でウィニペグ湖、グレートスレーブ湖、グレートベア湖と全踏破。さらに北極海を2000キロメートル歩いて、極地冒険の聖地レゾリュートへの自力到達。冬のカナダを舞台に壮大な冒険にチャレンジしている日本人がいる。本紙でも何度か登場している、冒険家の関口裕樹さんだ。

徒歩での日本縦断をはじめ、自転車でオーストラリア大陸を一周、厳冬期のカナダ北極圏・海氷面をスキーと徒歩で踏破など、数々の過酷な冒険に挑戦してきた関口さんが挑む今回の冒険は、整備もされていない無人の氷上を歩くことから活動時期は冬期のみ。全行程は4〜5年かけて到達を目指している。

完全に人の気配がないところで、大自然を感じたいという関口さん。42日間かけて約600キロメートル歩いた、第1次遠征について話を聞いた。

(取材 西川桂子/写真提供 関口裕樹さん)

詳細はパート1、10〜11ページ

 


 

 


 

 

平成26年度外務大臣表彰授賞式

慰安婦像問題まとめ

 

 

今週の主な紙面
4月27日号 第17号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
$5クッキング…V-2
老婆のひとりごと…V-3
認知症と二人三脚…V-4
外から見る日本語…V-5
「これで貴方もワイン通?」岡井知明氏講演会…V-16
できていますか?緊急時への対策…V-17
オタワ便り…V-20
SAORIのワンポイントコーディネート術…V-27
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは4月27日号 第17号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ