今回のまるごとカナダでは、最近ニュースで話題になっているキューバにフォーカスしたいと思います。キューバと言えば、カナダの住人の間では、バケーションで有名ですよね。比較的近くて安価で行けてしまうので、毎年約120万人ものカナダ人がキューバに入国し、キューバへ訪れる外国人観光客数ではダントツ1位を保っています。私が初めてキューバに行ったのは今から10年前。きれいなビーチにカラフルな町並み、そしてフレンドリーなキューバの人たちと、すっかりこの国に魅了されてしまいました。お隣の合衆国では、外交上、この社会主義国への入国が禁止されていたこともあり、キューバに旅行できるという特権はさらに感謝すべきものでした。

 そして昨年7月、合衆国とキューバの国交が回復しました。1961年の断交から54年ぶりの国交再開となります。2月に訪れた首都のハバナでは、町のいたるところで道路やビルの工事が進んでおり、当日雇っていたキューバ人ツアーガイドさんは「この大掛かりな工事はアメリカ人観光客のためなんだ。国交回復が決まってからどこへ行っても工事だらけ」なんて話していました。キューバ側は今後増えるだろうアメリカ人旅行客を意識し、早速インフラ整備に力を入れているようです。

 先月20日にはオバマ米大統領がキューバを公式訪問し、合衆国・キューバの両国に各大使館も設置されました。国交回復は嬉しいニュースとなったもの、キューバへの旅行客ナンバー1を誇るカナダに対して、今後も引き続き親近感を保ち続けてくれるのか、それともこれからはアメリカ人優遇となってしまうのか。またこの美しい文化や町並みがアメリカナイズされることなく、従来どおりのキューバを保てるのか。物価も上がってしまうのではないだろうか。と、今後のキューバーがどう変化していくのか気になるところです。

 

キューバの首都ハバナ

(小倉マコ)


 ■ 筆者プロフィール

カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で 原作も担当。

ブログ  http://makoogura.blog.fc2.com/

System.String[]

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。