冬も本番のここオタワ。今年の冬は珍しく暖かいね〜なんて言っていたところ、今月の16日には、なんと1日に51センチもの大雪に見舞われ、記録的な積雪となりました。ふだんはバスで30分もあれば職場から家に帰れてしまう人たちが、5時間もかかったという話を聞いたほどです。

 バンクーバーもすっかり雨、雨、雨の毎日ですね。東海岸は雪、西海岸は雨と、カナダの冬はどこにいてもこの時期、厳しいものがあります。冬はどうしても苦手と言う人は、決して少なくはなく、Snowbirdという言葉が存在するほどです。ご存知の方も多いと思いますが、Snowbirdとは、毎年冬になると、寒さしのぎ(あるいは雨しのぎ)に、天候に恵まれた合衆国南部や中米に数カ月ほど滞在する定年退職者のことを一般的に指します。

 バンクーバーからですとアリゾナやカリフォルニア、またメキシコやハワイが人気ですね。そしてこちらオタワやモントリールまたトロントからは、フロリダが行きやすいようです。特にフロリダでは町を歩いていると、寒さをしのぐケベコワたちの影響でフランス語が頻繁に飛び交っており、テレビをつければフランス語放送まで流れているとか! カナダフェスティバルと呼ばれる、ケベック文化を紹介するお祭りも毎年この時期に行われているんですね。

 定年退職するにはまだまだ早い私の年代では、今の時期、フロリダをはじめキューバやドミニカ、メキシコといったオール・インクルーシブ旅行に1週間ほど行く家庭が主流となっています。こちらはショートステイなので一時期的なSnowbirdといったところでしょうか。   

 

 旅行客の60%がカナダ人だと言われているキューバのバラデロビーチ

(小倉マコ)


 ■ 筆者プロフィール

カナダ在住ライター。新聞記者を始め、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で 原作も担当。

ブログ  http://makoogura.blog.fc2.com/

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。