2019年6月6日 第23号

 カナダの家族に見守られ、サポートされての出産、今まで生まれてきて一度も体験したことのない“家族付き合い、家族愛”を学んだ。それは、核家族で育った私にとって、とても新鮮だった。

 予定日は5月中旬、ベイビーシャワーは、その1か月前なら問題ないだろうとお母さんは考えてくれていた。でも、その日は突然やって来た。ベイビーシャワーの前日の朝方、寝ていると急にパシャっと音がして、おしっこを漏らしたみたいにパンツがぬれていた。私はマタニティー雑誌で勉強していたから、これがすぐに破水なのが分かった。私は、びっくりして、ダダさんを起こし、すぐにドクターに電話した。すると陣痛の有無をまず聞かれ、全く陣痛がなかった私に、急がなくてもいいから、朝になったら病院に行って、抗生物質をうって、様子を見ようといわれた。私は、怖くてたまらなかった。朝になると私はすぐに病院へ、抗生物質を打たれたんだけど、陣痛が全くないから家に帰るように言われた。それで、お母さんに破水をしたから、今日のベイビーシャワーは行きたくないと伝えたんだけど、彼女は『じゃあベイビーシャワーできるわね!』とびっくりする答え。私は内心、こんな状況でパーティーなんて楽しめないと思った。でもそんな私の事を見ていたお母さんは、『心配なのはわかるけど、まだ出産の時期じゃない、どうせ陣痛が来るのを待たなければいけないのだから、一人で家でいるより、私たちと一緒にいた方がよっぽど心強いでしょ』と言ってくれた。それを聞いて、私はそれもそうだなと思った。というわけで、予想もしなかった私の出産のスタートはこんな感じで始まった。

 パーティーでは、沢山の家族とその友人たちに囲まれ、破水についてみんなでびっくりしたり、笑ったりと楽しい時間を過ごした。本当にお母さんの言ったことは間違いなかった、こうやって陣痛を待った方が全然良かった。そしてこのパーティーがあったからこそ、赤ちゃんの為の全ての物もその日にそろった。

 3週間も予定より早かったが、母になる覚悟をこの日に決めた私、事前にマタニティーグループの看護師さんに、お産の補助のサービスを頼んでいたし、日本の母には産後の手伝いを頼んでいたから、早速連絡を入れた。そして、ベイビーシャワーのその夜、陣痛が強くなった。病院にすぐに行ったけど、子宮口が全然開いてなくて、また家に帰らされる。でもその日の明け方には、陣痛がさらにきつくなってきて、また病院に行った。病院につくと、破水から2日目という事で、とうとう陣痛促進剤の投与になった。自然分娩をずっと希望していた私だったんだけど、この陣痛促進剤を打たれた後は、強烈な痛みが次から次に押しかけてきて、とにかく痛い。この頃には日本人の看護師さんが病院に来てくれて、マッサージを始めてくれた。ちなみにカナダでは、こんなきめの細かい日本の看護師さんのマッサージなどの素晴らしいサービスなど全くない。

 私は、死ぬかと思うくらいの痛みがどんどんくる中、だんだんもう英語が頭の中に入ってこなくなった。もう何を言われても、訳が分からない状態で、ダダさんもそばにはいてくれたけど、触られるとめちゃめちゃイラつくし、私は、はっきり言って極限状態。日本語での看護師さんの励ましと圧力をかけた腰へのマッサージが唯一の助けだった。

 破水から2日目、陣痛促進剤もガンガン入り、私はひたすら痛みに耐え続けたんだけど、子宮口はいつまでたっても3㎝。我慢の限界にきていた私は、エピドロという麻酔をしてもらうことにした。しかもこの麻酔技師ったら、何回も失敗して、針をプスプス私の背中に打ちやがる!疲労と痛みのせいで神経ピリピリだった私は、切れる寸前。めちゃめちゃ痛いのをひたすら我慢した。丸々1日、陣痛に苦しんだ私の体力は限界状態、だから麻酔をしてもらった後は私は爆睡したらしい。

 

ヘルシーライフスタイルワークショップのお知らせ
6月18日7時より Twist wellness centre Port Coquitlam にて開催。
健康食品サンプルもあり、続けられる健康的な食生活のアイデアを学んでいただけます。
参加希望の場合は、ドナルド涼子までご連絡ください。604-889-4729

 

 


作者プロフィール ドナルド涼子

BCRPA Supervisor of Group fitness & Yoga ,Personal trainer, Older Adult, 200H Yoga Teacher

47歳、愛知県出身、1999年に結婚を機にカナダに移住、34歳の時にフィットネスインストラクターの道に進むとすぐ、女性に人気のカリスマインストラクターへ成長する。2016年ベストインストラクター賞を受賞。43歳の時に、アマチュアボディービルのビキニコンペティションを趣味として始め、地区、州大会にて優勝、上位入賞経験あり、現在次の全国大会に向けてトレーニング中。また、フィットネスプロフェッショナルへの講習活動、地域の学校でのヨガ、フィットネス指導、老略男女問わず、心と体の健康と幸せの為の活動を行っています。また、近年マスメディアにも出演、読売テレビ、グッと地球便、Nikkei TV Chipapa など。こんな肩書を持つ私ですが、若かった頃は、性格ブス、デブ、ネガティブ、ずっと自分の事が大嫌いだった。そんな私には、運命を変えてくれる主人との出会いがカナダで待っていた。出会った瞬間にビビット来て、この人と結婚するってわかった私は、出会って1週間後に彼の実家に転がり込んだ?!そして、結婚、異国の地で2児の母になる。気が付けば20年、今の私は心から幸せ、自分大好き。私がどうやって幸せをつかんだのか、私の経験をお話ししながら皆さんに伝えたいと思います。私の目的はただ一つ、あなたにも“幸せ“になってもらう事。 パーソナル、グループトレーニングやヨガのご質問は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. 604-889-4729 まで、または Instagram : befitfirmfab 、 facebook : Ryoko Donald

 

 

 

 

今週の主な紙面
6月13日号 第24号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
投稿「ギリシャ旅行記」…V-2
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは6月13日号 第24号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ