2019年5月9日 第19号

 結婚後、すぐに移民申請をした。でも、それがいつおりるのか、受理されるのか全然先が見えない状態。私の家族は遠い日本。そんな不安な気持ちを話し合える友人もいない。しかもダダさんとの英語でのコミュニケーションがまだちゃんとできない状態の中、私はどんどんホームシックにかかっていった。何をするにも涙が出る、ダダさんの実家に行けば楽しそうな家族を見ているだけで、ものすごく腹が立って悲しくなる。ダダさんと喧嘩をすれば、行き場に困り、泣きながら真夜中にはだしで飛び出す。ダダさんの友人が遊びに来ると部屋に隠れて、みんなに自分の悪口を言われているような被害妄想を抱く。時々自分は、頭がおかしくなったんじゃないかと思う時もあったり、苦しくて、自分を傷つけたい激しい衝動にかられたり…。きっとあの頃私はちょっとノイローゼ気味だったんだと思う。5年間どんなに苦しくても、我慢すると決めていた私だったけど、現実問題はすごくきびしかった。すべては自分で決めたことだからしょうがないんだけど、でもやっぱりあの頃は本当につらかった。相談できる人がいないのと、文化と考え方の違い、ずっと続く貧乏生活で、自分でも自分の決断が本当に間違いなかったかの自信がもてなくなっていった。弱音を吐いたら「ほら見ろ、お前の決断は間違いだった」って人に言われるのも絶対に嫌だった。

 そんな暗い所をさまよっていた私のところに、小さな天使がやってきた。私は日本ではずっと文鳥、リス、カブト虫、ひよこ、ハムスター、ウズラ、そして犬や猫を実家で飼っていた大の動物好き。ひどいホームシックに襲われて、頭がおかしくなっちゃうんじゃないかと自分でも心配になった私は、ペットを飼うことに決めた。ラブバード。名前をあくび君と決めた。なんでかというと、とってもかわいいあくびをするからという単純な理由。あー君のおかげで、私は笑顔を取り戻した。あの時は本当に、あーくんに助けられたと思う。小鳥マニアの方は知ってると思うけど、小鳥ちゃんってストーカー並みの人懐っこさでどこでもついてくる。頭もすごくいいし、すごくかわいいんだよね。でもある時、私たちが旅行で出かけた時に、人に預けた際に間違って外に逃げてしまって、あー君が行方不明に。たかが、小さな鳥、でも私にとってはかけがえのない子供のような存在。私はベッドルームに籠り、3日間ぶっ通しで泣いた。そんな私を見ていたダダさんは、もう見ていられなかったらしい。3日目の夜、小さなハスキー犬を私の目の前に置いた。私はベッドに横たわっていて、犬は部屋に入ってきた。“ちょっと怒ってるんですか?”というような顔のハスキー犬の赤ちゃんを見た瞬間、“何これ、いやだー、くさーい”と思った。あー君じゃなきゃ嫌だ。でも次の瞬間、その子はこんなにかわいいものがこの世に存在するの?というくらいの、くりくりお目目で私を必死に見つめてきて、私に乗っかってきた。もう私にはこの臭い子を返してこいなんて言えなかった。というわけで、一撃でしかも無理やり私はこのワンちゃんのかわいさにメロメロになった。この日から、生後2カ月のハスキー犬の“アイス君”が私たちの家族の一員になった。ちなみに、なんでアイス君かというと、彼のお目目がアイスブルーだったから。悲しみのど真ん中にいた私は、今度はアイス君に救われた。

 後日談で、ダダさんに「どうしてアイス君に決めたの?」と聞くと、最初はもちろんラブバードを買いに行ったんだけど、その時ラブバードは売ってなかった。それで以前、私が柴犬が好きと言っているのを覚えていたから、その時に売られていたハスキー犬を見て、ちょっと柴犬みたいだからという理由だけで即買いしたらしい。しかも、「いくらだったの?」と聞くと、ちょっと困った顔をして、1200ドル。当時の私たちにとっては、それはものすごい大金。「どうやって払ったの?」と聞くと、友達に頭金を借りて、とにかくアイス君を連れて帰りたかったから後は分割払いだって。私はびっくりしたのと同時に、でも私のことをダダさんは何とか励ましたかったのかと思うと正直感謝する気持ちにもなった。私がへこむとダダさんへこむ、そう、私とダダさん以心伝心、一心同体なんだよね。

 

 


作者プロフィール ドナルド涼子

BCRPA Supervisor of Group fitness & Yoga ,Personal trainer, Older Adult, 200H Yoga Teacher

47歳、愛知県出身、1999年に結婚を機にカナダに移住、34歳の時にフィットネスインストラクターの道に進むとすぐ、女性に人気のカリスマインストラクターへ成長する。2016年ベストインストラクター賞を受賞。43歳の時に、アマチュアボディービルのビキニコンペティションを趣味として始め、地区、州大会にて優勝、上位入賞経験あり、現在次の全国大会に向けてトレーニング中。また、フィットネスプロフェッショナルへの講習活動、地域の学校でのヨガ、フィットネス指導、老略男女問わず、心と体の健康と幸せの為の活動を行っています。また、近年マスメディアにも出演、読売テレビ、グッと地球便、Nikkei TV Chipapa など。こんな肩書を持つ私ですが、若かった頃は、性格ブス、デブ、ネガティブ、ずっと自分の事が大嫌いだった。そんな私には、運命を変えてくれる主人との出会いがカナダで待っていた。出会った瞬間にビビット来て、この人と結婚するってわかった私は、出会って1週間後に彼の実家に転がり込んだ?!そして、結婚、異国の地で2児の母になる。気が付けば20年、今の私は心から幸せ、自分大好き。私がどうやって幸せをつかんだのか、私の経験をお話ししながら皆さんに伝えたいと思います。私の目的はただ一つ、あなたにも“幸せ“になってもらう事。 パーソナル、グループトレーニングやヨガのご質問は、This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it. 604-889-4729 まで、または Instagram : befitfirmfab 、 facebook : Ryoko Donald

 

 

 

 

今週の主な紙面
8月15日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
アニメレボリューション 2019 夏…V-12~13
和歌山県 三尾の語り部ジュニア…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月15日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ