日系というアイデンティティのために何をしてきたのか、また、日系アメリカ人の観点から日本のアメリカでのビジネスをどうみるかなど、シアトルで話を聞いた。

シアトルには Seattle Keiro(シアトル敬老)と Nikkei Manor(日系マナー)という2つの日系の高齢者の施設がありますが、やはり食べ物などの点から、日系人のためのホームが必要だったのでしょうか。

モリグチ

この老人ホームは日系コンサーンズが作ったもので、最初は1世のための1世コンサーンズでした。かつて1世がまだ健在だったころ、よく集まっては「自分たちのための老人ホームがあったらいいな」という意見がありました。
むかしの宇和島屋のお客さんを見ても分かりますが、1世のなかには独身で家族がない人も結構いました。苦労した人が多かったのです。ですから、彼らのためのホームをつくってあげたいという気持ちもありました。
また、2世の医者や現地の仏教界などからもこうした意見があって、あるとき老人ホームが売りに出ていることが分かり、よしそれならと私たち2世が中心になって7〜8人で50万ドルを集めてつくることにしました。

日系コミュニティのために邦字紙を残す

モリグチさんは、シアトルで歴史ある邦人紙、北米報知紙の発行人でもありますね。戦前から続くこの新聞をどうして引き受けることになったのですか。

モリグチ

父親の親戚で窪田竹光さんというシアトルで大成功した人がいます。彼はお花やお茶の普及とともに新聞ビジネスにもかかわっていました。しかし経営は厳しく、後継者を探していたので17人でインベストメント(投資)して北米報知を買いました。
1988年ごろでしたが、それまでは日本語だけの紙面でときどき英語が入るだけでしたが、英語版も入れるということだったので、将来を考えて引き受けました。また、窪田さんとの関係で、裏千家(茶道)のシアトルの会長も引き受けることになりました。

日系人としてはやはり活字文化は残さないといけないと考えたのですか。

モリグチ

やはりコミュニティとして残さなければならない。アメリカの邦人紙はどんどんなくなっていっていま残っている主なものは、ハワイとロサンゼルスくらいですね。
サンフランシスコでは、日米タイムズと北米毎日新聞が近年相次いで廃刊しました。あれはもったいなかった。どうして相談してくれなかったのかと思いました。惜しいね。カナダのバンクーバーにはバンクーバー新報がありますね。
新聞など日系の文化は、最初は1世のため、次は2世のため、というように新しい世代のために残しておかなければならない。若い人もそう考えているようです。

北米報知のほかに、このほど新たに他社が発行していたソイソース(Soy Source)というフリーペーパーを引き受けることにした狙いはなんですか。

モリグチ

北米報知だけでなくソイソースも合わせれば、発行部数の点で広告の効果があるのではないか。ハワイ、ロスなどで出ているフリーペーパーを見ると、日本の会社が広告を出しているし、まだチャンスがあるのではないかと考えました。
いい例があります。今度新たにシアトルと成田を飛ぶことになったANA(全日空)が広告を出してくれることになりました。
シアトルはマイクロソフトもあるし、エコノミーがアジアに向けに少し伸びているから、飛ぶことになったのでしょう。かつてはJALがシアトル〜成田間を飛んでいましたが、1週間に2〜3度でそのうち撤退しました。商売人に向けるには毎日飛ばないと意味がないですからね。

日系人と積極的に交わらない日本のビジネスマン

ところで、日本の社会は日系人をどんなふうに見ていたのでしょうか。いままでの経験から感想を聞かせてください。

モリグチ

以前僕らはよく日本では「移民の子」と言われたりしましたし、オヤジが日本を出たのは、日本で成功できなかったからだと言われたりしました。また、日本の銀行に行っても相手にしてくれないことがありました。ブラジルからの日系人が日本で多く働いていますが、あまり大事にしてあげないように見えますね。

以前、モリグチさんは日本からアメリカに来てビジネスをする人は、もっと日系人と交流したらどうかと言われましたね。

モリグチ

そうです。もっと日系人と交流してアドバイスを受け入れたりすればいいと思いますが実際はそうではない。
何百、何千と日本からビジネスでシアトルに来る人がいますが、2世、3世に近づいて交際して、アドバイスをもらう人はごくわずかです。それが日本の弱いところでしょう。
ただ、ソニーの盛田昭夫さん(ソニーの創業者、故人)は違いましたね。アメリカで2世の友だちをこさえたりしていました。それから紀伊國屋書店の亡くなった松原会長(松原治、元紀伊國屋書店名誉会長)は、いろいろアドバイスを外部から聞いていました。
彼は日系2世の財務担当者を雇っていました。あるときサンフランシスコで不動産を買うときに、この部下に相談したところ、持ちかけられた値段の実際は3分の1くらいの価値しかないことが分かり、それで交渉して買ったらしいです。ずいぶん節約できましたよ。
反対に、日本の大企業が以前ゴルフコースを買ったとき(バブル期にカリフォルニアのペブルビーチを買収した)などは、こっちの経済人はなんであんな高い値段で買うのかなって、みんな笑ってましたね。地元の人のアドバイスを聞けば分かるのにね。

日本人からアメリカ人になっていく不思議さ

明治時代から多くの日本人が移民として海外に出ましたが、同じ頃日本の地方から多くの人が東京などの都市に出ていきました。たまたま向かった先が国内か海外という違いが、後の世代にとっては非常に大きな違いになりますね。

モリグチ

最初にひとつ違うのは、アメリカに来た人は、いつかお金を儲けて日本に帰ろうと思っていたのがほとんどでしょう。でも、目的地が東京だったら田舎に帰らないのでは。私の父親の富士松も当初は日本に帰る予定でした。
彼は長男だったし少しは土地も持っていたから、長いことずっとそう思っていたはずです。しかし、亡くなる1年前に孫ができました。すると驚いたことにこちらで墓を買いました。そして市民権を取って、さらに妹の娘に土地をあげたんですね。以前から考えていたんでしょうが、孫ができたのはグッドエクスキューズ(いい言い訳)だった。

先ほどの話に戻れば、故郷を離れた人の移住先が日本国内かアメリカかでは、その次の世代が日本人であり続けるのか、アメリカ人になっていくのかという大きな違いが生じるわけです。そういう不思議さを考えたことはありますか。

モリグチ

確かに不思議ですね。もし私の親父が(故郷の愛媛県を出て)アメリカではなく東京に行っていたら、僕も毎年お盆なんかは四国に行ったんだろうね(笑)

2世のなかには日本に行ったこともないという人がけっこういるようですが、自分たちのルーツには興味はないのでしょうか。

モリグチ

日本に行っていない人が多いですね。2世はルーツに対する興味はそれほどなかった。戦争が終わって日本との関係を持ちたくないという複雑な気持ちがあったんでしょう。僕の友だちの2世は日本語をあまり話さなかった。1世とはほとんどコミュニケーションができなかった。
戦争が終わっていやいや帰った人もいますが、みんな苦労しています。成功して帰った人もいるけれど、帰って何もなくて辛い思いをした人が多かったです。

数は減っても留学生はみな優秀です

日本はこのところ混乱しているし、元気がないように見えるでしょうか。日本からの留学生も減っていますね。

モリグチ

確かに考え方が縮んでいるように見えます。でも留学生は数は減っているかもしれませんが、来ている人はみな優秀です。北米報知で活動するインターンの若い人をみても頭もいい。昔のインターンは仕事をしたくないという人もいましたが、いまはみんなポジティブでまじめです。将来は明るいでしょう。

最後にアメリカのいいところはどんなところでしょう。

モリグチ

日本は会社に入っても、出身学校などでまとまったりするけれど、アメリカはどこから来てもすぐに人と人が交わる。アメリカ人は興味が一緒だとすぐに話ができる。お金を持っているとかどこの学校へ行ったとかはあまり関係ないですね。
「僕は大学へは行っていないんだ」、なんてみんな平気で話す。パーソナルインタレストが同じなら話ができる。日本人はそういう点まだ遠慮があるんじゃないですか。飛行機なんか乗ると、アメリカ人は10分もすると、隣の人が「どこから来たの?」とか話しかけてくるけれど、日本人は3時間乗ってても何も話ができない、なんていうことがありますね」(笑)

 

(記事提供 JB PRESS 世界の中の日本 取材 川井龍介)
JB PRESS ウェブサイトhttp://jbpress.ismedia.jp

 

トミオ・モリグチ(森口富雄)

宇和島屋取締役会長。シアトル出身の日系2世。1961年ワシントン大学機械工学科卒。父親の富士松氏は愛媛県八幡浜町(現八幡浜市)からワシントン州タコマへ移民、日本食品を扱う店を開く。そのあとを継いで62年から宇和島屋の経営に関わる。邦字紙、北米報知の発行人をはじめ、日系コンサーンズ理事、全米日系人博物館理事、アメリカ国家に貢献した日系アメリカ人の歴史を語り継ぐ National Japanese American Memorial Foundation の理事などを務める。長年にわたりシアトル社会で数多くの事業チャリティーやボランティア活動で表彰を受ける。妻は中国出身。日系人の前妻の間に1男1女と3人の孫がいる。2005年には日本政府から対日理解促進と日系福祉向上の功績で旭日小綬章を受章。

 

今週の主な紙面
11月14日号 第46号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
隣組バザー、今年も大盛況!!…V-2
MOVIES TIME OUT…V-14
Japanese Breeze Noren from Katsuyama…V-16
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4

詳しくは11月14日号 第46号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ