Birds Of Prey • Gretel & Hansel • Ride Your Wave


 

Birds Of Prey

マーゴット・ロビー(中央)2020 ©Warner Bros. Pictures 

カラフルな女性スーパーヒーロー映画

原作は同名タイトルの漫画で、監督はキャシー・ヤン、主演はマーゴット・ロビー。『スーサイド・スクワッド』の続編で、その後のハーレイ・クイン(ロビー)を追う。ある日、ハーレイは一人の女の子、カサンドラ・ケイン(エラ・ジェイ・バスコ)と出会う。彼女は大物犯罪者ローマン・シオニスことブラックマスク(ユアン・マクレガー)から命を狙われていた。自由を愛し正義感の強いハーレイは、ハントレス、ブラックキャナリー、レニー・モントーヤたちと一緒にカサンドラを守るための戦いに挑む。撮影はカリフォルニア州ロサンゼルスで行われた。

14A 1:49 hr

上映:Scotiabank Theatre, Fifth Avenue Cinemas (19+), Cineplex Cinemas Marine Gateway and VIP, Cineplex Odeon Park & Tilford, Cineplex Cinemas Park Royal and VIP, Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Strawberry Hill, Cineplex Cinemas Langley

 


 

Gretel & Hansel

主演のソフィア・リリス 2020 ©United Artists Releasing

姉グレーテルに振り回される弟ヘンゼル 

オズ・パーキンス監督によるファンタジー映画で、主演はソフィア・リリス。原作はグリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』で、舞台は中世のヨーロッパ。16歳のグレーテル(リリス)は8歳の弟ヘンゼル(サム・リーキー)を連れて食べ物を採りに森奥へ行くが、道に迷ってしまう。二人は空腹になり、お菓子の家を見つける。家主のホルダ(アリス・クリーグ)は一見優しそうだったが、実は恐ろしい魔女だった。グレーテルは偶然通りがかったハンター(チャールズ・ババロラ)の手を借りて逃げようとするが…。パーキンス監督版では、グレーテルの過剰な愛情がヘンゼルの成長を妨げ得るということが描かれているそうだ。

14A 1:27 hr

上映:Scotiabank Theatre, Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Langley

 


 

日本アニメ限定上映
Ride Your Wave (きみと、波にのれたら)

Ride Your Wave 2019 ©Toho

湘南の海、海岸ドライブ、そしてサーフィン 

アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを受賞したファンタジー作品で、監督は『劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ』で有名な湯浅政明監督。したたかに生きる人が多い世の中で、純粋な主人公を波に乗せたいという監督の「サーフィンの後にオムライス」というノスタルジック映画は見逃せない。向水ひな子(声:川栄李奈)は幼少期を海辺の町で過ごしたサーフィン・ガール。ある日、消防士の港(みなと、声と歌:GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太)と出会いすっかり恋に落ちてしまう。だがサーフィン中、水難者を助けようとして命を落とした港。悲しみでサーフィンを避けるひな子を守るために港が再び戻ってくる…。スパークアニメ映画祭を見逃した人は必見。日本語に英語の字幕付き。

G 1:55 hr

上映:2月19日(水)&  2月23日(日、一部のみ)
Cineplex Odeon International Village(両日), Cineplex Odeon Park & Tilford(両日), Cineplex Cinemas Metropolis, Cineplex Cinemas Coquitlam and VIP, SilverCity Riverport, Cineplex Cinemas Langley (両日)

 

(文 ジェナ・パーク)

 

映画 年齢制限
PG 保護者の同伴が望ましい。
PG-13 13歳未満は保護者の 注意や指導が望ましい。
14A 14歳以下は保護者の 同伴が必要。
18A 18歳以下は保護者の 同伴が必要。
19+ 19歳以上のみ。
G 制限なし。
STC 年齢制限未設定 

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発いたしております。

2020年7月1日より公開されました新バンクーバー新報サイトは以下となります。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。

https://www.vancouvershinpo.ca/