2018年6月7日 第23号

ブリティッシュ・コロンビア州の中でも最も美しい景色の一つといわれているジョフリーレイクス。ロウワー、ミッド、アッパーの3つの湖の美しさは、まるで森の神様からの贈り物。約5キロに及ぶハイキングコースがある。ハイキング開始すぐはロウワーレイクで気分を一気に上昇、そこから淡々とハードな上り坂が待ち構えているが、ミッドレイクに到着すれば、息を飲むような絶景。そしてマイナスイオンをたっぷり味わえる滝を通過し、ついにフィナーレ、アッパーレイクに到着。そこにはこれまで見たこともない、美しいブルーの湖が広がっているのだ。

バンクーバーから3時間半ほどで行けるこの神秘的なスポット。この夏、ぜひジョフリーレイクスに行ってみよう! 憧れのジョフリーレイクスへの行き方、注意点、ノウハウなどをたっぷりとご紹介します!

 

一番上にある、森からの贈り物。ブルーの宝石アッパーレイク

 

ジョフリーレイクスへの行き方

 バンクーバーからウィスラーに向かうSea to Sky Highway99号線を北上。ウィスラーを通過して、さらに運転すること40分ほどで、ペンバートンという田舎町へ到着。そこからさらに7キロほど走るとマウントカーリーというインディアンが住む集落に入る。小さな木造教会を通り過ぎたところでリルエット方面に右折しよう。99号線をそのまま走り、坂を上がること23キロ。右側にジョフリーレイクス・プロビンシャルパークの駐車場がある。

 サマーシーズンはハイキング入り口エリアの駐車場がすぐに満車になる。そんなときは、その手前のエリア(徒歩5分ほどのところ)にも駐車場があるので、そこを利用しよう。路上駐車は禁止なので、必ず指定された駐車場に停めること。

 駐車場スペースを探さないためにも、またなるべく空いている山をハイキングするためにも、できるだけ朝早く行くことをオススメしたい。筆者は昨年、混んでいるサマーシーズンに訪れたが、午前9時半頃に到着して近くの駐車場に停めることができた。 

 

徒歩5分で到着!ロウワーレイク

 さあ、ジョフリーレイクスのハイキングへ!歩き出して5分ほどで、息を飲むような美しい湖が見えて来る。まるで絵画のような世界だ。ここは、ジョフリーレイクス最初の湖、ロウワーレイク。誰でもアクセスしやすい湖なので、多くの人が記念撮影をしている。小さなお子さんや、登山が苦手な年配の方などは、ここだけでもいいかも。湖の近くにいるだけで、いい気分が味わえるだろう。

 

ミッドレイクまでは本格的なハイキングコース

 ロウワーレイクで気分が上がった後は、いよいよ本格的なハイキング開始。次の目的地ミッドレイクまでは3.8キロの距離、およそ1時間半ほどかかる。しかも、途中にかなり急勾配の箇所もあり手強い。ちなみに登山ブックには中級と掲載してあるが、このミッドまでが一番大変。途中の岩場では、かなり大きな一歩を要求されるステップ箇所もあるので、まさに頑張りどころ。水分補給はマメにしよう。歩きやすい登山靴や運動靴を履いていくといいだろう。雨が降った翌日には登山道がぬかるんでしまうこともあるが、できることなら乾いた道を歩きたいもの。天気予報とにらめっこして行く日を決めよう。

 ちょっとキツいハイキングだが、途中のファイヤーウィード、スワンプローレル、マッシュマリーゴールドというかわいい花があなたを応援してくれるだろう。また、湧き水が出ているところもあるので、汗をかいた後に顔を洗うと気持ちいい。クリークを横目で見ながらハイキングできるエリアもあり、比較的涼しい風を受けながら気持ち良く登れるだろう。

 勾配がゆるくなって来ると、それはいよいよミッドレイクに近づいているサインだ。

 ミッドレイクには、ガイドブックなどにもよく載っている光景が!静まり返った湖に倒れた木がぽっかりと浮かんでいる。度胸がある人は綱渡りのように倒れた木をたどって、湖の中心の方まで歩いてみよう。

 ここでは水着を着た若者が飛び込むシーンもよく見かける。湖はきれいだけど、もの凄く冷たいので、泳ぐには相当の覚悟が必要だ。

 

ミッドレイクからアッパーレイクは楽しいハイキング

 ミッドレイクで元気なエネルギーをもらった後は、いざ最終目的地のアッパーレイクへ。残り1.2キロのハイキングは、比較的楽なコースだ。約20分ほどかかるが、歩きやすく景色も良いので時間を感じない。しかも途中、水しぶきを浴びるほど近づける滝もある。ここに来ると、たっぷりマイナスイオンを浴びているようで気持ちいい。再び力を蓄えてから、フィナーレに向かって歩み出そう。

 アッパーレイクに近づくと、キャンプ場なども見えてくる。ぜひいつか、ここでテントを張って、美しい日の出を見てみたいものだ。ちなみにキャンプ場を利用する人は、早いもの勝ち! スポットは26カ所と限られている。早朝か、下山者が多い夕方付近に上がらないと、キャンプ・スポットは得られないだろう。

 アッパーレイクに到着すると、雄大な景色を見ながら何人かの登山者がスナックやランチを食べている姿を見かけるだろう。そう、ここでランチをすると気持ちいいので、ぜひサンドイッチやおにぎりなどを持って行くことをオススメしたい。登山の疲れを癒してくれるだろう。

 気のせいか、アッパーレイクは、ここまで通過した2つの湖よりもさらに青く見える。 きっと氷河の解けた雪が、ブルーの世界を演出してくれるのだろう。あまりの景色の美しさに、時間が経つのも忘れるほど。

 ぜひ一度は訪れたい素晴らしいジョフリーレイクス。この記事を参考に出かけてみよう!          

※ 以下、Joffre Lakes Provincial Parkインフォメーション・ホームページ。
http://www.env.gov.bc.ca/bcparks/explore/parkpgs/joffre_lks/   

(取材・写真:飯田房貴)

 

ハイキング早々、突然現れる絶景に驚かされる

 

かなり勾配が急なスポットもあるので、ちょっと本気を出してハイキングする覚悟で!

 

かわいい花もあなたのハイキングを応援!

 

この木のところは記念撮影スポット! どこまで歩けるかな

 

もの凄い勢いで流れる滝のそばに近づくと、涼しくて癒される

 

山の上にはキャンパーのためのトイレもある

 

 

 

今週の主な紙面
8月9日号 第32号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月9日号 第32号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ