Park Royal Shopping Centre

ダウンタウンからライオンズ・ゲート・ブリッジを下降してすぐ西側にある巨大ショッピングセンター『パーク・ロイヤル』。道路を挟んでNorth(北館) とSouth(南館)の2館に別れており、北館はH&MやAmerican EagleまたGuessといったアパレルが中心。南館は『大阪』として知られるT&Tスーパーマーケットやフードコート、Indigo(本屋)にFuture shop(電化製品)、宝石、玩具、アパレルなど幅広いセレクションが揃っている。
また南館の隣にはThe Villageがある。その名の通り、モールではなく、各種ショップが集合したビレッジで、Choices(食料品)やLululemon(ヨガウェア)と言った馴染みの深いお店から、オシャレなカフェ、レストラン、パブまで約40件が立ち並ぶ。

Park Royal

http://www.shopparkroyal.com

The Village at Park Royal

http://www.thevillageatparkroyal.com

 

Amblesideビーチと近郊

『パーク・ロイヤル』のすぐ前(南側)にあるのが『アンブルサイド・ビーチ』。対面岸にはスタンレーパークやキツラノ、UBCの壮大なパノラマ・ビューが!観光化されていないため、静かに散歩が楽しめるだろう。またここは子供にも人気のスポットだ。ビーチは言うまでもなく、プレイグランドも数箇所設置されている。ビーチへはパーク・ロイヤル南館に隣接するトレイルを歩いても行けるが、小さな子供がいる家庭なら、直接アンブルサイド・ビーチまで車で行くほうが便利だろう。
ちょっと小腹がすいたなら、マリンドライブ沿い(11thから19th)にあるカフェやレストランも覗いてみたい。スイーツが美味しいカフェ『Amadeo』は、店内も奥に広く、ゆっくりとした空間が心地よい。『Thai Pudpong』では家庭的なタイ料理がお手ごろ価格で楽しめるだろう。30年以上もの歴史を誇るフレンチレストラン『Chef Michel』は、フランスで修行を積んだ兄弟ミシェルとフィリップによってオープンされ、未だこよなく愛されるレストランのひとつだ。

Amadeo
1468 Marine Dr., W.Vancouver
Thai Pudpong
1474 Marine Dr., W. Vancouver
Chez Michel Restaurant
2nd floor 1373 Marine Dr., W. Vancouver

 

Cypress Mountain

冬季オリンピックで世界中から脚光を浴びた『サイプレス・マウンテン』。春から秋にかけては、やはりハイキングが人気だろう。子供から大人まで楽しめるのがYew Lake Trail。この約2キロのハイキングコースは、車椅子やストローラーでもアクセスが可能。中間地点には、鏡のように澄んだ水が、周りの木々を映し出すYew Lakeが美しい。ここにはピクニックテーブルもあるので休憩するのにちょうど良いだろう。  またトレイルの途中では、古代からの木々が誇らしく生い茂るOld Growth Forest Standがある。小さなループとなっていて、トレイルとはまた別の空間が味わえる。サイプレス・マウンテンは、ノースショア一の高さを誇る山とだけあって、早朝に行けば、夏から秋にかけては、熊に遭遇する可能性も。そんなラッキーな際は、熊たちを遠くから見守ってあげたい。

www.cypressmountain.com

 

Lighthouse Park

海岸沿いに設立されている『ライトハウス・パーク』は、1792年にジョージ・バンクーバーがその岬をポイント・アトキンソンと呼び、植民地時代に重要な役割を果たした灯台が現在もなお大切に管理されている。この公園には、数カ所のトレイルがあり、どのトレイルからもこの立派な灯台が見えるようになっている。灯台に加え、この公園の魅力は、やはりバンクーバーで最も大きいと思われるモミの木々や、その他、日本ではなかなかお目にかかれない巨大な針葉樹林だろう。散歩するたびに神聖な気分にさせられるのも、何千年もの歴史を誇る木々に囲まれているからなのかもしれない。またトレイルの途中にある展望台からは、太平洋越しにまっすぐに伸びた水平線や、How Soundにぷかぷかと浮かぶ島々が美しく、息を呑むほどだ。  ただ気をつけたいのは、トレイルが海岸沿いにあるので濡れていて滑りやすくなっていたり、また岩がゴロゴロして歩きにくい場所もあるので、ハイキングシューズは必ず忘れずに。

 

食を楽しむ

 

Salmon House

ハイウェイ1からexit 10 (21st street & Folkestone Way)を下りてすぐの丘陵に、バンクーバーのパラレル・ビューを、美味しい食事と共に、贅沢に楽しめる『サーモンハウス』が聳え立つ。  ここは、ローカルの間では言うまでもなく、日本人観光客の間でも有名だ。BC州産の素材を中心に使った新鮮な料理は何を食べても美味しい。レストランの名前からも想像できる通り、サーモンやその他シーフードをふんだんに使ったディッシュが目立つ。誕生日や記念日など特別な日に是非、行ってみたい。

2229 Folkestone Way, W.Vancouver 604-926-3212

 

Fraîche

ブリティッシュ・プロパティーのUpperサイドに位置する『フレッシュ』。入ってすぐに、かの有名なハイダ・アーティストのロバート・デイビットソンによる壮大なサメの彫刻に目を奪われる。モダンなレストランの中は、比較的小さいものの、右手にはガラス越しにシェフたちの姿が、そして目の前は美しいバンクーバーの景色が堪能できる。10時オープンの日曜ブランチは住民の間で人気で、サービスも良く、週末の朝を迎えるには最適だろう。  ハイウェイ1からexit 10 (21st street & Folkestone Way)を下りてサーモンハウスよりさらに上へ、住宅街にぽつんと現れるだけに、行く際は、地図で確認しておきたい。

2240 Chippendale Rd., W.Vancouver 604-925-7595

 

今週の主な紙面
8月15日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
アニメレボリューション 2019 夏…V-12~13
和歌山県 三尾の語り部ジュニア…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
ヨガと健康…V-21
CLASSIFIED…V-19~22
求人情報…V-4~5

詳しくは8月15日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ