2017年7月6日 第27号

建国150周年を祝う第9回カナダデー・パレードが2日、バンクーバーダウンタウンで開催された。沿道には35万人以上(主催者発表)の観衆が集まり、カナダ国旗を手にして盛んな声援を送った。

 

バンクーバー音頭(写真提供 由起子オンリーさん)

 

 パレードは午後5時に、ジョージアストリートとブラウトンストリートの交差点を出発。ウェストペンダーストリートとバラードストリートの交差点までの約1.6キロを、多国籍の63団体が行進。約3600人の参加者は世界各国の鮮やかな民族衣装を身につけ、踊りや楽器の演奏などを披露した。  

 

 日本のグループは24番目に「晩香坡櫻會」、48番目に「晩香坡神輿の会・楽一」、62番目に「バンクーバー音頭」が出場した。

 約270人が参加したバンクーバー音頭。大型トラックの荷台にやぐらを組み、そこに岡井朝子在バンクーバー日本国総領事やカナダ三宅太鼓会のメンバーらが同乗した。代表の平野弥生さんは「今年は全体の流れがゆっくりしていたので、皆さん踊りやすかったようです。『ハイハイ、ソレソレ』のかけ声もよく出ていました。一緒に踊った人たちや、沿道の皆さんの良い思い出になればうれしいです」と感想を述べた。

 2年ぶりに参加した晩香坡神輿の会・楽一は、約100人のメンバーが集まった。山本実代表は「たくさんの担ぎ手に集まっていただき日本からの参加もあって、大盛況のうちに終わることができました。これからも、カナダに日本の文化を広めていきたいと思います」と抱負を語った。 

 初参加の晩香坡櫻會も約100人で行進した。広報担当の平鍋まどかさんは「私たちの相州神輿には鐶や鈴が付いていて、『ヨイ ヨイトー』という掛け声と、甚句を歌いながら担ぎました。子どもたちにはうちわを持って神輿の周りを練り歩いてもらい、沿道の皆さんにも一緒に盛り上がってもらえました」と肩の痛さも忘れる楽しい時間だったという。先導のピックアップトラックを貸与提供したKingGeorge Nissan/Midway Mazdaの福島竜さんも「参加者も、見ている方たちも、皆さんに楽しんでもらうのが一番です」とエールを送っていた。

 沿道でパレードを見ていた人たちは、最後のグループが通過したあと列に続いて踊ったり写真を撮り合うなどして、カナダ建国150周年を祝っていた。  

 

観衆の声

 4月からバンクーバーにやって来た留学生の新免美月さんは「移民の国だからこそできるイベントだと思いました。建国150周年を国をあげて祝う様子は素敵ですね」と初めてのパレードに感動したという。  同じく留学生の西村晶子さんは「世界各国の衣装や踊りなどをパレードで見て、改めて日本の美しさやアジアの良さも実感できました」。  ワーキングホリデーで来た喜多川和咲さんは「建国の歴史は浅いのに、移民国家として、しっかり成り立っているのが不思議な感じです」と驚きの様子だった。

(取材 古川 透)

 

沿道にはおおぜいの観衆が集まった

 

岡井朝子在バンクーバー日本国総領事(右)と平野弥生さん

 

建国150周年の横断幕も行進

 

晩香坡櫻會の参加者たち

 

バンクーバー音頭を踊る参加者たち

 

沿道の観衆に近寄る獅子舞

 

子どもたちも参加

 

民族衣装で踊る

 

シャボン玉の演出も

 

大型バイクで行進

 

晩香坡神輿の会・楽一の参加者たち

 

思いを込めたプラカードも

 

列を作って踊る

 

スターウォーズのコスチュームで行進

 

 

今週の主な紙面
9月21日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
こだわりのお弁当作り ~お弁当で日本とカナダを表現〜…V-11
メープルロード「VIFF バンクーバー国際映画祭2017日本映画特集」…V-12,13
MOVIES TIME OUT…V-13
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-18~22
求人情報…V-10

詳しくは9月21日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ