2019年9月5日 第36号

 レーバーデー・ロングウィークエンドの二日間で行われた日系祭り初日の8月31日、粛々と高円宮妃久子さまご臨席のもと始まったオープニングセレモニー。

 

威勢良く担がれた本神輿

 

 続いて会場内最大の注目イベントであるバンクーバー神輿の会「楽一」による神輿担ぎが行われた。

 楽一によるお囃子の演奏がお祭りの始まりを知らせるかのように高らかに櫓(やぐら)の上で鳴り響くと、獅子舞にヒョットコ、おかめが一緒になってその場を例年よりも盛り上げていた。

 祝詞が厳かに取り仕切られた後、先陣を切ったのは、グラッドストーン日本語学校をはじめとする子供達による手作りの御神輿が、獅子舞達を引き連れて威勢よく櫓周辺を練り歩く。

 続いたのは楽一による、元気いっぱい子供神輿とGirl's神輿。

 盛り上がりが最高潮になろうかとした時、数多くの多国籍な担ぎ手による壮観な本神輿が威勢よく登場し、令和最初の日系祭りは最高潮に盛り上がった。

(記事提供 バンクーバー神輿の会 楽一)

 

獅子舞と手作り御神輿

 

高円宮妃久子さまと御神輿

 

元気いっぱい楽一 子供神輿

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。