現地調査に訪れた映画制作班。(左から)稲葉直人プロデューサー、脚本の奥寺佐渡子氏、美術の原田満生氏、朝日軍OBのケイ上西さん、石井裕也監督

 

 

妻夫木の役は製材所で働く日系二世で、チームではショートを守るレジー笠原。野球経験のなかった妻夫木は、約3カ月にわたるトレーニングを実施してのクランクイン。エースピッチャーのロイ永西役の亀梨和也、セカンドのケイ北本役の勝地涼、豆腐屋で働く捕手のトム三宅役の上地雄輔、サードのフランク野島役の池松壮亮はいずれも野球経験があり、吹き替えなしでのプレーと演技が注目される。
現地調査をコーディネートした記者は昨年、制作班に当地を案内した。日系博物館では石井監督が朝日軍OBのケイ上西さんから話を聞き、美術の原田満生氏がグローブやユニフォームの特徴を念入りに観察。
差別と戦いながらフェアプレー精神を貫き、日系人に誇りと勇気を与えた『バンクーバー朝日軍』の記録をもとに、奥寺佐渡子氏の脚本で稲葉直人プロデューサーの6年ごしの企画が実現となった。
栃木県足方に組んだロケ地には、当時のパウエル球場や日本人街を再現。バンクーバーでの撮影を経て4月下旬にクランクアップ予定とのこと。

 

日系博物館でユニフォームを見せる朝日軍OBのケイ上西さん(2013年撮影。現在92歳)

 

(取材 ルイーズ阿久沢)

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。