セレブシェフが出場

8回目を迎えたバンクーバー・マガジン主催の『Big Night』。入り口で参加費99ドルを払いワイングラスを渡された参加者たちは、お目当てのテーブルへと消えていった。
会場にはロブ・フィーニー、デイビッド・ホークスワース、チョコレート職人トーマス・ハースなどセレブ・シェフの姿もあり、豪華なイベントをさらに盛り上げていた。

 

『ブルー・ウォーターカフェ』ではシーフード・パエリアをシャルドネ(Devil's Lair Margaret River Chardonnay 2011)とペアリング

 

ラム肉のタルタル

『カクタスクラブ・カフェ』ではオックステールとフォアグラ入りのアグノロッティと濃厚な赤ワイン(Thorn-Clarke Shotfire Quartage 2010)、タイ料理の『メナム』では辛さと酸味がたまらないムール貝のココナッツカレーを甘めのリースリング(Dr. Pauly Bergweiler Riesling 2012)とペアリング。
美食家として知られる赤堀正明氏は「初めてラム肉のタルタルをいただきましたが、とてもおいしいです。このレストランに行ってみたくなりました」とのこと。『ウィルド・ビースト』ではみじん切りにした生のラム肉にオリーブオイル、ハーブ、卵黄を加えてマスタードシードと玉ねぎを添え、軽めの赤ワイン(M.Lapierre Morgon 2012)とペアリングした。

 

(左から)参加者の赤堀正明氏(パンパシフィック日産サレー・リッチモンド社長&CEO)、スプリングサーモンのたたきを作った『フォレッジ』のクリス・ウィットテイカー総料理長、上遠野和彦氏(リステルカナダ社副社長)

 

オーガニックなキャビアも

リステルホテル内の『フォレッジ』ではオカナガン産ポプラーグローブのさわやかなロゼ(Poplar Grove Blanc de Noirs 2012)に合わせて、スプリングサーモンのたたきにキャビアを添えた。口の中で広がるなめらかな味に、バンクーバー・クリア紙のコラムニスト、フレッド・リー氏も舌鼓を打った。
このキャビアはフレーザー川のシロチョウザメを養殖して生産したオーガニック。桐島ノエルさんがおいしかったという『ホークスワース』のサンチョーク・スープにもブリオッシュとともに添えてあった。「リッチでクリーミーなスープは華やかなシャンペン(Champagne Le Musnil, Blanc de Blancs Grand Cru Brut)にぴったりだと思います」とデイビッド・ホークスワース氏。
『トーマス・ハース』のハワイアンソルトが乗ったクリームパフには、コーヒーとキャラメル風味のシェリー酒(Nutty Solera Oloroso Sherry)を。
豪華ディナーや特選ワインの抽選もあり、グラスを手にしたワイン愛好家たちの会話が絶えなかった。

 

イタリアンの『ラ・クエルチャ』ではリコッタチーズとチェリー、ピスタチオをたっぷり詰めたデザート、カンノーリにさわやかな甘さのデザートワイン(Innocent Bystander Moscato 2013)をペアリング

(取材 ルイーズ阿久沢)

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。