大いに盛り上がった新年会

 

乾杯の後の食事の間も近況の報告や活発な情報交換で大いに盛り上がっていた。そして、昨年夏から制作を始め、ようやく完成のメドに達したという建友会のホームページが紹介された。トップページは、建築に関わるさまざまなプロ集団であることをイメージさせる表現をし、『建友会』の趣旨、そして、会員紹介のページへとつづく展開。会員紹介のページは、それぞれ会員独自のホームページにリンクできるようになっており、リノベーションなど建築に関わる質問や要望にダイレクトにすばやく応えられる仕組み。建友会、そして個々の会員企業の発展には欠かせないPRツールとなりそうだ。 (http://kenyukai.ca)  この夜は新年会らしく、自己紹介も兼ねた『人間ビンゴゲーム』や『じゃんけんゲーム』で楽しんだ。
最後は、伊藤公久副会長の「建築は後世に残る仕事、それだけに、日々、技術の研鑽が欠かせない」と閉会のあいさつで締めくくった。

(取材 笹川 守)

 

建友会ホームページのトップページ

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。