2019年12月19日 第51号

 冷たい風の朝、海の上に広がる薄い雲の間に間から、春の陽光が差せば何となくホットする僕は、寒々とした海辺のボートを繋ぐデッキの箱の上に座り、遠くの空を眺めながら、海に沈めた蟹取りの籠に大きな蟹が入るのをじっと待つ翁になったのかと思えば、早春の陽光が差すのは微かな喜びでもある。

 遠い過去の日々に想いを巡らせ、一人静かに海を眺めれば、空ははげしいあかね色へ、海上にかすかに白い霧のような雲が流れゆき、力強い太陽の赤いオレンジの光が変化してゆくさまは、新しい時代の夜明けのように見える。

 熱い思いを蟹取りの籠のように深く深く沈めゆけば、海の底から引き上げられた大きな蟹の甲羅の怪しげな模様は、占い師のように何やら吉の模様に嬉しくも妙な気持ちとなり、希望を持ち明日を生きることの大切さを思うのである。

 明日への希望のために仕事をしてきた中村医師が襲撃されたアフガニスタンは、大乗仏教が西洋文化であるギリシャ文明の影響を受けてギリシャ風の仏像ができた処でもある。そのアフガニスタンで献身的に努力されてきた中村哲医師が何者かに襲撃されて、残念なことに死亡されたことに、心よりご冥福をお祈り申しあげます。

 私的なことではあるが、小生自身は古希になる。まだまだ仕事を続けている。人生をヒマラヤにたとえれば、七千メートルぐらいまで登攀した気分である。あとの三千メートルの登攀は自己との体力の挑戦であり、体力との闘いである。

 アフガニスタンからシルクロードをへてはるばる日本に伝わった大乗仏教、言い換えれば、西洋文化や中国の文化などいろんな文化を載せた大乗仏教の牛車をゆっくりと前へ進めることは、先生の熱い平和の思いを伝えることであろう。

 

 

 


<寄稿・投稿のお願い>
 本紙では、読者の皆様からのご投稿をお待ちしております。投稿欄は個人の意見を自由に述べていただくということを原則としていますが、文中、特定される個人、人種などを挙げて誹謗中傷している場合は編集部で削除させていただきます。投稿内容についてバンクーバー新報では事実確認はしておりません。また投稿内容は、バンクーバー新報の意見を反映するものではありません。オープンスペースとしてお気軽に使っていただきたいと思います。紙面の都合上、掲載日は確約できません。また、文字数は2000字以内とさせていただきます。編集部から不明な点などを確認できるよう、必ず連絡先を、また匿名を希望される場合は、その旨明記してください。

編集部

郵送先:Vancouver Shinpo: 3735 Renfrew St. Vancouver, BC V5M 3L7
Fax: 604-431-6892
E-mail: This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。