2017年6月1日 第22号

 6月に入りました。オタワはまだ肌寒い日が続くもの、気分だけはすっかり夏です。さて7月から始まる夏休みを目前に、就学児のいらっしゃるご家庭では、夏休みの予定をそろそろ立てているところでしょうか。のんびりしている我が家でも、今年の夏は何をしようかとインターネットで近郊のサマープログラムやデイトリップなどのアイデアを収集していたところ、横から夫が「ラクロスに挑戦するのもいいかもね」というではないですか。

 ラクロス?!あのスティックの先に網が付いたラクロス?!私がまだ高校生の時、内田有紀主演のテレビドラマ「じゃじゃ馬ならし」でその存在を知り憧れたラクロス?!実は進路選択の際も、ラクロス有無で志望校を選んだほどのラクロス。(結局やらずじまいだったのですが…)

 この夫の一言で、20年経った今になって、ようやく思い出したラクロスですが、なんと「ラクロスはカナダの夏の国技」というではないですか。アイスホッケーだけがカナダの国技だと思っていたら、どうやら夏の国技として、ラクロスが法律で認定されているとのことでした。しかもラクロスは、もともと北米先住民(南東部)が500年以上も前から親しんでいたスポーツだそうです。ゲームの意味には諸説がありますが、儀式的な意味合いがあったり、部族間の紛争解決に用いられていたようです。当時は千人ものプレーヤーで構成されゴール間の距離も数キロ離れており、一つのゲームに数日間かかることがあったとか。

 1867年にカナダ・ラクロス協会が設立され、1994年に法律によりカナダの夏の国技として認定されています。ラクロスには長い歴史があったのですね。

(小倉マコ)

 


 ■ 小倉マコ プロフィール

カナダ在住ライター。バンクーバー新報での「まるごとカナダ」「小倉マコのオタワ便り」コラムを始め、新聞記者、コミックエッセイ「姑は外国人」(角川書店)で原作も担当。フェイスブックも始めました!読者の皆さんと繋がれたら嬉しいです。https://www.facebook.com/ogura.mako1

 

 

今週の主な紙面
8月17日号 第33号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-5
われらが科学文明…V-3
気持ち英(え~)会話…V-4
Hello! Community…V-13
バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ 9月10日に15周年記念コンサート…V-16
認知症と二人三脚…V-20
ヨガと健康…V-22
気になるカラダにいい話…V-23
帝国ホテルで学んだ無限リピート接客術…V-25
CLASSIFIED…V-20~26
求人情報…V-23

詳しくは8月17日号 第33号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ