2019年3月14日 第11号

 ブリティッシュ・コロンビア州で機密書類の廃棄処分サービスを行っている会社が、実際には回収した書類をすぐに裁断せず、セキュリティのない保管場所に放置していたことが内部告発から明るみに出た。

 この会社は、同州ローワーメインランドのホワイトロック市のシュレッドワイズ社。同社はシュレッダー機械を積んだトラックでオフィスなどを巡回、個人情報などが含まれた機密書類を回収し裁断するサービスを行っている。同社のサービスを利用しているのは一般の民間企業のほか法律事務所、薬局や診療機関、銀行のほか政府機関など多岐にわたっている。

 巡回中に回収した書類は、その場でトラックのシュレッダーで裁断されることになっており、顧客もそうなるものと信じ、回収を同社に任せている。しかし、会社からの報復を恐れ匿名を条件にメディアの取材に応じた社員によると、巡回中に機械が故障した場合は書類を会社まで持ち帰り、一般のリサイクル用プラスチック製ゴミ箱(96ガロンサイズ)と同じようなゴミ箱に保管、週末にまとめて裁断することにしているという。書類が月曜日に回収された場合、ほぼ1週間放置されることになる。

 このゴミ箱が置かれているのは、一般道である同市オールド・イェール・ロードから30メートルほどはいったところにある、同社のトラック置き場。入り口のゲートはほとんど施錠されることはなく、誰でもその片隅に雨ざらしで保管されているゴミ箱にアクセスすることが可能。ゴミ箱は鍵などかかけられる構造にはなっていない上、中にはふたが壊れているものもあった。メディアが先週調査したところ、44個あったゴミ箱のうち17個から、機密書類が見つかった。

 男性が今までに発見した書類としてはパスポートやSINカードをコピーしたもののほか、生体組織検査や血液検査の結果、現金化されていない小切手、クレジットカードの利用明細や保険の明細書など。生体組織検査結果の中には、乳がんが発見されたことを示していたものもあったという。さらにエイズ検査の結果報告も見たことがあると、この男性は取材に語っている。

 男性による内部告発を受け、アメリカに本部を置く業界団体、情報破壊協会(National Association for Information Destruction ー NAID)が、シュレッドワイズ社の調査に乗り出した。なお同協会には法的拘束力はない。シュレッドワイズ社はNAIDには認証されていないが、同社のCEOティノ・フラッキンガーさんはNAIDの理事会メンバーを勤めている。

 一方NAIDのCEOロバート・ジョンソンさんは、内部告発の数々の証拠から、事態を非常に憂慮していると語っている。

 なおフラッキンガーさんは、メディアからの取材申し込みを拒否、そのかわりに電子メールでコメントを送っている。それによると、この件は同社の業務手順から逸脱しており、ひとりの従業員が勝手に行った単独の事故だと主張している。その上で事態を深刻に受け止め、再発防止に全力で取り組むと述べている。

 これに対し内部告発を行った男性は、これは会社内で日常的に要求されていることだと反論。巡回中に機械が故障した場合、ドライバーはそれ以上の巡回・回収を中止して会社に戻ることもできるはずなのに、オーナーは顧客からの回収を完了することを要求、その場では裁断できなくてもあとで裁断すればいいから、とにかく巡回・回収を続けトラックで持ち帰るよう言い渡しているという。「あとで裁断しても問題ないと言うが、個人情報を盗むのには1分もかからない」と男性は嘆いていた。

 

 

今週の主な紙面
9月19日号 第38号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康・43…V-21
求人情報…V-4

詳しくは9月19日号 第38号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ