2019年3月14日 第11号

 アルバータ州中部、カルガリー市とエドモントン市のちょうど中間あたりにあるシルバン湖と、その東側にある人口10万人ほどの街レッドディアで4日早朝、マグニチュード4・6の地震が発生した。

 この地震の原因は、地中に高圧水を注入して地層に亀裂を生じさせ、原油を採掘するフラッキング(水圧破砕法)とみられている。同州の採掘事業を監督する政府機関アルバータ州エネルギー監督局は、作業を行っていたベスタ・エネルギー社に対し、付近の住民の安全と環境保全のため、採掘作業を中止するよう命令した。

 この地震による人的被害はなかったものの、シルバン湖畔のコミュニティの大部分が地震直後から停電に見舞われた。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。