2019年3月14日 第11号

 連邦政府マルク・ガルノー運輸相は13日、同日からカナダ航空領域圏でのボーイング737MAX8型系旅客機の飛行を全面停止すると発表した。カナダの各航空会社は対応に追われることになる。

 アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ郊外で10日に起きたエチオピア航空墜落事故を受け、墜落した旅客機アメリカのボーイング737MAX8型の運航を停止する動きが広がっている。

 早々と同型機の運航を停止した同型機保有数が最も多い中国をはじめ、イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ諸国が運航停止を発表。12日午後(ロンドン時間)にはヨーロッパ32カ国が加盟する欧州航空安全局(EASA)がヨーロッパでの運航停止を指示した。マレーシア、オーストラリア、シンガポール、5カ月前に同型機の事故があったインドネシアも運航停止を表明している。その他、各運航会社でも独自に停止措置を発表している。

 しかしカナダでは事故発生直後、ガルノー運輸相が情報不足として情報収集をして検討するが運航停止は現時点ではないと記者団に語っていた。それが12日には専門家との話し合いに臨むに当たり、「全ての可能性を考慮する」と運航停止も視野にあることを暗に示した。

 10日のエチオピア航空墜落事故では、乗客・乗員157人が死亡。カナダ人が18人含まれていた。同型機は昨年10月にもライオンエアがインドネシアで墜落、189人が死亡している。

 カナダの航空会社ではサンウィング航空が12日に保有する4機のボーイング737MAX8型機の運航を一時停止すると発表した。サンウィングは安全性の問題ではなく、運航停止を発表している地域での飛行制限などが理由と説明した。 エアカナダ、ウエストジェットは、12日の時点で同型機の運航を停止する予定はないと発表していたが、今回の運輸省の決定で全ての同型機の使用を停止することになる。すでにヨーロッパをはじめとする各国が停止を決定したことで、それらの都市へ運航する便の欠航を余儀なくされている。

 カナダの航空会社は、エアカナダが24機、ウエストジェットが13機、サンウィングが4機、ボーイング737MAX8型を保有している。

 報道では日本の航空会社では同型機は使用されていないと伝えている。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。