2019年3月7日 第10号

 キャノーラ(菜種)輸出カナダ最大手の一つリチャードソン・インターナショナル社のキャノーラの輸入を認めないと中国が決定したことが3月1日分かった。同社代表がテレビインタビューに答え、明らかにした。中国の税関が同社の登録を無効にしたという。

 カナダにとって中国は最大のキャノーラ輸出先。リチャードソンへの輸入禁止はカナダのキャノーラ輸出にとって大きな打撃になるとみられている。

 クリスティア・フリーランド外相はモントリオールで記者の質問に「非常に懸念している」と答え、「今回の措置に科学的な根拠はないとみている」と語った。中国は、過去にカナダのキャノーラを害虫などの懸念から一部輸入制限したことがある。

 リチャードソン社代表は、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダ当局に拘束された問題で政治的な意図があるのではと推測していると語っている。

 同日にカナダ法務省は、孟氏のアメリカへの引き渡し手続き開始を決定したと発表した。

 

 

読者の皆様へ

これまでバンクーバー新報をご愛読いただき、誠にありがとうございました。新聞発行は今号をもちまして終了いたします。

しかし、日系コミュニティーに支援されて41 年余り続いてきた新報を存続させたいとの思いから、オンラインによるウェブサイトでの情報発信を継続することになりました。

SNS を含むオンラインは、弊紙で記者をしておりました三島直美と西川桂子が、責任者として引き継ぎ新体制で再出発する予定です。

今後も引き続き、ウェブサイトの閲覧をよろしくお願いいたします。