2019年3月7日 第10号

 ジョディー・ウィルソンレイボールド前法務相兼司法長官は2月27日、カナダ大手建設会社SNCラバランの贈賄事件を不起訴処分とするようジャスティン・トルドー首相やその側近から圧力を受けたと証言した。

 約4時間に及んだ下院司法委員会でウィルソンレイボールド前法相は、トルドー首相やビル・モルノー財務相ら11人が2018年9月から12月にわたってSNCの贈賄事件を不起訴にするよう圧力をかけてきたと証言。その中でトルドー首相が政治的な影響について発言したことも明かし、政治介入にあたると警告したと語った。

 ウィルソンレイボールド前法相は、彼らによる働きかけは一貫した継続的なものだったと証言。中には、トルドー首相の前第一個人秘書官ジェラルド・バッツ氏の名前も含まれていた。バッツ氏は3月6日に同委員会で証言することが決定している。

 SNCラバランは、ケベック州モントリオールに本社を置くカナダ最大手の建設会社の一つ。2001年から11年にかけてリビア政権に対して政府事業受注のために4億5千万ドルの賄賂を贈ったとして2015年にカナダで訴追されている。

 事件は刑事裁判にかけられることが決定している。ウィルソンレイボールド前法相は、すでに刑事裁判にかけられることが決定している案件を、政治判断で司法取引として決着をつけるよう司法長官に圧力を掛けることは「不適切だ」と何度も発言した。ただ、それは違法行為とまでは言えないとの見解を示した。

 今年の1月にトルドー首相から内閣改造で法相から復員軍人大臣兼国防副大臣へ異動させると聞いた時には、SNCラバラン案件で首相らの要求を受け入れなかったことが理由だろうと思ったと語った。同氏は復員軍人相も2月に辞任している。

 トルドー首相はウィルソンレイボールド前法相の発言について、「一連の出来事に関する我々の見解は、ウィルソンレイボールド前法相の見解とは完全に異なる」と語り、SNCラバランへの刑事裁判への判断はウィルソンレイボールド前法相が単独で決定したことだと強調した。

 野党保守党アンドリュー・シェア党首は、SNCラバランを司法取引で不起訴にするためにトルドー首相らが前法相に圧力を掛けたことは明らかで、違法行為にあたる可能性があると主張。「首相はすぐに辞任するべきだ」と記者会見で語った。

 同新民主党(NDP)ジャグミード・シング党首は宣誓下の公聴会を開いて、事実関係をはっきりさせるべきと主張。内容によっては辞任要求もあり得ると語った。

 トルドー首相は、我々は国民のために常に最善で合法的に行動していると、自分たちの正当性を主張した。

 

 

今週の主な紙面
7月18日号 第29号

バンクーバー新報は毎週木曜日発行です。

あなたにぴったりの学校がきっと見つかる! School Information…V-3
MOVIES TIME OUT…V-11
日系博物館「カラサワ・ミュージアム」オープン…V-14
TIME OUT(イベント情報)…V-16~17
CLASSIFIED…V-19~22
ヨガと健康…V-21
求人情報…V-4~5

詳しくは7月18日号 第298号
バンクーバー新報をご覧下さい。

配布リストはコチラ